清心女子高等学校SSH

世界淡水魚園水族館 アクア・トト ぎふ を訪問

2016年10月30日

学習院大学から岡山へ戻る途中に、世界淡水魚園水族館であるアクア・トト ぎふを訪問しました。
展示水槽を見学することに加え、水族館のバックヤードの見学も行いました。水族館職員の仕事についても知ることが出来ました。
CIMG0383.JPG
CIMG0386.JPG
CIMG0399.JPG
CIMG0411.JPG
CIMG0439.JPG
CIMG0445.JPG

続きを読む

投稿者 tanaka-fu : 18:29

交流会後、学習院大学の研究室を見学

交流会後、学習院大学の研究室を見学

2016年10月29日

女子学生による科学研究発表交流会の終了後、学習院大学の研究施設を見学しました。 充実した研究施設を見学できたことに加え、研究者の日常を垣間見ることが出来ました。 …続きを見る

集まれ!理系女子 第8回女子生徒による科学研究発表交流会 研究者による講演

集まれ!理系女子 第8回女子生徒による科学研究発表交流会 研究者による講演

交流会では、3名の研究者による講演も行われました。 ①田崎和江氏(金沢大学名誉教授・NPO 河北潟湖沼研究所理事) 「産んで、育てて、研究して、日本から世界へ吠え続ける人生」 ②篠崎尚史氏(国立長寿医療研究センター理事長特任補佐 慶応義塾大学医学部特任准教授) 「羽ばたけ理系女子 -世界を駆ける理系の仕事-」 ③齊藤結花氏(学習院大学理学部化学科教授) 「科学者の虫めがね」 …続きを見る

集まれ!理系女子 第8回女子生徒による科学研究発表交流会 ポスター発表

集まれ!理系女子 第8回女子生徒による科学研究発表交流会 ポスター発表

10月29日、学習院大学で「集まれ!理系女子 第8回女子生徒による科学研究発表交流会」を開催いたしました。 全国の高校から女子学生が集まり、自分たちの課題研究内容についてプレゼンテーションを行いました。 関東地区での開催は昨年に引き続き、2回目になります。女性研究者による研究発表もあり、発表件数は全部で110件にものぼりました。 ポスター発表会場では活発な議論が交わされていました。 …続きを見る

学校設定科目「生命」第16回 講師:佐々木緑(重井医学研究所附属病院)

学校設定科目「生命」第16回 講師:佐々木緑(重井医学研究所附属病院)

2016年10月25日

11月25日は、薬剤師の佐々木先生をお招きして、薬剤師の仕事について講義をして頂きました。 薬の種類や処方の仕方、副作用が生じる原因など、薬についての知識についても教えて頂きました。 また、サリドマイド事件など、社会で大きな問題となったことにも触れ、安全に薬を使用することの重要性も良く分かりました。 …続きを見る

課題研究で合宿

課題研究で合宿

2016年10月23日

2学期の中間テストも終わり、10月29日に行われる本校主催の「集まれ!理系女子 女子生徒による科学研究発表交流会」や11月3日の「SSH研究成果発表会」が近づいてきました。テストが終わって一息つくのも束の間で、生徒たちはそれらの発表会に向けて準備を進めています。 特に課題研究では、発表に向けて足りないデータを得るよう実験を重ねたり、データのまとめを行っている様子が日常的に見られています。 放課後の…続きを見る

秋の実り

秋の実り

2016年10月21日

朝夕に冷え込む日が見られるようになり、季節はすっかりと秋らしくなりました。 ビオトープの富栄養化を防ぐために植えられた稲の穂が垂れるようになって数日が過ぎたので、今日は稲刈りを行いました。 手作業で刈った後、株ごとにしばり、竹で作成した土台に干しました。数日後、脱穀作業を行う予定です。 最近は、機械で稲刈りと同時に脱穀を行うので、十分に干されないで市場に出回る米もあると聞きます。 昔ながらの方法で…続きを見る

数学課題研究に関する2回目のSkypeMeetingの実施

数学課題研究に関する2回目のSkypeMeetingの実施

2016年10月18日

現在、課題研究「2次方程式の実数解の個数の割合」について海城中学・高等学校の数学部の皆さんと共同研究をしていますが、その第2回目のSkypeMeetingが行われました。 今回はお互いに研究をどのような方法で進めているかを紹介しました。 積分の概念を数学部の生徒さんからレクチャーを受けています。 こちらも積分の考えを利用して求めることを説明しました。 1時間半近くお互いに現在の状況を説明し合いまし…続きを見る

第4回宇宙エレベーターロボット競技会関西大会その2

NO IMAGE

10月16日の競技会について、動画だと動きがわかりやすいかと思いますので、本校のチームが競技中の動画をお届けします。 いかがでしょうか。 東京での大会だと、登る距離がもっと長いので、難易度が上がります。そして、経験による蓄積が多いチームがたくさんあるため、上位になるのはさらに困難です。関東への進出は大変そうです。…続きを見る

第4回宇宙エレベーターロボット競技会関西大会

第4回宇宙エレベーターロボット競技会関西大会

2016年10月16日

京都の同志社中学校にて、第4回宇宙エレベーターロボット競技会関西大会が開催され、本校生命科学コース2年生の1チーム3人が出場しました。最初に大会の説明を受けました。まずは競技開始前に、レゴ・マインドストームで組み立てたロボットが規定通りかどうかを確認する検査を受けました。今回の競技では、ピンポン玉を制限時間内にどれだけステーションに登っていって運ぶことができるかを競いました。競技中は、ピンポン玉や…続きを見る

1  2  3  4

このページの先頭へ