グローバル教育 Global Education

帰国生からの留学報告

2014年11月27日

帰国生へ「留学インタビュー」を行いました。
本校高校1年生の野波さんは、昨年の夏からアメリカ、ミシガン州のミルフォード・ハイスクールに1年間留学を行い、今年帰国しました。

続きを読む

投稿者 global : 13:08

オーストラリア研修の情報をアップしました

2014年11月26日

本校中学校3年生は毎年夏にオーストラリア研修へと出掛けます。約2週間、クイーンズランド州ブリスベンの英語学校での語学研修と生活体験を行います。詳しくはこちらのページをご覧下さい。

続きを読む

投稿者 global : 11:03

発展科目「中国語」履修者が大連への研修に参加しました

2014年11月17日

清心女子高校では学校設定科目である発展科目において、中国語を履修することが出来ます。発展科目は、高校2年次における学校設定科目で、毎週火曜の6・7限に行われています。『中国語Ⅰ~言語を通してアジアを見る~』では毎年、中国語検定試験もしくは中国語コミュニケーション能力検定試験を受験しています。

講座履修者であるの高校2年藤本さんは、自らの中国語スキルを高めるため、大連への研修に参加しました。そのレポートを紹介します。


“Student Exchange in 大連2014”参加レポート
日程 2014年7月30日~8月3日
訪問先 中華人民共和国大連市/上海市
訪問校 大連第一中学校
    (Dalian No.1 Middle School)
目的 大連の高校生達と交流し、日中関係や中国の今を知ること

(きっかけ)
 もともと中国という国に興味があり、今中国で何が起きているのか、中国はどんな国なの
かを自分で見ることが出来る最大のチャンスだと思い参加しました。

(大連の高校生の印象)
見た目は私達日本人とあまり変わらないけれど、私達以上に努力して夢を追いかけているのが感じられました。英語の授業の時でも、私達がまだ知らなかったような単語を知っていたり、何よりも英語力の高さを感じました。日本のアニメに興味を持っていてアニメから日本語を勉強しているので、日本に興味を持っていてくれているのだと思うと嬉しくなりました。

(ホームステイをしてみて)
 ホームステイをしてみて、たくさんの中国文化に触れることが出来ました。その違う点に慣れるのが大変でした。日本のものよりも箸が長く、冷たいお茶が無く、一日6食で、早寝早起き、トイレも和式ばかりで、ところかしこと「福」と書かれた正方形の紙が貼られているという点が興味深かったです。朝は公園で太極拳に挑戦してみたりと健康的な日々を過ごせました。ホームステイ先の王さん一家はとても優しく暖かく私を迎えてくれました。

(大連市の印象)
 それほど都会でもない街でした。岡山と同じような街で、人も優しかったです。

(上海市の印象)
 さすが中国第二の都市と言われるだけあって、人も多くビルが沢山有るのが印象的で、東西に川が流れとても綺麗な街でした。上海雑伎団も観劇して、中国の人々の文化レベルの高さを感じました。

(旅順を訪れて)
 ここで日本とロシアが戦ったのかと思うと感慨深い気持ちになりました。旅順港がかすんでいて見えなかったのが残念でした。

(感想)
 テレビで見るような反日デモなどが有るのかと思っていましたが、滞在中見かけることが無くてホッとしました。中国の文化レベルが高く、人も優しい人ばかりで良かったです。中国の高校生と交流し、私ももっと勉強を頑張らないといけないなと思いました。このような機会を与えてくださった方々や、参加することを了承してくれた両親への感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

1.jpg

dalian2.jpg

dalian3.jpg

dalian4.jpg


続きを読む

投稿者 global : 16:58

発展科目「高大連携ハイレベル英語講座」

清心女子高校では学校設定科目である発展科目の『高大連携ハイレベル英語講座』において、発展的な英語を学ぶことが出来ます。発展科目は、高校2年次における学校設定科目で、毎週火曜の6・7限に行われています。
写真は先日清心女子大学で行われた講義の風景です。英語英文科の伊藤先生による「外国語を学ぶ意義」の授業では、オーストラリアで販売されている逆さまの世界地図を引用して、英語を学ぶことは自分の世界観を変え、視野を拡げることだと学ぶことが出来ました。
この講座を受講する生徒には英語に一生懸命取り組みたいという共通の意思があります。生徒達がこの講座を選んだ理由を少し紹介します。

●今よりもさらに上のレベルの総合的な英語力を身に付けたいと思いました。今のレベルに満足せず、普段の授業では学ぶことの出来ない内容に魅力を感じました。英検やTOEIC、ニュースなどを教材に使用するという所にもとても魅力を感じました。
●色々ある教科の中で英語が一番好きで選びました。英語の通訳者の方に授業をしてもらったり、実際に清心女子大へいって先生方から教えてもらえるのが凄いことだと思いました。出来る限り積極的に授業に参加して、発言していきたいと思っています。
●将来、通訳・翻訳者のような英語に携わる仕事に就きたいので、その過程として、英語の知識を幅広く取り入れたいと思ったからです。特に通訳の人のメモの取り方の講座にとても興味が有り、このスキルは英語検定のリスニング問題や英語の授業でも活用することが出来るのではと考えています。

写真 2014-10-28 15 20 17.jpg

写真 2014-10-28 15 22 51.jpg

続きを読む

投稿者 global : 13:01

1

このページの先頭へ