スーパーサイエンスハイスクール

集まれ!理系女子 第9回

SSH研究開発実施報告書/SSH関連 資料・報告書

最近の記事

過去の記事

2015年7月

平成27年度SSH第1回運営指導委員会

2015.07.27

本日午後,平成27年度SSH第1回運営指導委員会が開催されました。
今回は,8月に大阪で開催されるSSH生徒研究発表会にて発表する予定の生命科学コース3年生の生徒2人が,現時点での内容を運営指導委員の先生方と生命科学コース2年生の前でプレゼンテーションしました。
sP1000030.jpg

投稿者:sakabe

iPS細胞見学会

2015.07.24

課題研究で連携している就実大学薬学部へiPS細胞の見学に行きました。中学生も参加して,1時間の講義の後,ラットとヒトのiPS細胞を観察しました。実際に見ることによって,自分たちの手の届くところに世界の最先端があることを実感しました。また,講義では次々と研究が新しいステージに進んでいることを学習しました。

iPS02.JPG

iPS03.JPG

iPS04.JPG

投稿者:tanaka-fu

カメに関する特別講義

2015.07.16

本日1〜2時間目に,愛知学泉大学現代マネジメント学部の矢部隆先生が『「カメさがし」のコツとポイント』と題して,生命科学コース1・2年生を対象に特別講義をしてくださいました。
sRIMG0001.jpg

投稿者:sakabe

2015 物質科学課題研究

2015.07.08

本校には生命科学コースと文理コースがありますが、その両方において、課題研究を履修できるカリキュラムになっています。
文理コースの「物質科学課題研究」では、食品の抗酸化活性と健康をテーマとして、今までに、マスカットやブドウ、キュウリがもつ抗酸化物質について研究してきました。また、就実大学と連携して、抗酸化物質のがん細胞抑制効果についても研究を行っています。
今年度の研究はまだ始まったばかりですが、1学期は緑茶カテキンの持つ抗酸化作用について、実験しています。

緑茶のカテキン測定1.jpg
緑茶のカテキン測定2.jpg
緑茶のカテキン測定3.jpg

【物質科学課題研究の目的】
食品や化粧品などの普段の生活に関わる物に対して、「抗酸化物質」をキーワードとし、化学的な視点を向けることでより深い科学的課題を見つけ出す。大学と連携し、高度な実験方法で研究に取り組むことで、まだ誰も知らないことを見つけ出すという科学的好奇心を刺激し、論理的思考力を身につける。

投稿者:tanaka-fu