グローバル教育 Global Education

インファンタ訪問②

2015年8月31日

20日は今回のプログラムを担当するシスターが校長をしているマウントカルメル高校(MCHS)を訪問しました。ホームステイしている家庭の子供もこの学校に通っているので、いっしょにトライシクルに乗って登校しました。
午前中の授業は我々の訪問を歓迎するミサと交流会が行われました。マウントカルメル高校は今年で創立25周年になり、記念のTシャツと彫刻品を1人1人もらいました。交流会ではマウントカルメル高校による伝統的なダンス、オーストリアの2人も衣装を着てダンスを、そして日本からは学生2人が歌を披露しました。
R0022630.JPG
R0022632.JPG
R0022636.JPG
R0022640.JPG
R0022644.JPG
R0022656.JPG
R0022659.JPG
午後からは記念品でいただいた彫刻を製造・展示している場所に行きました。2004年の台風でこの地域全体が土砂や木材で埋まり、そのときの廃材を使ってこれらの彫刻品が作られており、記念品でいただいたものも同じだそうです。
これらを作成した人たちはもともとは漁師で、台風の影響で船や港がダメージを受け、仕事をすることができなくなりました。そこでフィリピンの伝統的な木彫り職人達のグループが来て、彼らに木彫りを教えました。マニラではこれらの商品は人気があり、高く売れるそうです。また、売り上げの内、10%がこの地域に、10%が木彫り職人のグループに寄付される仕組みになっているそうです。
R0022669.JPG
その後ジェネラルナカルの首長さんに会いに行きました。話し合いの中で、この町は農業が主な産業ではあるが、教育に重点を置いており、毎年大学進学希望者に無償の奨学金を与えているとのことでした。
後列の中央の方が首長さんで、前列のピンクの服を着ている方がマウントカルメル高校校長のSr.ハーシーです。Sr.ハーシーは昨年この交流プログラムの一環で来日し、本校にも訪問されました。
R0022674.JPG
R0022675.JPG

続きを読む

投稿者 hashioka : 13:04

インファンタ訪問①

2015年8月29日

ケソン州インファンタ訪問は、広島教区(中国地方5県)、プサン教区、インファンタ教区の3つの姉妹教区が主催する行事の一つです。18日から22日までこれら3つの教区のパートナーシップを深める交流プログラムに参加しました。ジェネラルナカルという町にホームステイし、ここを中心に近郊の教会を訪問し、交流を深めることがこのプログラムの目的です。

18日は日本からジェネラルナカルまでの移動日です。夜中に到着しましたが、ホストファミリーが寝ずに待っていてくれました。
プログラムは翌日から始まりました。19日はケソン州、首都マニラにあるケソン市の休日(国が定めた祝日ではない)らしく、朝早くから大きな集会所に町の人たちが集まり、祝福の行事が行われ、その様子をホストファミリーと見学しました。見学しながら、ホストファミリーがこの日について説明をしてくれました。
8月19日はこの州で生まれたマニュエル・ケソン元大統領の誕生日であり、彼はタガログ語をフィリピンの母国語に定めた人で、この州の名前は彼の名前をとってつけたそうです。また、フィリピン国内のすべての学校でタガログ語を敬愛する行事が行われるとのことです。
この大統領に関して調べてみると、よりこの地域の理解が深まるかもしれません。
R0022595.JPG
R0022600.JPG
R0022602.JPG
また、この日は来客をおもてなしする習慣があり、訪れた家にはたくさんの人が集まっていて、我々もおもてなしを受けました。
R0022612.JPG
R0022618.JPG
R0022619.JPG
午後からは近くの海岸に移動し、みんなで食事をとったり、泳いだりしました。
なお、偶然ですが、この日からオーストリア教区からこの地区を訪れている2人のオーストリア人も我々と行動をともにすることとなり、国際色がより強まったグループになりました。
R0022622.JPG
R0022623.JPG

続きを読む

投稿者 hashioka : 07:53

オープンスクール公開授業「女性」

2015年8月27日

先日開催された本校オープンスクールにおいて発展科目「女性」の公開講座を行いました。
「女性」は、女性学やジェンダーに関する勉強が出来る本校ならではの科目です。今回の公開講座ではまずアイスブレーキングでは、「女の子に生まれて良かったこと、悪かったこと」の情報共有を行いました。次に今、日本でも注目されている「ワークシェアリング」について、オランダの例を挙げながら学びました。

DSCN2632.JPG

続きを読む

投稿者 global : 11:31

フィリピン訪問

2015年8月26日

8月18日~25日までフィリピンのケソン州インファンタとカビテ州シランを訪れました。
三姉妹教区(広島・プサン・インファンタ)主催の交流プログラム参加と、本校が30年以上前から支援しているチャイルド・ファンド・ジャパン(CFJ)のセンターへの訪問が主な目的です。
数回に分けて今回の訪問を簡単に紹介したいと思います。

R0022821.JPG


インファンタ地区に参加したメンバーです。CICM(淳心会)の施設内にて

続きを読む

投稿者 hashioka : 10:16

JICA中国 国際緊急援助隊研修視察 

2015年8月21日

先日東広島市にあるJICA中国において国際緊急援助隊研修が行われ、本校教員が見学させていただきました。現場には空気で膨らむ緊急医療用テントがたち並び、仮設トイレや衝撃から医療器具を守るジェラルミンケースなども見ることが出来ました。この2泊3日の研修ではチームビルディングの手法を用い、医療者の対応によって臨機応変にシナリオを変化させながら、安全で適切な緊急医療の現場の模擬訓練を行います。医療者以外の患者役には海上保安庁、消防署や防衛大学校など多数のボランティアの方々が関わって成り立っているそうです。
本校ではこの夏ネパール復興支援へボランティアとして活動を行った方を招いて復興支援や「地震後」を考えるGlobal Caféを企画しており、地震などの自然災害とその後の復興について考える機会を持ちます。

ファイル 2015-08-05 15 13 23.jpeg

ファイル 2015-08-05 15 13 42.jpeg

続きを読む

投稿者 global : 14:01

韓国政府日本教職員招へいプログラムへ参加します

2015年8月20日

本校教員がACCU韓国政府日本教職員招へいプログラムに参加し、8月25日から8月31日まで大韓民国(ソウル特別市、全羅南道、京畿道、釜山)に派遣させていただきます。これはESD(持続可能な開発のための教育)やGCED(地球市民教育)を含む韓国の最新の教育について知り、日韓で意見交換を行うことを目的としたプログラムであり、本校教員は日本全国の応募者の中から韓国政府に招へいされる50名に選ばれました。

http://www.accu.or.jp/jp/about/data/koreagi.pdf

続きを読む

投稿者 global : 13:31

長期留学生からのドイツ語レッスン

2015年8月18日

先日、高校1年生の音楽選択者の授業において、現在長期留学生としてドイツから来ているヨハンナさんがドイツ語レッスンを披露してくれました。まず最初にアルファベットや数字のドイツ語読みの練習に始まり、ウムラウトや子音など、ドイツ語の特徴的な発音練習、日常会話レッスン...最後は音楽の先生が用意してくださった歌詞を参考に、全員でドイツ民謡などを歌って学んだ1時間となりました。

DSCF0818.JPG

DSCF0817.JPG

続きを読む

投稿者 global : 09:19

世界の女性、調べ学習

2015年8月 5日

4月よりパナソニック教育財団による実践研究助成を受け、ICT利活用を進めています。先日iPadを活用し、世界の女性に関する調べ学習を実施しました。調べた人物は、クレオパトラ・楊貴妃・ジャンヌ=ダルクに自由の女神・・・!などなど。生徒達はさすがスマホ世代なだけあり、すぐさまiPadを活用し、スクリーンショットで情報を収集していました。
これらの作品は9月13日、文化祭において展示する予定です。

ファイル 2015-07-29 5 49 55.jpeg

ファイル 2015-07-29 5 52 47.jpeg

続きを読む

投稿者 global : 14:54

福島県の高校とスカイプミーティング

2015年8月 4日

ユネスコスクール間交流として、福島県立安達高校の生徒とスカイプミーティングを行いました。この度文化祭企画のひとつとして、高校3年生の生徒達が福島県立安達高校美術部の生徒達と写真の共同製作プロジェクトを立ち上げました。今年3月には岡山市において、震災後の福島復興について考える福島×岡山復興学生サミットが開催されており、本校の生徒も参加させてもらいました。福島の復興に関する地域再生について互いに考える機会を持ち、地域的課題・共通課題を認識する生徒間交流の場をこれからも設けたいと思います。
今回の作品は9月13日文化祭当日、高3Aの教室に展示されます。

ファイル 2015-07-24 8 00 09.jpeg

続きを読む

投稿者 global : 08:48

1

このページの先頭へ