グローバル教育ブログ

最近の記事

過去の記事

2015年8月

インファンタ訪問②

2015.08.31

20日は今回のプログラムを担当するシスターが校長をしているマウントカルメル高校(MCHS)を訪問しました。ホームステイしている家庭の子供もこの学校に通っているので、いっしょにトライシクルに乗って登校しました。
午前中の授業は我々の訪問を歓迎するミサと交流会が行われました。マウントカルメル高校は今年で創立25周年になり、記念のTシャツと彫刻品を1人1人もらいました。交流会ではマウントカルメル高校による伝統的なダンス、オーストリアの2人も衣装を着てダンスを、そして日本からは学生2人が歌を披露しました。
R0022630.JPG
R0022632.JPG
R0022636.JPG
R0022640.JPG
R0022644.JPG
R0022656.JPG
R0022659.JPG
午後からは記念品でいただいた彫刻を製造・展示している場所に行きました。2004年の台風でこの地域全体が土砂や木材で埋まり、そのときの廃材を使ってこれらの彫刻品が作られており、記念品でいただいたものも同じだそうです。
これらを作成した人たちはもともとは漁師で、台風の影響で船や港がダメージを受け、仕事をすることができなくなりました。そこでフィリピンの伝統的な木彫り職人達のグループが来て、彼らに木彫りを教えました。マニラではこれらの商品は人気があり、高く売れるそうです。また、売り上げの内、10%がこの地域に、10%が木彫り職人のグループに寄付される仕組みになっているそうです。
R0022669.JPG
その後ジェネラルナカルの首長さんに会いに行きました。話し合いの中で、この町は農業が主な産業ではあるが、教育に重点を置いており、毎年大学進学希望者に無償の奨学金を与えているとのことでした。
後列の中央の方が首長さんで、前列のピンクの服を着ている方がマウントカルメル高校校長のSr.ハーシーです。Sr.ハーシーは昨年この交流プログラムの一環で来日し、本校にも訪問されました。
R0022674.JPG
R0022675.JPG

投稿者:hashioka

インファンタ訪問①

2015.08.29

ケソン州インファンタ訪問は、広島教区(中国地方5県)、プサン教区、インファンタ教区の3つの姉妹教区が主催する行事の一つです。18日から22日までこれら3つの教区のパートナーシップを深める交流プログラムに参加しました。ジェネラルナカルという町にホームステイし、ここを中心に近郊の教会を訪問し、交流を深めることがこのプログラムの目的です。

18日は日本からジェネラルナカルまでの移動日です。夜中に到着しましたが、ホストファミリーが寝ずに待っていてくれました。
プログラムは翌日から始まりました。19日はケソン州、首都マニラにあるケソン市の休日(国が定めた祝日ではない)らしく、朝早くから大きな集会所に町の人たちが集まり、祝福の行事が行われ、その様子をホストファミリーと見学しました。見学しながら、ホストファミリーがこの日について説明をしてくれました。
8月19日はこの州で生まれたマニュエル・ケソン元大統領の誕生日であり、彼はタガログ語をフィリピンの母国語に定めた人で、この州の名前は彼の名前をとってつけたそうです。また、フィリピン国内のすべての学校でタガログ語を敬愛する行事が行われるとのことです。
この大統領に関して調べてみると、よりこの地域の理解が深まるかもしれません。
R0022595.JPG
R0022600.JPG
R0022602.JPG
また、この日は来客をおもてなしする習慣があり、訪れた家にはたくさんの人が集まっていて、我々もおもてなしを受けました。
R0022612.JPG
R0022618.JPG
R0022619.JPG
午後からは近くの海岸に移動し、みんなで食事をとったり、泳いだりしました。
なお、偶然ですが、この日からオーストリア教区からこの地区を訪れている2人のオーストリア人も我々と行動をともにすることとなり、国際色がより強まったグループになりました。
R0022622.JPG
R0022623.JPG

投稿者:hashioka

オープンスクール公開授業「女性」

2015.08.27

先日開催された本校オープンスクールにおいて発展科目「女性」の公開講座を行いました。
「女性」は、女性学やジェンダーに関する勉強が出来る本校ならではの科目です。今回の公開講座ではまずアイスブレーキングでは、「女の子に生まれて良かったこと、悪かったこと」の情報共有を行いました。次に今、日本でも注目されている「ワークシェアリング」について、オランダの例を挙げながら学びました。

DSCN2632.JPG

投稿者:global

フィリピン訪問

2015.08.26

8月18日~25日までフィリピンのケソン州インファンタとカビテ州シランを訪れました。
三姉妹教区(広島・プサン・インファンタ)主催の交流プログラム参加と、本校が30年以上前から支援しているチャイルド・ファンド・ジャパン(CFJ)のセンターへの訪問が主な目的です。
数回に分けて今回の訪問を簡単に紹介したいと思います。

R0022821.JPG


インファンタ地区に参加したメンバーです。CICM(淳心会)の施設内にて

投稿者:hashioka