スーパーサイエンスハイスクール

集まれ!理系女子 第9回

SSH研究開発実施報告書/SSH関連 資料・報告書

最近の記事

過去の記事

2016年9月

学校設定科目「生命」第15回 講師:山下哲正(川崎医科大学)

2016.09.27

9月27日、「乳がん」というタイトルで川崎医科大学の山下先生に講義をして頂きました。
女性にとって、乳がんは縁遠い存在ではなく、日本人女性の11人に1人が乳がんにかかっていると言われているようです。
しかし、検診等をきちんと受けることで、初期の状態で発見することができるので、完治する確率も上がるそうです。乳がんのメカニズムや治療法の種類、乳がんと診断されたらどのように対応するべきかなど、丁寧に教えて頂きました。
CIMG8433.JPG
CIMG8452.JPG
CIMG8470.JPG
CIMG8482.JPG

投稿者:tanaka-fu

中3が岡山県自然保護センターにて活動

2016.09.22

本日、あいにくの雨模様となりましたが、そんな中、中学3年生の希望者29人が環境学習の一環として岡山県自然保護センターでの活動に参加しました。
午前中は樹木の葉について、その生存戦略を考えるために、葉の測定を実施しました。1609221.jpg1609222.jpg午後からは、最初に駆除対象のウシガエルを捕獲するワナを回って捕獲しました。1609223.jpg1609224.jpg捕獲したウシガエルは体の大きさはさまざまでしたが、班ごとに測定と解剖をして動物の身体のしくみを確認しました。1609225.jpg1609226.jpg今回は希望者の参加だったからか、雨の中でもレインコートを着て外で元気に活動していました。解剖では、両生類の解剖が初めてという生徒がほとんどのようで、最初はおそるおそるでしたが、熱心に活動をしている生徒が目立ちました。
この活動が、生徒が環境を考える上での材料となって、理解を深めてくれることと思います。

投稿者:sakabe

雨のあとのビオトープ

2016.09.21

台風が通過・・・とはいえ、あまり接近しませんでしたから倉敷ではあまり影響は大きくありませんでした。前回の三連台風の影響もなかったですし、岡山は気候に恵まれた土地ですね。それでも付随してもたらされた雨によって本日のビオトープの池の水量は十分な状態で、明らかに増量したのがわかります。1609211.jpgその池の縁で稲穂が育ちつつあるようです。穂が少しずつ頭を垂れてきています。さて、中身はいかほど詰まってきているでしょうか。1609212.jpg増水した池の周りでは、カエルの姿も見られました。写真の中央付近にいるはずなのですが、背景と同じような色になってうまく隠れているようです。
ビオトープのお陰で、自然の変化が何だか以前よりも身近に感じられるような気がします。一部の教室からも見えているはずですが、ここのようすや変化を見て周囲の自然について感じて考えてくれている生徒がいるものと期待します。

投稿者:sakabe

学校設定科目「生命」第14回 講師:佐藤伸(岡山大学)

2016.09.20

9月20日、「命の普遍性と再生」というタイトルで岡山大学の佐藤先生に講義をして頂きました。
科学的思考とはどういうものかについて触れた後、遺伝子の働き方についてかみ砕いて説明して頂きました。先生ご自身の研究内容についても、とても高度である内容だと思われましたが、分かりやすく紹介して下さいました。どの生物も遺伝子という生命の設計図を持っており、それにしたがって体がつくられていること、同じ働きをする遺伝子に変化が起こると、生物種は違っても同様な変異が起こることが良く分かりました。イモリの再生研究についても紹介して下さり、その延長線上に人の再生研究があることも教えて頂きました。
CIMG8349.JPG
CIMG8368.JPG
CIMG8404.JPG
CIMG8419.JPG

投稿者:tanaka-fu