スーパーサイエンスハイスクール

SSH研究開発実施報告書/SSH関連 資料・報告書

最近の記事

過去の記事

教材開発・教育実践

生命科学入門 専門家による講義③

2019.02.26

学校設定科目「生命科学入門」では、来年度の課題研究につなげるため、3学期に専門家による講義を設定しています。
2月26日は岡山大学の富岡憲治先生が講義をして下さいました。
富岡先生のご専門は時間生物学であり、時間生物学研究の歴史について、現在までにどのような事が分かってきたのか、未だに分かっていないことは何なのかについて教えて頂きました。
生物の体内時計について研究する分野ですが、身近な話題も交えて解説して下さいました。
CIMG7415.JPG
CIMG7425.JPG
CIMG7432.JPG

投稿者:tanaka-fu

G.Science(兵庫医科大学・菅原先生)

2019.02.25

2月25日のグリーンサイエンスでは、兵庫医科大学の菅原先生をお招きして講義をして頂きました。
菅原先生は主に円口類(ヤツメウナギなど)を対象とし、発生学及び進化学の研究をされています。鳥類や爬虫類の骨格標本や、円口類の生体標本も持参して下さり、高校生でも分かりやすいように解説して下さいました。科学が文化の一つであり、科学研究は人間本来が持つ知の欲求に答えるものであるという言葉が印象的でした。
CIMG7359.JPG
CIMG7373.JPG
CIMG7386.JPG

投稿者:tanaka-fu

G.Science(岡山市・友延先生)

2019.02.18

2月18日のグリーンサイエンスでは、岡山市教育委員会生涯学習課の友延先生をお招きして講義をして頂きました。
友延先生は岡山の自然を守る会にも所属しており、様々な場所で自然保護活動を展開しておられます。
ESDをテーマとした講義内容であり、街中ホタルのことや百間川での生物保全活動のことを具体例として教えて頂きました。
自然を守るという事は口で言うのは簡単でも、実際に行動に移す際には、地域の非常に多くの方々の共通理解が必要であることがとても印象に残りました。
CIMG7236.JPG
CIMG7248.JPG
CIMG7256.JPG

投稿者:tanaka-fu

生命科学入門 専門家による講義②

2019.02.12

学校設定科目「生命科学入門」では、来年度の課題研究につなげるため、3学期に専門家による講義を設定しています。
2月12日は福山大学の秦野琢之先生が講義をして下さいました。
生命科学という学問は、文系・理系を問わず、社会では様々な領域に広がっていることを教えて頂きました。例えば、遺伝子組み換え植物一つをとっても、実際につくるのは理学及び農学系の分野ですが、それを流通させる際、記事にする際、法整備を行う際など、関連分野はそれだけに限りません。視野を広げるうえで、非常に勉強になる講義でした。
CIMG7091.JPG
CIMG7107.JPG
CIMG7114.JPG

投稿者:tanaka-fu