スーパーサイエンスハイスクール

SSH研究開発実施報告書/SSH関連 資料・報告書

最近の記事

過去の記事

2018年5月

ピッツバーグ市内観光

2018.05.19

ISEFが終了した後、半日ほど自由時間があったので、ピッツバーグの観光を行いました。
地元で有名なピッツバーグ大学を訪問したり、博物館、美術館を巡りました。
特に博物館はアメリカで発掘される化石標本の展示が素晴らしく、日本の博物館とはスケールが違う点を随所に感じました。
また、たくさんの種類の鉱物(宝石)が近くで採掘されるので、それらを集めたギャラリーも備えられていました。
CIMG1741.JPG
CIMG1742.JPG
CIMG1744.JPG
CIMG1543.JPG
CIMG1545.JPG
CIMG1682.JPG
CIMG1710.JPG
CIMG1597.JPG
CIMG1581.JPG
CIMG1611.JPG
CIMG1645.JPG
CIMG1721.JPG
CIMG1725.JPG
CIMG1723.JPG

投稿者:tanaka-fu

ISEF2018に参加⑮

2018.05.19

長かった大会も最終日、いよいよ大詰めです。
この日は午前中からグランドアワード(優秀賞)の表彰式が行われました。
グランドアワードは、先日の審査の結果、各研究部門ごとに優秀な作品が表彰されていきます。
本校の研究部門は「microbiology(微生物学)」研究タイトルは「Screening of Yeasts in Azalea Nectar for Bioethanol Production(バイオエタノール製造を目的としたツツジからの酵母菌のスクリーニング)」です。
盛大な盛り上がりに合わせて、独特な緊張感が漂っていました。
審査の結果・・・本校はグランドアワード4等を受賞することができました!!ISEFでの受賞は本校初、岡山県でも初、さらに微生物学部門での受賞は日本初の快挙です。
本校の名前が呼ばれた瞬間、大きな驚きと共に、溢れんばかりの感動がこみあげてきました。自然と大粒の涙がこぼれました。
本校生徒2名が登壇する姿は非常に立派でとても誇らしく感じました。本当におめでとうございます。
CIMG1340.JPG
CIMG1348.JPG
IMG_3043.JPG
IMG_3025.JPG
IMG_3039.JPG

投稿者:tanaka-fu

ISEF2018に参加⑭

2018.05.18

夕方からはスペシャルアワード(特別賞)の表彰式がありました。
大会を協賛する企業や学会から、素晴らしいプレゼンテーションを行った研究について賞が贈られます。
特にアメリカの大学からの賞では、多額の奨学金が贈られるなど、優秀な学生が大学とつながるきっかけにもなるようです。
日本の学生の中では、数学部門とエネルギー: 化学的部門の2つの研究が受賞することが出来ました。
CIMG1304.JPG
CIMG1321.JPG

投稿者:tanaka-fu

ISEF2018に参加⑬

2018.05.18

今日は一般公開の日です。
前日の審査日と異なり、入場に制限はなく、関係者を始めとして近隣の学校の学生たちも見学することが出来ました。
また、この日は日本から来たことをアピールする為に、浴衣を着て発表を行いました。
日本から持ち込んだ折り紙を配布する等、日本らしさが随所に出たプレゼンテーションでした。
CIMG1103.JPG
CIMG1102.JPG
CIMG1189.JPG
CIMG1224.JPG

投稿者:tanaka-fu