グローバル教育 Global Education

IPC・IPU杯 高校生スピーチコンテストで最優秀賞を獲得しました

2014年2月26日

2月16日、本校2年生の大内田裕美さんが環太平洋大学などが主催する高校生英語スピーチコンテストで最優秀賞に輝きました。海外在住経験が1年未満の生徒が対象の「一般の部」、海外在住経験が1年以上の「海外経験者の部」の2部門が設定され、ビデオ予選を勝ち抜いた全国の高校1~2年生が集まってスピーチを行いました。大内田さんは三月下旬から一週間程度ニュージーランドにあるインターナショナル・パシフィック大学へ招かれるそうです。

1 .JPG

2.JPG

3.JPG

続きを読む

投稿者 global : 10:53

High School First Grade NELP

2014年2月25日

Here are the high school first grade students. This term, they are learning business English and are practicing many business situations.

hs1 2-7-14 bus1.JPG

hs1 2-7-14 bus2.JPG

hs1 2-7-14 bus3.JPG

hs1 2-7-14 bus4.JPG

続きを読む

投稿者 nelp : 19:12

Self-Access Grammar

This year, I finally updated the Self-Access Grammar Worksheets. There are 200 worksheets covering all of Progress in English 21 Book 1.

gx 2-7-14 sag1.JPG

gx 2-7-14 sag3.JPG

gx 2-7-14 sag4.JPG

gx 2-7-14 sag5.JPG

続きを読む

投稿者 nelp : 19:08

Junior High School Third Grade NELP

Here are the third grade NELP students preparing for a debate. This year, they will have a debate about genetically modified animals, so we are learning about genetics.

g3 2-7-14 disc1.JPG

g3 2-7-14 disc2.JPG


The third grade students made presentations about genetically modified animals.


g3 2-7-14 pres1.JPG

g3 2-7-14 pres2.JPG

g3 2-7-14 pres3.JPG

g3 2-7-14 pres4.JPG

g3 2-7-14 pres5.JPG

g3 2-7-14 pres6.JPG

g3 2-7-14 pres7.JPG

g3 2-7-14 pres8.JPG

続きを読む

投稿者 nelp : 19:02

Junior High School Second Grade NELP

These are the second grade students.

g2 2-7-14 class.JPG


Here, the second graders are having a discussion about their reading assignment.


g2 2-7-14 disc1.JPG

g2 2-7-14 disc2.JPG

g2 2-7-14 disc3.JPG

g2 2-7-14 disc4.JPG

g2 2-7-14 disc5.JPG

g2 2-7-14 disc6.JPG

g2 2-7-14 students.JPG

続きを読む

投稿者 nelp : 18:56

Junior High School First Grade NELP

These are my first grade NELP students.

g1 2-7-14 class.JPG

g1 2-7-14 class2.JPG


Here, the first grade students are having a debate. The topic was "Young People should get Work Experience in Addition to Education."

g1 2-7-14 debate1.JPG

g1 2-7-14 debate2.JPG

g1 2-7-14 debate3.JPG

g1 2-7-14 debate4.JPG


Here, the first graders are playing an English board game.


g1 2-7-14 game1.JPG

g1 2-7-14 game2.JPG


Here, the students are taking a quiz. Some of them have already finished!


g1 2-7-14 gq1.JPG

g1 2-7-14 gq2.JPG

g1 2-7-14 gq3.JPG

g1 2-7-14 gq4.JPG


Here, the first graders are watching a video that last year’s first graders made to introduce new students to NELP. Each year, our first graders make a new Introduction to First Grade video.


g1 2-7-14 itfg1.JPG

g1 2-7-14 itfg2.JPG

g1 2-7-14 itfg3.JPG

g1 2-7-14 itfg4.JPG


The first graders watched the movie “Chicken Run” in class.


g1 2-7-14 movie1.JPG


Here, the first graders are taking a reading quiz.


g1 2-7-14 rcq1.JPG

g1 2-7-14 rcq2.JPG

g1 2-7-14 rcq3.JPG

g1 2-7-14 rcq4.JPG


Here, the students are making presentations about education. We filmed some of the presentations for our “introduction to first grade” video.


g1 2-7-14 sp-pres1.JPG

g1 2-7-14 sp-pres2.JPG

g1 2-7-14 sp-pres3.JPG

g1 2-7-14 sp-pres4.JPG

g1 2-7-14 sp-pres5.JPG

g1 2-7-14 sp-pres6.JPG

g1 2-7-14 sp-pres7.JPG

g1 2-7-14 sp-pres8.JPG

g1 2-7-14 sp-pres9.JPG

g1 2-7-14 sp-pres10.JPG

g1 2-7-14 sp-pres11.JPG


Here, the students are taking a vocabulary quiz!


g1 2-7-14 vq1.JPG

g1 2-7-14 vq2.JPG

g1 2-7-14 vq3.JPG

g1 2-7-14 vq4.JPG


Here are the students in writing class. They are writing essays.


g1 2-7-14 writing1.JPG

g1 2-7-14 writing2.JPG

g1 2-7-14 writing3.JPG

g1 2-7-14 writing4.JPG

g1 2-7-14 writing5.JPG

g1 2-7-14 writing6.JPG

g1 2-7-14 writing7.JPG

g1 2-7-14 writingb1.JPG

g1 2-7-14 writingb2.JPG

g1 2-7-14 writingb3.JPG

g1 2-7-14 writingb4.JPG

g1 2-7-14 writingb5.JPG

g1 2-7-14 writingb6.JPG

g1 2-7-14 writingb7.JPG

g1 2-7-14 writingb8.JPG

g1 2-7-14 writingb9.JPG


続きを読む

投稿者 nelp : 18:32

人権学習で『女性への抑圧』について学びました

2014年2月13日

ESD教育の一環として高校1年生を対象に人権学習を実施しました。実在するインドの女の子について知ることで、途上国で女性が陥っている負の連鎖に気付くことを狙って授業を考案しました。また、女性のエンパワメントにより多くの諸問題の解決に影響が期待されていることを理解することが出来ました。

人権学習
対象生徒:高校1年生 文理コース・生命科学コース
目的:
・世界各地で「人工的な性差」によって女性の機会が奪われていることを知る。
・世界各地でさまざまな原因や社会状況の中で貧困状態に置かれてしまう人々が居ることを知る。


全体の流れ:

① 班(1班4名前後)に分かれる。
② 4枚のカード(インド、パキスタン、日本、ブルキナファソ)を配布する。
③ 4枚のカードの説明文を読んで、このカードをグルーピングする。
(子どもが学校に行ける/行けない/行かないグループ
将来的に豊かになる可能性がある/可能性が少ないグループ など)
④ 世界地図でインドの場所を確認し、ポスターを見て彼女の置かれた環境を考える。
⑤ その後、「インドの女の子の話」を読む。
⑥ 各班で読んで気になった箇所に線を引きながら話し合い、各班の意見を共有する。
⑦ インドの女の子の暮らしをよりよくする為にはどんな点を改善する必要があるのか、考える。
⑧ 感想シートを書き、まとめを行わせる。


生徒の感想
☆私も女ですが、ここまで女性差別があるなんて思ってもみませんでした。このジェンダーをどう解決すべきか、今の自分には何ができるのかをしっかりと考えようと思いました。
☆日本では男女差が少しずつなくなっているけれど、外国では改善されないまま幼い子ども、特に女の子が苦しんでいる状況を知りました。インドだけでなく他の国の男女差別について知りたいと思いました。
☆今日はインドの人権問題について、今まで以上に多くのことを知りました。これからも、私は世界の事についてもっと知っていきたいです。そして、将来はその学んだことを活かして、少しずつ世界の問題を多くの人と解決していきたいです。
☆差別が根強く残っていることがよく分かった。今、私に何ができるか考えたい。今は、ニュースを見ること、募金をすることができると思う。
☆世界では今でも"女性である"ということで受ける扱いなどが分かった。生まれてくることもできないことがあるのは非常に悲しい現状だと思った。
☆インドの女の子がどれくらい虐げられて生きているのか、女性の権利を守る方法を作り上げたい。
☆日本にいるから関係ない、という考え方をやめるべきだと思う。私がフィリピンの募金活動をしているときも、「私は関係ない」といってスーっと通り過ぎていく人が多いと思う。そして、学校に行けることは奇跡なんだということを胸に、これからも感謝していこうと思った。
☆世界には学校に行けない女性がたくさんいることが分かった。また、女性が教育を受けるとたくさんのメリットがあることが分かった。
☆インドの貧困問題を解決するために行っている政策を詳しく知りたいと思った。今までの文化や風習にも興味を持った。
☆インドだけではなく他の国も改善しなければならない。現状をもっと知りたい。
☆男女の差別はいまだにあるんだと知った。貧困をおさえるためには教育も必要と知った。
☆まだまだ女性の権利、地位が確立されていないことに本当に残念に思った。日本は特に就職の面などで格差があるので、それが是正されるべきだと思った。
☆女性が差別を受ける。それだけで経済的にも将来生まれてくる子どもにも影響を与えていることに驚きました。なぜ、このようなしきたりがあるのか、詳しく知りたいです。
☆女性の社会的地位が低いのは、今の法が整っていないからではなく、人びとの認識や伝統のせいであり、それはなかなか変えることができない。その国だけで解決しようとすると、どんどん遅くなっていくと思うので、世界規模での話し合いが大切だと思った。
☆自分と同じ歳の子たちがどんなことを考えているのか、思っているのかを知りたい。ニュースや新聞で知る"状況"だけでなく、"気持ち"を知ることも大切だと思った。
☆今日の先生の話を聞いて、とてもびっくりしました。13歳で結婚するのはお金のためということも胸が痛みました。まだまだ知らない習慣や生活を知ることで、貧しい人々について考えたいと思いました。
☆インドでは日本と同じような環境だと思っていたので、インドのことを知り、驚きました。女の子はおうちの中のことしか知らない、このことは女性の社会進出することのできない理由になってしまうと思うので、男の子だけでなく、女の子も教育を受けられる社会になってほしいと思いました。
☆国が変えようとしていても、その土地の風習や人々に根強く残っている古い考え方などが、教育の妨げになっていると知って驚きました。人の心や考え方ほど変えることの難しいものはないと思います。世界のすべての人々が教育を受けられる日がくると良いなと切実に思いました。
☆まだまだ女性の権利が十分ではない日本も一緒に向上していくべきなのかな...と。中学生の時に結婚なんて考えられないのは、意識の違いとかもあると思うし、伝統が足を引っ張っているのなら改善すべきとも思う。
☆貧しいから学校に行けないのではなく、女の子だから学校に行けないという理由に驚いた。女の子は○○、男の子は○○、という習慣をなくすことが大事だと思う。
☆今の自分では、一番に何が出来るか?と思った時、一番はこの授業で学んだことを自分の中に取り入れていき、そして自分が自分以外の人に伝えていくことが大切だと感じた。 
☆やっぱり世界にはたくさんの差別や貧しく自由な生活が出来ず、困っている人がいると思った。この改善策をもっと考えたいし、実行して欲しいと思った。そして、世界の諸問題を改善することに私も携わってみたいと思った。
☆インドの人口爆発の裏に、貧しいだけで学校に行けず、性差別で個人の能力が発揮出来ない女性が居る...勿体ないと思いました。ダウリー制度を政府が無くすべきと思った。
☆日本のような裕福な先進国に対し、マニシャさんのような状況にある国もある。先進国として出来ることを考えたいと思った。

Attachment-1 (4)

Attachment-1 (5)

jinken1


続きを読む

投稿者 global : 10:25

「独立行政法人国際協力機構 中国国際センター 所長賞」の表彰を受けました

2014年2月 6日

本校高校1年生吉岡ゆきのさんが、JICA国際協力に関するエッセイコンテスト2013、高校生の部において、「独立行政法人国際協力機構 中国国際センター 所長賞」を受賞しました。
また、審査の結果清心女子高等学校が「学校賞」を受賞しました。

JICA国際協力中学生・高校性エッセイコンテスト2013
主 催:独立行政法人国際協力機構(JICA)
テーマ:世界と日本の幸せのために - 私がしたいこと,すべきこと-

 吉岡ゆきのさんは,ユネスコスクールの活動に参加しています。「国際協力エッセイコンテスト」では,平成25年11月に大阪府堺市で開催された「ユネスコスクールESDアジア太平洋地域高校生フォーラム」の準備を通して感じたこと,そして,平成26年11月に岡山県岡山市で開催される「ユネスコスクールESD高校生フォーラム世界大会」に向けての心がまえなどを文章にまとめています。原稿はJICAへ提出していますが,内容を簡単にまとめたものを紹介します。

****************************************
 私は,来年の2014年に行われる岡山でのユネスコ世界大会を運営委員として成功させたいと思っています。そのために,大阪の皆さんと協力し,岡山と大阪で準備が進んでいます。ユネスコの元アジア教育次長である千葉杲弘先生の講演を聞きました。先生のメッセージのなかで,「国際社会には予知できない問題や正解のない問題がたくさんある。その答えを関係するすべての国や人々を巻き込んで協力して答えを探す,参加型の解決が必要である」と言われていました。内乱状態が続く国ではたくさんの犠牲者が出ています。2012年にシリアでの取材中に亡くなった山本美香さんもそのひとりです。戦争は一方的に「黙らせよう」という意志から相手を攻撃するという行動につながっていると思います。高校生世界フォーラムでは,私は「シャーロック」を担当します。未来に写真や映像を記録として残すための仕事です。一人ひとりのまじめな顔や笑っている顔,会場の全体の様子など,自分が大切だと思った瞬間を撮ります。私は写真を撮ることが好きでこの仕事を希望しましたが,目標である「未来のために残す」ということ以外にも,私なりの目標を見つけて活動したいと思います。今年の11月には8か国が大阪に集まり,ディスカッションなどを行います。2014年の11月に岡山で開催される世界フォーラムは,33カ国という大規模な大会になります。来年私は2年目のスタッフとして中心メンバーになれるように,今からしっかりと仕事を行い体と心で感じたいです。今は,岡山と大阪のつながりですが,来年には岡山と世界がつながるように,私は行動していきます。
****************************************
JICA.jpg

JICA2.jpg


続きを読む

投稿者 global : 17:00

1

このページの先頭へ