清心女子高等学校SSH

平成27年度SSH第1回運営指導委員会

2015年7月27日

本日午後,平成27年度SSH第1回運営指導委員会が開催されました。
今回は,8月に大阪で開催されるSSH生徒研究発表会にて発表する予定の生命科学コース3年生の生徒2人が,現時点での内容を運営指導委員の先生方と生命科学コース2年生の前でプレゼンテーションしました。
sP1000030.jpg

続きを読む

投稿者 sakabe : 18:56

iPS細胞見学会

iPS細胞見学会

2015年7月24日

課題研究で連携している就実大学薬学部へiPS細胞の見学に行きました。中学生も参加して,1時間の講義の後,ラットとヒトのiPS細胞を観察しました。実際に見ることによって,自分たちの手の届くところに世界の最先端があることを実感しました。また,講義では次々と研究が新しいステージに進んでいることを学習しました。 …続きを見る

カメに関する特別講義

カメに関する特別講義

2015年7月16日

本日1〜2時間目に,愛知学泉大学現代マネジメント学部の矢部隆先生が『「カメさがし」のコツとポイント』と題して,生命科学コース1・2年生を対象に特別講義をしてくださいました。 …続きを見る

2015 物質科学課題研究

2015 物質科学課題研究

2015年7月 8日

本校には生命科学コースと文理コースがありますが、その両方において、課題研究を履修できるカリキュラムになっています。 文理コースの「物質科学課題研究」では、食品の抗酸化活性と健康をテーマとして、今までに、マスカットやブドウ、キュウリがもつ抗酸化物質について研究してきました。また、就実大学と連携して、抗酸化物質のがん細胞抑制効果についても研究を行っています。 今年度の研究はまだ始まったばかりですが、1…続きを見る

実験用ウニの採集

実験用ウニの採集

2015年7月 7日

日本は世界で一番ウニを消費している国であり、国内で食用に水揚げされるウニはバフンウニ、ムラサキウニ、エゾバフンウニ、キタムラサキウニなどが中心です。教育現場では、主に生物の授業で、発生の実験をするために用いられます。購入する方もいらっしゃいますが、岡山県の海岸には採集ポイントが豊富にあるので、産卵期になると、毎年採りに行っています。 7月頃に産卵期を迎えるウニは、サンショウウニやムラサキウニが知ら…続きを見る

中国地区SSH校担当者交流会2日目

中国地区SSH校担当者交流会2日目

2015年7月 5日

中国地区SSH校担当者交流会の2日目の様子です。 昨日と同じく、中国地区SSH校6校の実践報告が行われました。本校も、「集まれ!理系女子 女子生徒による科学研究発表交流会」の実践報告をさせて頂きました。 各校の取組の紹介後、分科会を経て、広島大学大学院生物圏科学研究科の西堀先生による講演が行われました。 課題研究を進める前段階において、観察力を高める試みの提案や、広島大学におけるアクティブラーニン…続きを見る

中国地区SSH校担当者交流会1日目

中国地区SSH校担当者交流会1日目

2015年7月 3日

中国地区SSH校担当者交流会が始まりました。 1日目の今日は、中国地区のSSH校10校の実践報告と、文部科学省 科学技術・学術政策局 人材政策課 課長補佐の助川隆氏による講演が行われました。残りの6校は2日目の明日に実践報告をすることになっています。 各校の特色ある取り組みを聞くことができ、大変勉強になりました。 また、情報交換としても、意義のある場となっています。 安田女子中学校・高等学校の発表…続きを見る

平成27年度中国地区SSH校担当者交流会に向けて

平成27年度中国地区SSH校担当者交流会に向けて

2015年7月 2日

7月3~4日に島根県立出雲高等学校において平成27年度中国地区SSH校担当者交流会が開かれます。 本校は、「女子中高生の理系進路選択支援の取組と評価」と題して、今年で7回目を迎える、「集まれ!理系女子 女子生徒による科学研究発表交流会」について実践報告をさせて頂くことになっています。 発表のための資料を準備していく中で、過去6回の実績について、参加高校数、研究発表件数、参加者数をまとめたので、お知…続きを見る

1

このページの先頭へ