スーパーサイエンスハイスクール

集まれ!理系女子 第9回

SSH研究開発実施報告書/SSH関連 資料・報告書

最近の記事

過去の記事

2015年8月

ACCU国際教育交流事業⑦

2015.08.28

8月28日の午後は同じく順天市にある順天八馬(スンチョンパルマ)高等学校を訪問しました。
ここは急激に増加している順天市の高校生を受け入れるため、2006年に開学した男女共学の公立高校です。全校生徒は750人、1学年8クラスの中規模校ですが、高1、高2では男女を別クラスにし、高3ではじめて男女を同じクラスにしています。
文系理系は多くの日本の学校と同様、高2で別れます。日本では女子の理系選択が少ないことが問題になっていますが、韓国ではどうか聞いてみたところ、確かに理系科目を苦手とする女子生徒はいるが、特別理系クラスの女子が少ないということはなく、この学校では文系:理系の割合がほぼ1:1だそうです。その背景としては、就職先が大きく関係しており、韓国では理系の方が就職が有利という風潮が根強いそうです。
八馬高等学校の生徒たちは世界各国の様々な文化について関心が高く、「パルマ烽火山散策路グリーンサポーターズ」、「パルマ世界文化発表大会」、「パルマ世界主要紛争地域研究発表会」、「ユネスコ関連クラブ」の運営を行っています。また、進学情報センターを設立し、様々な進路プログラムを用意し、66の進路に関連したサークル活動を行っています。訪問中は、特にユネスコやESD活動を積極的に行うサークルの生徒達と交流を深めることが出来ました。韓国の学生たちは、こうしたサークル活動を大学入試の際にアピールする場合も多く、ユネスコサークルの生徒たちは、国際的なことが学べる大学への進学を希望する生徒も多いようです。
また、大学入試に向けての勉強も日々頑張っており、夕方学校が終わった後、一度帰宅し、再び自習のため学校に戻ってくる生徒が数多くいます。学校は夜11時まで開いていますが、最後まで残って勉強する生徒も少なくないとのことでした。韓国では公教育をより高めようと力を入れており、塾に行かず、学校で勉強する生徒が大半とのことでした。

CIMG1358.JPG

校舎


CIMG1380.JPG

学生の1日のスケジュール


CIMG1401.JPG

1年生の授業(男子クラス)


CIMG1405.JPG

1年生の授業(女子クラス)


CIMG1410.JPG

ユネスコサークルの活動紹介の部屋


CIMG1417.JPG

手づくり石鹸や化粧品

その日の夜、全羅南道教育庁の方や順天旺之小学校、順天八馬高等学校の方々との親睦会が行われました。大変な歓迎をして下さいました。感謝です。
CIMG1456.JPG
CIMG1457.JPG

また、夜間のニュースで日本からの視察に関する内容が紹介されていました。
IMG_1698.JPG

投稿者:tanaka-fu

ACCU国際教育交流事業⑥

2015.08.28

8月28日の午前中は順天市にある順天旺之(スンチョンワンジ)小学校を訪問しました。
ここは全校生徒約950名の中規模校で、ESDの研究学校としてプログラムを開発しています。具体的には、ESDの力量を高めるためのエコファームの実施、家で使わなくなったものを物々交換したり売ったりするエコフリーマーケット(収益は募金)の開催などを行っています。他にも、民主市市民実践キャンペーン、中国との交流、環境の日のキャンペーン、中国、ウズベキスタンなど外国人との文化教室などを行っています。
 授業については、授業形態や内容に日本との大きな差異はありませんでした。しかし、ICT環境が整っているため、教師によってはICTを活用した授業を展開していました。さらに、特筆すべきは教師の授業分析を自動で行う設備が4つの教室に備えられていることで、授業の様子が録画され、全羅南道教育庁のサーバーに保存されています。保存されたデータは自動で分析され、教師や児童の発話の割合、授業スタイルなどが明らかになるとのことでした。
 ここでは文化交流の一環として、今回の交流事業に参加した日本人教員による日本の伝統文化についての授業も行われました。

CIMG1250.JPG

校舎


CIMG1292.JPG

授業の様子


CIMG1303.JPG

授業の様子


CIMG1331.JPG

日本の伝統文化についての授業


CIMG1289.JPG

韓国の教科書(教本と付録冊子の2冊)


CIMG1351.JPG

給食(冷麺・ピザ・キムチ等)


投稿者:tanaka-fu

ACCU国際教育交流事業⑤

2015.08.27

8月27日は、ソウルから全羅南道(チョンラナムド)へと移動し、全羅南道教育庁並びに全羅南道教育研究情報院を訪問し、全羅南道における教育政策についての説明や、情報管理設備の見学を行いました。
全羅南道は、25校のユネスコスクールがあります。また、農業や水産業が盛んであり、多くの島があります。そのため、農山漁村教育や、島に一定期間(10年)勤務できる教員を別途採用するなどの教育政策に力を入れています。また、「虹色学校」と称する教育政策の中では、毎年200名の中学生が船上活動し、長崎・中国を訪問するといった教育プログラムを実施しています。他にも、優秀な教員の表彰制度をつくることで教員の授業力向上を促したり、教員の行政業務の軽減のため、各校へのスタッフの派遣なども行っています。
教育研究情報院では、非常に大容量のサーバーを備えており、この地域の全ての学校の情報管理(学校の状況や、生徒の成績情報等)を行ったり、生徒・教員の情報教育の支援を行っています。

CIMG1196.JPG

全羅南道教育庁


CIMG1199.JPG

優秀と認められ、表彰された教員


DSC04849.JPG

教育庁職員との懇談会


DSC04885.JPG

記念撮影


CIMG1213.JPG

全羅南道教育研究情報院


CIMG1224.JPG

教育研究情報院の活動説明


CIMG1235.JPG

教育支援のためのコンピュータルーム


DSC04895.JPG

記念撮影

投稿者:tanaka-fu

ACCU国際教育交流事業④

2015.08.26

8月26日の午後はソウルにあるユネスコ世界文化遺産「昌徳宮(チャンドックン)」を見学しました。

CIMG1116.JPG
CIMG1119.JPG
CIMG1133.JPG
CIMG1140.JPG
CIMG1158.JPG

【ユネスコ世界文化遺産・昌徳宮】
1405年に景福宮(キョンボックン)の離宮として建立。壬辰倭乱(イムジンウェラン。文禄・慶長の役)で全て焼失した後、1615年に再建されました。約270年間正宮となっており、朝鮮王朝で王が最も長く住んだ宮殿で、王朝の生活様式・趣・思想などが伺えます。政務のための効率的構造に優れている景福宮に対し、昌徳宮は自然がひきたつ豊かな生活空間。中でも自然にあふれる庭、秘苑(ピウォン。正式には後苑ともいう)は韓国伝統庭園の真髄とも言われます。そうした景観の卓越や希少資料の存在などから、昌徳宮は1997年にユネスコの世界文化遺産に登録されました。

投稿者:tanaka-fu