清心女子高等学校SSH

第10回SSH科学英語研究会の開催案内

2017年4月13日

第10回SSH科学英語研究会の案内を掲載いたします。

1.日時 平成29年6月24日(土) 12:30~16:15

2.会場 ノートルダム清心学園 清心中学校・清心女子高等学校 記念館
     〒701-0195 岡山県倉敷市二子1200番地

3・日程 12:00~12:30 受 付
     12:30~12:40 開会・科学英語概要説明
     12:45~13:30 公開授業①
            「From facts to presentation: Endangered species of Borneo」
     13:45~13:55 公開授業②に関する事前説明
     13:55~14:40 公開授業②
            「Are all animals equal?」
     14:50~15:05 英語による生徒課題研究口頭発表
     15:10~15:35 研究協議
     15:40~16:10 講評およびCLILに関するミニ講義
            講師:池田 真先生(上智大学文学部英文学科教授)
     16:10~16:15 閉会行事

4.申込み 参加申込書(下記のPDFファイル)に必要事項を記入し、FAXで送信して下さい。または同内容を下記のメールにお送り下さい。

5.連絡先 清心女子高等学校  Tel 086-462-1661 Fax 086-463-0223
                E-mail: hashioka@nd-seishin.ac.jp(担当 橋岡)

多数の皆様方にご参加いただき、本校の取組についてご意見いただければ幸いです。

第10回科学英語研究会.pdf
上のリンクをクリックすると、第10回SSH科学英語研究会の案内がご覧いただけます。(新規ウィンドウで開きます)

続きを読む

投稿者 hashioka : 09:58

シイタケ原木栽培

シイタケ原木栽培

2017年3月14日

3月13日、中学1年生を対象にシイタケの原木栽培のための駒打ち作業を行いました。 駒打ちをする原木はJAの仲介により、県北の業者より譲り受けたもので、1人に一本配られました。 事前に穴を開けた原木に、シイタケの種駒をハンマーを使って打ち込みました。駒打ち後は校舎の下で仮伏せを行いました。仮伏せにより、順調に菌糸が原木内に繁殖すれば、秋にはキノコの発生が見られます。期待をこめて並べていきました。 中…続きを見る

シイタケ駒打ちの準備

シイタケ駒打ちの準備

2017年3月10日

中学生対象のSSH事業として、今年度よりシイタケの原木栽培を開始します。 秋でのシイタケ発生に向けて、駒打ちに適した時期となってきました。駒打ちを行うにあたり、コナラ原木にドリルで穴を開ける作業を行いました。この事業は中高連携の形で進めていきますので、事前準備や駒打ちの指導は高校の生命科学コースの生徒が担うこととしています。 …続きを見る

学校設定科目「生命」第27回 講師:秋山和広(東京大学大学院)

学校設定科目「生命」第27回 講師:秋山和広(東京大学大学院)

2017年2月21日

2月21日の学校設定科目「生命」の講師として、東京大学大学院に在学されている秋山様をお招きしました。自身が研究されている内容に関連して、遺伝子からタンパク質への転写・翻訳などについて話をしてくださいました。さらに、先達としてご自身の失敗談も含めた経験を交えて、大学までの学び、そして大学(大学院)での学びや研究生活についてわかりやすく、親しみやすい語りで生徒に伝えてくださいました。 …続きを見る

学校設定科目「生命」第26回 講師:秋山繁治(本校教員)

学校設定科目「生命」第26回 講師:秋山繁治(本校教員)

2017年2月14日

2月14日の生命は、国境無き医師団で活動している方の資料をもとに、戦争とは何か、医師として正しい行動とは何かについて考える授業を行いました。 限りある医療設備、医療薬等の中、どのような命を救うべきかについてディスカッションを行っている小学生の様子を見て、それぞれの意見に耳を傾けました。 様々な児童の意見の中で、ジェンダーによる意見の傾向の違いについても考えました。 …続きを見る

生命科学入門 先端科学に触れる④(講師:岡山理科大学動物学科 中本敦)

生命科学入門 先端科学に触れる④(講師:岡山理科大学動物学科 中本敦)

2017年2月13日

2月13日は、岡山理科大学動物学科の中本先生に講義をして頂きました。 中本先生の研究対象はオオコウモリであり、その生態について教えて頂きました。岡山には生息しておらず、また、さまざまな種類があると聞き、非常に興味深い内容でした。 また、科学研究を行うにあたり、重要なこと(観察、文献調査、考察など)について教えて頂きました。2年生から本格的に始まる課題研究に向けて、学ぶべきことがたくさん詰まった内容…続きを見る

学校設定科目「生命」第25回 講師:渡辺伸一(福山大学生命工学部)

NO IMAGE

2017年2月 7日

2月7日の「生命」の授業は福山大学の渡辺先生をお招きして講義をして頂きました。 講義の中心は動物行動学についてであり、特に研究対象の生物自身が記録及び撮影を行うバイオロギングという手法について紹介して頂きました。 バイオロギングという手法は、最近、中学校の国語の教科書でも使われており、研究分野としてとても拡がってきています。渡辺先生のこれまでの研究内容をもとに、今まで分からなかった動物の生態につい…続きを見る

学校設定科目「生命」第24回 講師:菅原文昭(兵庫医科大学)

学校設定科目「生命」第24回 講師:菅原文昭(兵庫医科大学)

2017年1月31日

1月31日の「生命」の授業では、兵庫医科大学の菅原先生をお招き致しました。 演題は「円口類からさぐる脊椎動物の進化」であり、ヤツメウナギやヌタウナギなど、原始的な生物と今の生物との比較のもと、進化のプロセスについて説明して頂きました。実際の標本も見せて下さり、最初はあまりなじみのない生物でしたが、非常に興味深い話を聞くことが出来ました。 …続きを見る

学校設定科目「生命」第23回 講師:堀内順治(東京学芸大学附属国際中等教育学校)

学校設定科目「生命」第23回 講師:堀内順治(東京学芸大学附属国際中等教育学校)

2017年1月24日

1月24日、学校設定科目「生命」の授業では、東京学芸大学附属国際中等教育学校の堀内先生に講義をして頂きました。 古植物がご専門ですが、講義では、日本南極地域観測隊越冬隊員としてのご経験をふまえ、南極という特殊な自然環境や、そこでの生活の様子、学んだことなどについて教えて頂きました。南極の氷や越冬隊の服装などをご持参して下さり、そこでの生活の一部を垣間見ることが出来ました。 …続きを見る

学校設定科目「生命」第22回 講師:原悠歌(日本通運株式会社 ※卒業生)

学校設定科目「生命」第22回 講師:原悠歌(日本通運株式会社 ※卒業生)

2017年1月17日

1月17日、本校の卒業生である原さんを「生命」の講師にお招きし、講義をして頂きました。 大学卒業後、現在は日本通運で国際オペレーターとして業務にあたっています。高校時代の経験をもとに、いろんな視野をもって活動の幅を広げていくことの重要性について教えて頂きました。グローバル社会で活躍している先輩からの生の声を聴くことで、自分の進路について深く考えてほしいと思っています。 …続きを見る

1  2  3  4  5  6  7

このページの先頭へ