グローバル教育 Global Education

短期留学report【day10】

2015年3月31日

二週間に渡る短期留学も折り返し地点を過ぎ、日毎のアクティビティーに参加しながらフェアウェルパーティーの準備を着々と進めています。気が着けばサンフランシスコ空港に着いてからもう一週間も経っていたのかと皆それぞれがハッとしたようでした。

今日の学びのテーマは『環境』です。サンノゼの南にあるモンタレー湾は美しく、ひなたぼっこをする野生のオットセイやラッコを見ることが出来ます。引率をしてくれたのは生物のエヴァシェンク先生で、毎年ノートルダム・サンノゼ・ハイスクールの環境学習の為、生徒引率をされているエキスパートです!先生が野生の動物が観察出来る場所を紹介して下さいました。
7a1a6af6a68c76d1ce500e73d46486719685e4e5.jpg

モンタレーベイアクアリウムに来ました。モンタレー湾の海の生き物をみるだけでなく、プラスチックや漂流物、食べるのに適した魚など私達人間の生き方を再考させられた場所となりました。展示の方法も様々で、人を楽しませたり、ビックリさせる工夫が凝らされており、サンノゼの人が「私もあの水族館大好き!」と口を揃えて言う理由が分かった気がしました。

Your choices matterというコンセプトで、人間と海との共生の大切さが訴えられています。一緒に置いてあるSeafood watchというカードでは、魚を食べるのにどの種類が希少でどの種類が食べるのに適しているかを見ることが出来ます。
44cda5bc4b535e654f96a399993dbad5b5bc79fe.jpg

光るクラゲにうっとり。
cc78d8178ae7f004d7bf7f403cfa80a32cba6576.jpg

自分でクラゲの絵を描いて、スクリーンに泳がせる仕組みです。他にもアクティビティーが沢山!
6bf3fb6f10ce0bfeddfc40898c158e55724ed279.jpg

サンノゼ市にある排水溝のメッセージ。ゴミを捨てるとモンタレー湾まで流れていく、という強いメッセージを訴えています。
1721f5dba912e5175bb23743567547bc842b2d5d.jpg

海から拾ったゴミで作ったアート作品が並びます。皮肉にも沢山のゴミが有るからこそ生まれるアイデアですが、逆にそれをアートにしてメッセージを呼び掛けるのも人間だからこそ出来るアクションです。
f0c657237fc016adca5b93bbce30641209b88ed9.jpg

他にもタッチプールではエイに触れたり、外にあるテラスでは今日は何の野生動物が見えるかを観察員の方から直接説明付きで知ることが出来ました。
eea3c4807103ad0b4e439a7684f5dccd59fe3bb6.jpg

b203e02b738b6ca5fbbf1cdbe82fff29ad3b2b81.jpg

f75e81aa70937492180cb3624eaae7ee36ce9bf6.jpg

要らなくなったパンフレットは出口で回収してリサイクルするそうです。
42c1c43a17bb0b755d1fda7368d5fcab440ad0f2.jpg

ここは福島の小名浜にある水族館と「姉妹水族館」になっているそうで、日本の学生とデザイナーが協同で作った素敵な旗が飾ってありました。持続可能な漁業と海洋保護をうたっています。
64de16eb1e7869bcf862b7877c98ed70d627abd5.jpg

引率してくれた先生は、「海で分解されないから、私はプラスチックボトルを買わない。」と述べてらっしゃいました。改めてアメリカは環境問題に対する意識が高く、一人一人がそれぞれに違ったアクションをとっていることを感じた一日でした。


~生徒の感想(抜粋)~
今日は1日水族館に行きました。水族館に行くのなんて小学生の時以来ですごく久しぶりだったし、ホストシスターからもずっと前から「楽しい所」と聞いていたので、本当に楽しみにしていました。日本の水族館はとにかくいろんな魚がそれぞれ水槽に入ってる印象がありますが、今日行ったMonterey Bay Aquariumは、ある同じ魚をたくさんの種類集めている印象を受けました。その中でもとくに凄かったのがクラゲです。クラゲには毒があるし今まで私はクラゲを可愛いと思ったことがなかったのですが、キラキラ光っているものや目に見えるのがやっとぐらいの小さなものなど、10種類以上ものクラゲを見ていると自然と愛着が湧いてきて、クラゲって可愛いな〜って水族館を出る頃には自然と思っている自分がいました。他にはパイレーツオブカリビアンのタコ船長を思い起こさせるほどの大きなタコや、水に浮きながらお腹を出して寝ている可愛いラッコなどを見ました。またこのMonterey Bay Aquariumでは色々な海洋生物を触ることもできました。生まれて初めてさわったエイはとても柔らかくてぬるぬるしていて不思議な感じがしました。ヒトデはカッチカッチに硬いものとプニプニしていて柔らかいものがありました。一つ一つのコーナーが本当に充実していて見たいものがたくさんあって、時間が足りないとも感じました。
お昼にはサンフランシスコで話題になっている、パンを器にしたクラムチャウダーを食べました。サンノゼの学校内で友達になった子達に、『この留学ではどこに行くの?』と聞かれて私が『サンフランシスコに行くよ!』というとみんが口を揃えて、『そこのクラムチャウダーは本当に美味しいから食べてね!』って言っていたので、お店に入ってクラムチャウダーがあることが分かると一瞬でそれにすると決めました!みんなが口を揃えて言うだけに、本当に美味しくて幸せなひと時でした!
久しぶりに行った水族館。小学生の時に行った時と変わらず、終始思いっきりはしゃいで楽しめました!今日も素敵な1日となりました!


Monterey Bay Aquariumに行った。
ナマコやヒトデなどに触ることができたので、触ってみた!
展示の仕方が工夫されていて、波がおこるようになっている場所があった。
他にも、いらないプラスチックから作られた絵の写真などが飾られていて、きれいだった。いらないものでも、上手く利用すれば、きれいなもの、必要なものに変えられるなと思った。
お昼は、クラムチャウダーを食べた。パンの器に入っていて、思っていたよりもボリュームがあった。クラムチャウダーは、話題になっていて、ずっと食べてみたかったから、食べられて、嬉しかった!
放課後は、ホストシスターのお芝居を見に行った。何度見てもおもしろい!


続きを読む

投稿者 global : 11:53

短期留学report【day9】

2015年3月30日

イースターの近づいたサンノゼからお届けします。今日は日曜日なので参加者は皆それぞれのホストファミリーと共に過ごしています。聞くところによるとベイエリアにビーチハウスを持っているホストのところでお泊まりをしたり、ホスト同士で一緒に夕食を囲んだりして過ごすそうです。お泊まりのことをsleep overといい、仲の良い女の子の間ならではの行事のようです。

イースターが近づいているので、街は色々なデコレーションが溢れています。今日はイースター関連のものをスーパーに探しに来ました。
4279f6f3d4ba13b4503ded67f5d7c41ac27b9c1b.jpg
キリストの復活を祝う行事をイースターといいますが、イースターといえば「春の訪れ」をも意味します。子どもはエッグハント(卵=新しい命を象徴)やエッグペイントをしてイースターをお祝いするそうです。


お庭や家などに使うデコレーションが沢山売られています。ちなみに「ウサギ」「ヒヨコ」もイースターの代表的なシンボルです。イースター用のグリーティングカードもどこでも手に入れることが出来ます。
d0e61aa46f2997f73486a0b3289005d2a5cd7a70.jpg

サンノゼ市も4月からすっかり春らしくなるそうで、今まさにローズガーデンは開花真っ盛りです。野生のリスがよく活動しているのでナッツをあげたら近くまで来てくれました。春の息吹を感じる素晴らしいタイミングに短期留学に来られて良かったと感じています。
4a13826d0e54045875cd4b6ee287d91ff6fa4518.jpg

~生徒の感想(一部抜粋)~
今日は朝からカーメルに行きました。
何人かのホストシスターと、日本の生徒で行きました。
海にいったりダウンタウンにいってお買い物をしたりしました。
海の砂浜は、日本に比べて砂が大きくて歩いたときにくすぐったい感じがしました!
砂が少し黒くて、靴などが汚れてしまいました。
みんなでジャンプして写真をとったり、波の近くにいき、濡れたりしました!
とってもいい天気で、いい場所で、楽しかったです!
こんな楽しい所から帰りたくないです!(笑)
ダウンタウンでは、みんなでお買い物をしました。
雑貨のお店や、チョコレートのお店などに入りました。
今日は一日、たくさんのお友達と話すことができて良かったです。

続きを読む

投稿者 global : 07:47

短期留学report【day8】

2015年3月29日

アメリカでの短期留学プログラムが始まって1週間がたちました。
今日は土曜日なので、参加者はそれぞれのホストファミリーと過ごしています。
サンノゼ市での生活も残り1週間となり、少しずつスーツケースが重くなってきました!23kgをオーバーしていないかすでに心配です。

サンタナ・ロウに来ました。ここはヨーロッパ風の街並みに高級ブティックが揃っています。ここに来ている人も、オシャレに着飾って素敵に見えます。
ファイル 2015-03-29 6 40 28.png

ファイル 2015-03-29 6 39 34.png

近所のイエズス会男子校のラグビーの試合を見に行きました。
ファイル 2015-03-29 6 36 40.png

こちらでの生活は朝~昼過ぎまで活動して、あとは昼寝をしたり家でのんびりしたりするのが多いように思います。カリフォルニアの気候がそうさせるのでしょうか?朝晩は冷え込みますが日中気温があがるので人々の服装も多様です。

今気に入っているのがメキシカンの、ナチョス。日本特に岡山ではタコスなどのメキシカンはあまり食べられないので特に美味しく感じます。スーパーなどチップスを買って、それに合うディップソースを選ぶことが出来ます。
ファイル 2015-03-29 6 33 45.png


~生徒の感想(一部抜粋)~
今日は1日サンフランシスコに行きました。
まず最初にferry buildingsに行き、そこにあったfarmer's marketで蜂蜜を食べたり色々試食をして、食べ歩きました。晴れていてとてもいいお天気だったので、海が見えるところでご飯を食べました。その後、pier39に行きました。ここは中1のときに英語の教科書で習ったことがあったので知っていたんですけど、思っていたのよりもはるかに多くのカリフォルニアアシカがいてびっくりしました。またGolden Gate Parkにアメリカでは数が本当に少なくなっているバイソンやモグラを見ました。最後にはWestfield mallに行ってみんなでお買物をしました。帰りにサンフランシスコにいるいとこのお家に行ってわんちゃんと遊びました。とても可愛くてお利口さんで、沢山遊んで癒されました!
1日がとても充実していて本当に楽しかったです!


続きを読む

投稿者 global : 22:48

短期留学report【day7】

2015年3月28日

今日のサンノゼは最高気温21度、最低気温が10度という一日でした。短期留学の7日目となる今日はDowntown walkというプログラムに参加しました。

本校の姉妹校であるノートルダム・サンノゼ・ハイスクールはサンノゼ市の中心に位置し、地域のリソースが積極的に授業等に活用されています。ダウンタウンで見かける広告や建築物から「何種類の言語」が見つかるか、「何種類のタイプのレストラン」が見つかるかを事前に予測して、タウンウォークに出掛けました。
ファイル 2015-03-27 18 55 34.png

ファイル 2015-03-27 18 56 36.png

Mission1: What is QuezalCoatl? 
ファイル 2015-03-27 18 57 29.png

Mission2:Selfie!
ファイル 2015-03-27 18 58 04.png

ファイル 2015-03-27 19 22 54.png

途中で教会に立ち寄り、静かな雰囲気の中で思い思いの時間を過ごせました。
日本とアメリカの教会の違う点と共通点を探し出すのも面白いと思いました。美しい内装、宗教画を見て「もっとたくさんの教会を見てみたい」と言っていた参加者もいました。

Mission3:Who is Ernesto Galarza?
ファイル 2015-03-27 19 23 14.png

タウンウォークの済んだあと私達は市役所へ行き、国際課の方からお話を伺いました。サンノゼは1957年に岡山市と姉妹都市となり、日米間の姉妹都市の中でも最も古い、長い歴史のある姉妹都市のひとつだそうです。市内で知り合った方から「まぁ、岡山から来たの!」とか「私は岡大に通っていました」などと耳にするたび、なんだか誇らしい気分になります。良い未来を子孫に残すため、世界の中の都市と都市がそれぞれ交流を行い、人を育んでいくことはとても有用だと感じました。
ファイル 2015-03-27 23 16 40.png

サンノゼを歩いて気付いたことは、私達短期留学参加者は異文化を運んでくる「ガイジン」や「観光客」ではないということです。
サンノゼ市自体実に多様な人種・民族が混ざり合って構成されています。皆違うのが当たり前で、それぞれにアジア、アフリカ、ヒスパニックなどのバックグラウンドを持っています。黒人・白人カップルなどの異人種、異国籍同士の交際や結婚が一般的に存在します。だから何故か、自分達がいわゆる「マイノリティー」にならなくて、居心地が良いのです。これは誰かを色眼鏡を通して、外見や固定観念で判断することが無いからだからではないでしょうか...


~生徒の感想(一部抜粋)~
今日は市役所に行きました。
市役所職員の方のお話を聞いてとても難しかったけど頑張って聞き取れるところからメモを取りました。
そして街を先生と歩くことで普段では気にも留めなかったところの豆知識などを知れて楽しかったです。
特に気に入ったのは教会でした!
前スタンフォード大学の教会に入った時も綺麗で、とても感動しました。アメリカの教会は日本にはないような大きさだったり美しさがあるのでとても好きです。
今日入った教会は、ステンドグラスが太陽に当たってキラキラしていて綺麗でした。


続きを読む

投稿者 global : 13:14

短期留学report【day6】

2015年3月27日

サンノゼ市で過ごし始めて6日が過ぎました。今日は日本と、アメリカ(カリフォルニア州)の繋がりについて学ぶ一日となりました。

朝、日本町のシニア向けデイサービスを提供する『友愛会』というコミュニティーセンターを訪ねました。朝、出発する前に先日企業案内をしてくれたFacebookの3名(ノートルダム・サンノゼ・ハイスクールの卒業生)にthank you cardを、デイサービスセンターの高齢者の方にはご挨拶に使えるgreeting cardを作成しました。
ファイル 2015-03-26 15 08 18.png


友愛会のデイサービスセンターのプログラムに参加、日本にルーツのあるアメリカの方と交流しました。参加者達がキビキビ動いて、とても奉仕的だ、とコミュニティセンターの方々に絶賛されました。
ファイル 2015-03-26 15 08 52.png

ファイル 2015-03-26 15 09 07.png

ファイル 2015-03-26 15 09 33.png

ファイル 2015-03-26 15 12 42.png


その後、日本食レストランに入り、久々の日本食を満喫しました。ご飯、うどん、天ぷら、刺身に味噌汁、醤油の匂い...久々に参加者達が『日本』を感じた瞬間でした。日本町の中にはお寺やお庭も有ります。
ファイル 2015-03-26 15 15 56.png


最後に訪れたJapanese-American Museumでは、第二次世界大戦日米関係の悪化の影響を受け、日本からの移民や日系アメリカ人が不幸な処遇と抑圧を受けていたことを学びました。係員の方の説明を聞きながらまず最初に移民達の美しく輝く写真を沢山見せてもらっただけに、第二次世界大戦中の差別的な扱いを知るとひたすら心が痛みました。
ファイル 2015-03-26 16 12 38.png

ファイル 2015-03-26 16 11 37.png

〜生徒の感想(一部抜粋)〜
今日は、Yu Ai Kaiという近くの日系の人たちの老人ホームに行きました。日本語を話す人も英語しか話さない人もいましたが、一緒に話したり工作を通して距離も近くなって楽しかったです。
そのあとはJapan townに行ってランチを食べ、博物館に行きました。博物館では日本人が移住してきた歴史などを学びましたが、当時、日本人が白人に差別されていたことや、日本人がキャンプに入れられていた時の様子など、初めて知ることがたくさんありました。私たちも知っておくべき歴史だと思いました。
美術館では少し疲れてしましましたが、夕方はシニアのプレゼンの本番を見に行きました。プレゼンのあとはジュリービリアートホールでみんな集まって、シニアにとっては卒業前最後の学年がみんな集まるイベントだったので、キャンドルサービスをしたり、校歌を歌いました。See you at graduation!と言って別れるのを聞いて、卒業が近づいているのを実感しました。


We went to yuaukai and Japan town!!
At YuAiKai, I made an art for Easter. At first I was so nervous because it was so hard for me to make a conversation with elderly people in English but thanks to them, I could spend really nice time!!
It became nice experience in my whole life!!

続きを読む

投稿者 global : 09:21

短期留学report【day5】

2015年3月26日

21日から始まった姉妹校短期留学の様子をお知らせします。5日目にあたる今日はこの短期留学の大きな目標である「女性に関するプレゼンテーションを行う」日でした。
この短期留学の参加者達は良いプレゼンテーションの実現に向けて何度か集まり、発音練習やQ&Aのシュミレーションを行ってきました。今日はその本番とあって参加者達はとても緊張しているようでした。

ノートルダム・サンノゼ・ハイスクールの1コマは40分。1時間目はsenior(4年生)によるプロジェクト(SSLP)のリハーサルを見させてもらいました。発表を見た後はそれぞれのPCやスマホで評価フォームに記入します。校内はWifi環境が整っています。
ファイル 2015-03-25 22 44 52.png

ホストシスターをしてくれているホリーは先日ホワイトハウス・サイエンスフェアに参加し、オバマ大統領に会い、プレゼンテーションをしてきたそうです。布地と糸の互換性に関する発表は、宇宙服や対エボラ出血熱などの医療用器具に適用されるようなとても有用性のある発表だと評価されたそうです。
ファイル 2015-03-25 22 51 49.png

その後、グループに分かれ2時間目・3時間目に「陶芸」「スペイン語」を受講しました。スペイン語クラスのひとコマ"Zip Zap Zop game"・・・先生も生徒も授業中によく喋り、とにかく笑いが絶えません。
ファイル 2015-03-25 23 00 55.png

お昼休み、Japan Clubが呼び掛けた生徒達と一緒にお昼ご飯をとりました。英語での自己紹介も回数を重ねるごとに上手くなってきました。
ファイル 2015-03-25 23 09 31.png

ファイル 2015-03-25 23 10 07.png

午後の授業ではWPPのDinner Table Projectの最終セッティングを見させてもらいました。先生の指示によって、それぞれ印象に残ったテーブルセッティングを選び、そこにこめられた作成者の思いを想像するというワークを行いました。
Question.このテーブルセッティングは誰をモチーフにしたものでしょう?
ファイル 2015-03-25 23 20 40.png

ファイル 2015-03-25 23 17 00.png

ファイル 2015-03-25 23 15 07.png

そして今日の一番最後の授業にて出国前より準備してきたプレゼンテーションを発表させて貰いました。本番より上手くいかなくてがっかりした人、本番通りにいって達成感を感じた人もそれぞれこのメインイベントが終わりひと安心したようでした。
発表終了後それぞれの意見交換をして、お別れの挨拶をしました。
ファイル 2015-03-25 23 24 38.png

~生徒の感想(一部抜粋)~
今日は学校で、授業を受けたりプレゼンを見たり発表したりしました。
1限目にシニアがしているプロジェクトSSLPの発表会のリハーサルを各教室でみました。放課後Sacred Heartで援助が必要な子供達の世話をしたグループでは、十分な教育を受けることの大切さを発表していて、学校の近くに高校生が気軽にボランティアすることができるのは興味深かったです。
授業体験のceramicsでは、生徒に教えてもらいながら作品を作ったり、Spanishでは英語で、日本語、スペイン語の単語をシェアし合ったり、Cultural exchangeをしました。グループに分かれそれぞれのテーマで寸劇をしました。私のグループはSchool dancesについてだったので、日本とアメリカの学校行事のダンスを両方踊って、グループの子たちととても仲良くなれて楽しかったです。

お昼休みにはJapan Clubでサンノゼの生徒たちと、一緒に話しました。ランチを食べる時間がないほどみんなとずっと喋っていて、また今度話そうね!と約束しました。話が絶えず、とても楽しいひと時でした。
午後はWPPの作品を見たり、私たちのプレゼンがありました。教室がシニアのクラスだったので仲良しの友達がいて緊張も特になく、落ち着いてプレゼン出来ました。質問やコメントにもう少し反応できたらよかったかなと思います。生徒たちは、女性学を、文系科目はもちろん、理科などのいろんな科目でしばしば学ぶみたいで、私たちが発表したことに対して反応がよくて、とても興味深い内容だったと言ってくれて嬉しかったです。
放課後はホストシスターのラクロスのゲームを見に行きました。勝ちました!初めてでしたが、楽しかったです!


まず、陶芸の体験をしました。陶芸は日本にしかないのだと思っていたので新たな発見でした。
その次にスペイン語のクラスがありました。私はとてもスペイン語に興味があって少しだけ知っていたのでこの授業が楽しみでした。4人グループを作ってみんなで写真を見せ合ってそれを英語、日本語、スペイン語でいうということをしました。みんな私より2歳もしたなのにとても大人っぽくてびっくりしました。そのあとはアメリカと日本の文化の違いを実際に前に立ってやりました。その時、グループのみんなが日本語にとても興味を持ってくれて、すぐに覚えられてすごく嬉しかったです。アメリカでは、朝友達に会ったりすると、How are you? と聞き、実際に私も何度も聞かれたことがありますが、日本では元気?とは聞いたりしないなと思ってやっぱり違いがたくさんあって面白いなと思いました。
次に The dinner party の作品を見ました。どの作品も細かいところまで凝っていて私も作ってみたい気持ちになりました。
最後に今回のビッグイベントのプレゼンがありました。アメリカに来る前からずっと緊張していたプレゼンでした。昨日、Jamilaに何回も聞いてもらい、自信を持ってと言われていたので練習の時以上に声を出して頑張りました。最後に生徒の方達にWell done とかGood job と言われて達成感を得ました。今日のプレゼンにもあった男女の報酬の不平等についても話し合っているようで、やはり私たちも発展科目だけではなく女性の授業を組み入れるべきだと思いました。


続きを読む

投稿者 global : 09:52

短期留学report【day4】

2015年3月25日

カリフォルニア、サンノゼ市にある姉妹校へ16日間の短期留学に来ています。

今日はノートルダム・サンノゼ・ハイスクールの先生方の引率のもと、スタンフォード大学とFacebookの企業見学に行きました。実際にスタンフォード大学卒の先生が構内を案内して下さり、freshman(大学一年生)の際にどのようなイベントが開催されたかをお話しして下さりました。

スパニッシュコロニアル様式に統一された構内です。
ファイル 2015-03-24 15 34 17.png

チャペルにて、オルガンの演奏も聴くことが出来ました。

Facebookにはノートルダム・サンノゼ・ハイスクールのアラムネ(卒業生)が勤務しており、彼女達3名が企業の案内をしてくれました。164年の歴史あるNDSJ校の卒業生は世界各地で活躍しています。この短期留学でもカトリック校の「絆」を感じる場面が多くあります。
ファイル 2015-03-24 15 32 11.png

屋内で卒業生からFacebookの説明を聞きます。短期留学の参加者は積極的にメモを取り、話の後にも質問をしたりしました。参加者は毎日体験したことをレポートにして教員に提出することが求められます。
ファイル 2015-03-24 15 36 26.png


〜生徒の感想(一部抜粋)〜
まずはスタンフォード大学に行きました。今までに見た大学の中で圧倒的に大きくて、その大きさにびっくりしました!緑もとても綺麗で私の大好きな雰囲気の所でした。外からしてとても綺麗だった教会の中は、今まで私が見た教会の中で一番豪華なものでした。先生がロマネスク様式だとおっしゃっていましたが、本当にヨーロッパにいるみたいな感じでした!ラッキーなことに、オルガンの演奏?調整?も聞けて嬉しかったです!
次に行ったFacebookでは日本では絶対にできないような体験をたくさんできました。日本からFacebookの訪問をとても楽しみにしていたんですが、私が想像していた大手企業の会社とは全然違って、Facebookの中は1つの大きな街のようでした!(岡山よりも街な感じがしました笑)ディズニーのデザインをする人がデザインをしたって言っていたので、1つの街のように感じたのは、それも理由の1つかなと思いました。Facebookのような大きな会社はとても厳しいのかなと思っていましたが、社員の人の自由をとても尊重していて、日本みたいに何時に出勤したかなどが分かるカードが無く社員の人はいつでも出勤が可能で、Facebook内の食べ物は全て無料だということにもとても驚きました。Facebookのような大きなSNSが世界に与える影響はとても大きなもので、説明の一つ一つにFacebookの工夫が感じられて、やっぱり世界に名を誇る会社はすごいなと思いました。お話しを聞いていてとても印象に残った言葉が2つあるので紹介します。
"Make the world more open and friendly"
"Our journey is 1% finished"
これらの精神があるからあれほどの大きな会社へと成長したのかなと思いました。今日は1日を通してとても感じることが多くて、実りの多い1日となりました。


今日は学校を飛び出し、スタンフォード大学とFacebookを訪問しました。スタンフォード大学は、ホストマザーから、It's very pretty と聞いていたのですが、想像以上にprettyでした!キャンパスはとても広く、一番印象に残っているMemorial Church の外壁にはキリストが祝福をしている様子がモザイクで大きく描かれていました。中にはステンドグラスがたくさんあり、大きなパイプオルガンがあってとても素敵な場所でした。
また、今回とても貴重なツアーを組んで頂いて、Facebookのキャンパス内を見る事が出来ました。壁にはBe Boldなどと書いてあるサインがあったり、キャンパス内はディズニーランドを設計した人にデザインされていて、とてもクリエイティブで夢のような会社でした。社員の人たちもここで働いていてとても満足しているのではないかと思います。また、ノートルダムサンノゼの卒業生でFacebookに働いている人もいて、どんな会社かプレゼンで説明して下さいました。Facebookは世界で13億人に利用されていて、2004年の創立以来、ただ楽しむだけのSNSではなく、遠く離れた人と人を結びつける役割もしていることを知りました。実際Facebookは、日本の私の家族と海外にいる私の家族を繋いでくれて、今までは、国際電話で連絡を取っていましたが、最近ついに互いのFacebookを交換し、今ではタイムラインで家族の様子が見ることができ、私も今までなかなか関わりのなかった従姉妹と繋がることが出来てとても感謝しています。そして今回Facebook本社を訪問することが出来て嬉しく思います。今思えば直接お礼を言えなかったのが心残りですが、後ほどFacebookにポストしようと思います。
放課後はdrama clubを見学し、ミュージカル ピーターパンまでちょうど初日一ヶ月前でリハーサルは順調に進んでいるみたいで、自分もdramaに入っていたのでとても懐かしい気持ちになり、一緒に見学した子といきなり劇に入らせてもらったりして楽しかったです。
今日はたくさんの生徒とお話出来てとても嬉しかったです!!

続きを読む

投稿者 global : 07:42

短期留学report【day3】

2015年3月24日

アメリカのカリフォルニア州のサンノゼ市に来ています。サンノゼはサンフランシスコやシリコンバレーのあるベイエリアに位置しています。今日は短期留学プログラムが始まって初めて本校の姉妹校であるノートルダム・サンノゼ・ハイスクールに登校する日です。

Japan Club による校内キャンパスツアー
day2.jpeg

本校の姉妹校なので、本校と同じ創設者の像があります。
day2(1).JPG

Tech Museumに来ました。
day2(6).png

学校がダウンタウンに有るので、近隣の博物館などの施設を活用したプログラムが豊富なそうです。
day2(2).JPG

Tech Museumの中で、バクテリアを培養してインスリンを作る実験に参加しました。
day(3).png

お昼のウェルカムパーティー。グループリーダーが上手なスピーチを行いました。
アメリカの方は褒めるのがとても上手です!
day2(7).png

ノートルダム・サンノゼ・ハイスクールの大きなプロジェクトであるWPP(Women's Place Project)について勉強しました。Judy ChicagoからはじまるDinner Table Projectについて学び、同じことを自分達の学校でするなら...と想定してディスカッションを行いました。木曜日には4年生による発表会が有るので、私たちも参加出来ることを楽しみにしています。
day2(8).png

~生徒の感想(一部抜粋)~
初めての学校でとてもドキドキしました!Campus Tourでたくさんサンノゼの学校について説明してもらったんですが、説明の一つ一つでサンノゼには日本とは少し違う自由や環境があるんだなと感じました!マーガレットからWPPについてお話しを聞いていたんですが、先生からお話しを聞いてみると、ますますWPPについて興味が湧きました!私たちの学校では、発展科目で女性を選択した人たちだけが詳しく女性のことについて学べるのに対して、サンノゼでは1年生の時にみんな必ず自分でトピックを決めて調べて、ディナーに向けて準備をしないといけません。私は発展科目を選択するときに、ボランティアも女性もどっちもしたくて一つしか選べなかったことを悔やんでいたので、サンノゼみたいにみんな必ず学べる機会があるのが羨ましいなと思いました。
ウェルカムランチパーティーでは、私たちのこの訪問のために本当にたくさんの人が前から準備をしてくださっていたんだなということを改めて感じることができました。必ずこの2週間を実りの多いものにし、自分の力をあげたいなと強く思いました!


今日からNDSJでの学習が始まりました。キャンパスツアーではNDSJの歴史や生徒の活動内容を知ることができました。女性の社会進出について深く考えていることが分かりました。その後、テックミュージアムに行きました。科学技術について分かりやすく、そして実際に目で見て体験することによって、楽しく学ぶことができました。午後はジュディー・シカゴをメインに歴史に名を残す世界中の女性たちについて学びました。彼女たちがいたからこそ、いま私たちは昔よりも男女差別を感じることが無いのだなと感じました。しかし今でも社会に出てみると多少の男女差別はあるので、私たちはこの問題について向き合っていく必要があると感じました。その後、わたしがホストマザーのお迎えを待っている間、1人の生徒が私に話しかけてくれました。彼女とお互いの国の文化について話し合い、最後にはとても仲良くなれて本当に嬉しかったです。


続きを読む

投稿者 global : 07:32

短期留学report【day2】

2015年3月23日

本校の生徒12名と教員2名が短期留学先からレポートをお届けします。

現在、春休みの期間を利用してアメリカ、カリフォルニア州のサンノゼ市に来ています。2日目になる今日も晴天、最高気温21度、最低気温10度、日本の5月のような気候です。土曜日に出発してサンフランシスコ空港に着いたのが現地の21日土曜日、日曜日の今日、生徒達はそれぞれのホストファミリーと週末を過ごしています。

朝、毎週日曜の午前中に開催されている日本町のファーマーズマーケットへ。
1.png

NIJIYAというスーパーにて「のし紙」を発見。1ドル49セント。
noshi.png

午前中、カリフォルニア州で一番古いヘンリー・カーウェル・レッドウッド州立公園へ。
redwood1.png

大木のレッドウッド!この道は馬に乗って移動するトレイルだそうでそこかしこに馬糞が。
redwood2.png

午後、サンタクルーズへ。岬からモントレーベイを眺めます。
bay1.png


釣りやサーフィンをしている人も。ビックリするくらい頻繁に犬を見かけます。
bay2.png

~生徒の感想(一部抜粋)~
4家族でLos Gatos Farmer's Marketに行きました!日本の倍くらいのサイズのクレープを食べたり、カラフルなsweets shopに行ったり、みんなでお洋服を見たりとても楽しかったです!日本ではお友達と遊ぶと言ったら、お昼頃に集合して夕方まで遊ぶというのが普通ですが、ここでは9時に集合して12時に解散してあとはそれぞれまた自由に過ごすって感じだったので、びっくりしました!学校も始まるのが早くて終わるのも早いので、アメリカは夕方ごろに家族でゆっくりとする時間を大切にしているのかなと思いました!


ホストファミリーとそのおばあさんといとこでお昼ご飯を食べ、ホストシスターの妹とお母さんとショッピングに行きました。その後、ホストファミリーと教会に行きました。教会では約1時間、神父様のお話を聞いたり、皆で歌を歌ったり、お祈りをしたりしました。日本では経験することのできない貴重な体験でした。


2日目は終日ホストファミリーと過ごしました。
他のホストしている家族とFresh market に行ってダウンタウンを歩いて回りました。ホストシスター達がひまわりの置き物を見つけると、"Sunflower! St. Julie!!" と反応していて、学校が同じということで、国や言語が違っても一緒な感じがして嬉しかったです。また、ホストシスター達はみんな高3で、卒業式のドレスをドレスコードに沿って各自で用意しないといけないので選ぶのが大変そうでした。この日出かけた四人が仲良しグループみたいて、私たちがいる間もよくみんなで一緒にお出かけするみたいなので楽しみです。
夕方は、もう大学を卒業して働いているホストブラザー達が来て家族みんなで夕食を食べました。いつもより人数が多いので話が盛り上がってとても楽しかったです。

続きを読む

投稿者 global : 09:21

短期留学report【day1】

2015年3月22日

春休みを使って行われる姉妹校短期留学の様子を紹介します。この短期留学は「女性と社会について考える」と題して現地での講義受講・発表を行うことを目的としています。清心女子高等学校と同じナミュール・ノートルダム修道女会のノートルダム・サンノゼ・ハイスクールはカリフォルニア州の伝統的な女子校です。

ノートルダム清心学園 清心女子高等学校
平成26年度 姉妹校短期留学
~『女性と社会』について考える(講義&発表)~

期 日:  2015年3月21日(土)~4月5日(日) 16日間
訪問地:  アメリカ合衆国 カリフォルニア州 サンノゼ市
ノートルダム・サンノゼハイスクール
サンフランシスコ市 など
宿泊先:  ホームステイ               

①.JPG
ユナイテッド航空に乗って約9時間のフライトです。いざ、出国!

②.JPG
無事サンフランシスコ空港にてホストファミリーと会えました。

③.JPG
本日のサンノゼは晴天、23度。サンペドロマーケットにて。


~この日の生徒の感想(一部抜粋)~
待ちに待ったホストファミリーとの対面の日!日本にいる時は不安とか全くなくワクワクだけだったけど、空港に着いた瞬間ドキドキと不安な気持ちに...。でも外に出てみるとカラフルな文字で私の名前が書いてあるウェルカムボードが1番に目に入って、その瞬間不安も一瞬で消え、一目散にホストシスターの所へと走って行っていました!お姉ちゃんとお迎えに来てくれていて、帰りの車の中では好きな音楽についてなどたくさんお話ししました!びっくりしたのが、フリーウェイで1番左側を走ると当分フリーウェイをおりないことを意味し、スピードもかなり出せるということです。日本では高速道路でもかなりスピード規制が厳しいので、とてもびっくりしました!


今日は飛行機に乗ってサンフランシスコ空港に着いて、ホストファミリーと初めて会いました。飛行機にずっと乗っていたのと時差の関係でとても疲労感がありました。
ホストファザーは日本の千葉大学に勉強に来ていたこともあったらしく、日本語がとても上手で少し安心しました。今日はスーパーマーケットやジャパニーズストアにも連れて行ってもらいました。日本のお土産を買ってきたのに、ダイソーがあってまずったなと思いました。そして大きめのショッピングモールに行ってくまのぬいぐるみを買ってもらいました!すごく嬉しかったです。ぬいぐるみの皮を自分で選んで綿を入れてもらう方式のやつで、中にハートもいれました。

続きを読む

投稿者 global : 07:38

このページの先頭へ