グローバル教育ブログ

最近の記事

過去の記事

2015年7月

中学・高校生と教員が中国へ派遣

2015.07.30

この夏の海外派遣事業に参加し、中学生2名が洛陽市、高校生2名と教員1名が大連市、高校生1名が大連市と瀋陽市に派遣されます。

投稿者:global

オーストラリア研修から無事帰国

2015.07.28

先日本校中学3年生達がオーストラリア研修より無事帰国しました。現地の学校では英語レッスンのみならず料理教室、世界遺産スプリングブルック国立公園ハイキング、博物館訪問、アボリジニ文化研修、コアラ保護区の見学など沢山のアクティビティで充実した毎日を送ったようでした。
①期 日  2015年7月5日(日)より7月18日(土) 14日間
②訪問地  オーストラリア クイーンズランド州 ブリスベン市
シャフストン・インターナショナル・カレッジ
ゴールドコースト市 など
③宿泊先  ホームステイ 

20150709170453.jpg

20150710161350.jpg

20150713172041.jpg

20150715145310.jpg

201507162007.jpg

投稿者:global

姉妹校短期留学の紹介ページ

2015.07.27

2015年3月に実施された姉妹校短期留学(アメリカ、カリフォルニア州)の紹介ページが完成しました。
詳しくはこちら

投稿者:global

グローバル教育講演会を実施しました

2015.07.25

グローバル教育の一環として13日に本校で、大阪府立大学の東優子先生による講演会を行いました。"地球市民"は本校がグローバルリーダー育成に欠かせないキーワードの一つで、先生自身の体験や具体的な例を挙げながら、地球市民としてどのように考え、行動すればよいかを分かりやすく話をしていただきました。「問題の発見」が地球市民としての第一歩であり、世界だけでなく私たちが住んでいる地域や日本にも目を向ける必要があると教えてくれました。最後に先生から「Think Globally、 Act Locally」「人の痛みが分かる人になりましょう」というメッセージをいただきました。

IMG_9944.JPG

IMG_9946.JPG

以下は生徒たちの感想の一部を抜粋したものです。
<中学生>
○今日の東先生のお話を聞き、「もっと日本のことを勉強しよう」と思いました。また、最後に東先生が仰ったように「人の痛みが分かる人になろう」と決意しました。そのために物事を行ったり、言ったりする前に「こんなことをしたら相手はどうなるだろう」と考えようと思いました。今日のことを今後の生活に活かしていきます。
○今回の講演を通して、私は男女の格差について特に印象に残りました。私たちは学校に通っているのに対して、同い年くらいの女の人たちが結婚して満足な子供時代を過ごすことができないことに疑問を感じました。多くの大人、多くの国からいろいろな案をもっと出し合って少しずつ解決していく地球を作りたいです。

<高校生>
○世界の人のために何か行動をすることも重要だと思うけれど、まず身近で起こっていることに目を向けて行動することが大切なのだと分かりました。自分ができることをすることが必ず誰かのためになると信じて行動してみようと思います。
○私は今回の講演を聞くまで男女の身分格差や貧富の差について考える時、日本のことではなくアフリカなどの発展途上国についてばかり考えていました。しかし、日本にも生時の中心にいる男性がほとんどで女性は少なかったりするなどさまざまな問題があることに気付きました。普段の生活で私は不自由と感じるところが少ないから世界にばかり目を向けていて日本のことについてきちんと考えてなかったので、これからは日本の現状をきちんと理解することから始めようと思います。

投稿者:hashioka