グローバル教育ブログ

最近の記事

過去の記事

2016年8月

タイの学生との交流

2016.08.29

本校教員が公益財団法人民際センター主催「インターネット・フレンドシップ校交流事業2016タイ学校訪問」へ参加しました(訪問の様子はこちら)。
 学校視察に際して、高校3年生の生徒によって現地の人への挨拶と「タイの人に聞いてみたい質問」などのメッセージの準備がなされました。(作成の様子はこちら)そしてこれらのメッセージは初日に訪れたプリンセスチュラボーンカレッジパトゥンターニー校の女子学生達に手渡されました。タイの生徒達は日本人からのメッセージを嬉しく思い、喜んで返事を書いてくれました。

DSC07324.JPG

そして後期補習の始まった先日、生徒達がその返事を受け取り、タイに関する理解を深めました。連絡先を書いてくれた生徒もいて、ささやかな国際交流が始まりそうです。
日本とタイ、同じアジアの同じ世代の女子学生達による草の根的な交流から、異文化への理解がより深まると良いなと感じました。


生徒の感想
タイについてあまりよく知らなかったので、同世代の女の子たちと手紙の交換をしたり、先生からタイについてお話を聞くとことができたのが良かったです。

日本とタイの文化の違いがわかって面白かったです。日本では当たり前のことがタイでは珍しいことだったり、反対に日本では珍しいことがあったりして、興味深かったです。Facebookを書いていてくれたので交流してみたいと思います。

このような手紙などでタイの人と交流することができて面白いなと思いました。名前の事とか、ご飯など文化の違いがある所や、一方で似ているところもあって興味深かったです。

タイの人は日本に対して凄く良いイメージを持っていた人が多かったので、こちらもとても嬉しく思いました。私たちはあまりタイについて知らなかったのですが、タイの人が質問に答えてくれて、少しですがタイについて知ることができました。ドリアンの味は衝撃的でした。

手紙がもらえて嬉しいし、ラインのIDまで教えてくれていい人でよかったです。ラインをしてみます。文化の違いが思っていたよりもたくさんあったのでびっくりしました。体重計は面白いなと思いました。タイに行ったら乗りたい!

日本とは文化とか言葉とかいろいろ違うところがあるけれど、手紙で話ができてうれしかったです。ドリアンや写真などでタイの雰囲気を感じられました。世界のどの人とも話せるように英語をもっと勉強したいと思います。世界史ももっと勉強したいです。


投稿者:global

高校生国際協力体験プログラム参加

2016.08.18

本校高校1年生3名が、7月末に行われたJICA中国主催、「高校生国際協力体験プログラム」に参加しました。これは中国地方から約45名の高校生が参加し、2日間にわたってワークショップなどを通じて青年海外協力隊などの国際協力の最前線について知り、考える企画です。この企画に参加させていただいたことに感謝をしながら、更なる学びにつなげていって欲しいと思います。また、本校でも"Global Cafe"などの時間に、経験を共有する場を設けたいと思っています。
岡山県JICAデスクの記事はこちら

ファイル 2016-08-03 9 33 03.jpeg

ファイル 2016-08-03 10 10 14.jpeg

投稿者:global

インターネット・フレンドシップ校交流事業2016に参加

2016.08.07

 7月末に公益財団法人民際センター主催の「インターネット・フレンドシップ校交流事業2016タイ学校訪問」に参加してきました。5日間にパトゥンターニー県(バンコクの北に位置する)、サコンナコーン県(タイ東北部に位置しラオスに接している)の全部で5校を訪問した。数回に分けて今回の訪問を簡単に紹介したいと思います。
 最初にPrincess Chulabhon Science HighSchool Pathumtaniを訪問しました。Princess Chulabhon Science HighSchool Pathumtaniは約25年前に王国が設立したScience HighSchool 12校の中の1つで、次代のサイエンスリーダー育成のために作られた学校です(日本でいうSSH的なもの).タイを12の区画に分け、その中に1校ずつPrincess Chulabhon Science HighSchoolを設立し、生徒はその区画の中から選抜されて入学します。ここは全寮制で、我々も学生寮に宿泊しました。学校の説明を受けたあと、施設見学や授業を参観させてもらいました。なお、訪問した週はこの学校の中間テスト中で空いた時間に生徒たちはグループになって勉強をしていました。
DSC_0035.JPG
DSC_0057.JPG
DSC_0071.JPG

投稿者:hashioka

国際ユース作文コンテストに参加しました。

2016.08.05

国際ユース作文コンテストの応募作品からの抜粋です。

主 催:公益財団法人 五井平和財団

2016年テーマ:『より良い未来をつくるための教育』
私たちが暮らす社会には、身近な問題から地球全体の問題まで、様々な解決すべき課題があります。これらの課題に一人一人が取り組み、みんなが幸せに暮らせる持続可能な社会を築いていくには、どのような教育や学びが役立つと思いますか。
あなたの考える理想の教育はどのようなものか具体的に書いてください。


〇私達は生きていく上で様々なことを選択しているが、貧困に悩まされているような人々にとって、自分で選ぶということは自由だから出来ることで、大切なことだとは全く考えてもいなかった。むしろ色々なことを自分で決めるのは面倒だし、自分で選んだことには責任を持たなければならないと思って、他人任せにすることさえあった。しかし何でも選べる自由があるというのは当たり前ではないと気付かされた。 「海外研修を通して」

〇彼女がした「●●人だから」と言った発言に対して、私は、このようなことがあっては、ずっとお互いを理解しあえない仲になってしまうと考えました。私は「肌の色などで人柄を決めてしまうのはよくないから、『●●人だから』と自分から遠ざけることはしないで欲しい」と伝えました。これは自分が取り組んだ「差別をしない社会を作る」一歩だったと思っています。 「差別をなくすために今自分ができること」

〇「持続可能な社会にする為に私達はしなければいけないことがたくさんあるよ。でもその中で一番大事なのは教育かな。教育を受けることが出来ることに感謝するべきだと思うよ。」私達と同年代の高校生がこんなに深く社会について考えて頑張っていることに衝撃を受け、私の心は動かされました。「教育を受けるということ」

〇このような問題を聞いた時は、「何らかの支えになりたい」などといった思いを持つ人がほとんどだと思います。しかし、どこか自分とはあまり関係のない問題だと人ごとのように感じてしまいがちなようにも思います。特に私達のような先進国に住む人達は特にそう感じのではないでしょうか。「私たちができること」

〇どんどん外国からの観光客が増え、英語圏以外の人もたくさん来日する現在、本当に英語だけに特化していいのだろうかと疑問に思う。大学でしか学ばない第二外国語を高校生くらいから学ぶと、違う視点からもグローバルな社会が見えてくるのではないかと思う。「英語だけでいいの?」

投稿者:global