清心女子高等学校SSH

「わくわく科学塾」光を科学する

2014年1月17日

1月12日(日)、岡山県生涯学習センター 人と未来の科学館サイピアで「わくわく科学塾」を開催しました。今回のテーマは「光を科学する」です。
小学生は9名、保護者は6名、ボランティアスタッフは本校高校生2名を含めて合計7名が参加しました。他校の高校生、大学生のボランティア参加も大変ありがたいです。スタッフ参加を通して、科学の知識や実験の技術を身につけ、さらに広める人へと育つことで、科学の裾野が広がります。
前半は、「光の三原色」と「色の三原色」の違いについて。『光の足し算』『光の引き算』を実際にLEDライトを使って、実験しながら学習しました。
後半は、人間の目の見え方についての学習です。「ベンハムのコマ」を作って、ヒトの体の不完全さについて体験しました。赤色を感じる視細胞が疲れやすいことを利用して「残像」を見る実験では、驚きの声がありました。
ベンハムのコマの作り方は、高校生が先生の代わりに説明をしました。説明時間と作業時間のペースを考えて、工夫をして説明をしてくれました。

次回の『味覚を科学する』は、酸っぱいものを甘く感じる「ミラクルフルーツ」を体験する人気講座です。

今後の予定:
【会場:人と未来の科学館サイピア】
「わくわく科学塾」
対象:小学校3年生から6年生
『味覚を科学する』 2月 9日(日)

「大人のためのわくわく科学塾」
対象:中学生以上
『化粧品を科学する』 3月16日(日)

【会場:総社市スポーツセンター(吉備路アリーナ)】
「そうじゃサイエンスフェスティバル」
『ベンハムのコマを作ろう』 3月8日(土)

s-1.青と緑の光で水色に光ります.jpg
青と緑の光で水色に光ります

s-2.パソコンの画面も光の三原色で決まっています.jpg
パソコンの画面も光の三原色で決まっています

s-3.高校2年生による説明.jpg
高校2年生による説明

s-4.コマ作りは子どもも保護者もスタッフも熱中.jpg
コマ作りは子どもも保護者もスタッフも熱中


続きを読む

投稿者 yamauchi : 17:47

「わくわく科学塾」ろうそくを科学する

NO IMAGE

2014年1月10日

12月22日(日) 岡山県生涯学習センター 人と未来の科学館サイピアで「わくわく科学塾」を開催しました。今回のテーマは「ろうそくを科学する」。200年前にマイケル・ファラデーが行ったクリスマス講演を現代風に再現しました。 小学生は11名+後半のろうそく作りから5名が参加。 やはり、保護者の参加が今年の特徴で、7名の大人の参観がありました。 12月に科学ボランティアの全国大会がありましたが、そちらで…続きを見る

1

このページの先頭へ