スーパーサイエンスハイスクール

SSH研究開発実施報告書/SSH関連 資料・報告書

最近の記事

過去の記事

トピックス

横浜薬科大学との連携事業

2020.09.10

9月10日、生命科学コース1年生と2年生を対象に、横浜薬科大学との高大連携講座が行われました。
今年度中に2回行う予定ですが、10日は薬学・有機化学の話を中心に、横浜薬科大学創薬研究センター長の庄司先生に講義をして頂きました。
1つの薬を開発するのに莫大なお金と期間が必要な事など、薬についての知識が深まりました。
667A6F33-70DD-451A-AEB4-8B6430ADD8DB.jpeg
6641FB59-2050-4DE5-BB31-274422CDD132.jpeg
5E8F5DAA-9EEA-4895-956E-75ECB8EC7235.jpeg

投稿者:tanaka-fu

集まれ!理系女子 オンライン四国大会を開催

2020.08.29

8月29日、「集まれ!理系女子」女子生徒による科学研究発表Web交流会-第3回四国大会-が開催されました。
本大会は昨年度は愛媛大学で開催していましたが、今年度は新しい試みとして、zoomミーティングを利用したオンラインでの開催としました。
教育現場におけるICT活用は急速に進んでいるように感じます。参加したどの学校も上手くつながって発表出来、また愛媛大学の先生方からの講評もいただくことが出来ました。
今回参加して下さった学校及び講評を下さった先生方は以下の通りです。皆様、本当にありがとうございました。
(発表校)
新居浜工業高等専門学校
愛媛県立西条高等学校
愛媛県立今治西高等学校
愛媛県立松山南高等学校
愛媛県立宇和島東高等学校
愛媛大学附属高等学校
清心女子高等学校
(アドバイザー・講師)
堀 利栄 氏(自然科学:愛媛大学大学院理工学研究科)
片岡 圭子 氏(園芸科学:愛媛大学大学院農学研究科)
後藤 理恵 氏(水圏生命科学:愛媛大学南予水産研究センター)
竹内 久登 氏(水圏生命科学:愛媛大学南予水産研究センター)
斎藤 大樹 氏(水圏生命科学:愛媛大学南予水産研究センター)
CIMG1917.JPG
CIMG1920.JPG

投稿者:tanaka-fu

令和2年度SSH生徒研究発表会で奨励賞

2020.08.28

文部科学省と国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)主催による、令和2年度スーパーサイエンスハイスクール(SSH)生徒研究発表会が、オンライン形式で8月7日(金曜日)~8月28日(金曜日)に開催されました。
SSH指定校及び過去に指定経験のある学校222校がポスター発表を行い、書面・動画及びオンラインによる審査が行われました。
その審査結果が28日に発表され、本校は「奨励賞」及び「生徒投票賞」を受賞しました。

審査結果の詳細はこちら
文部科学省報道発表 令和2年度スーパーサイエンスハイスクール生徒研究発表会表彰校の決定について


投稿者:tanaka-fu

第10回高校生バイオサミットで農林水産大臣賞受賞

2020.08.26

8月24日~26日に行われた「第10回高校生バイオサミットin鶴岡(主催:慶應義塾大学先端生命科学研究所・山形県・鶴岡市)」において、本校生徒の研究が農林水産大臣賞を受賞しました。
大臣賞の受賞は4年連続、通算6回目の受賞となりました。
毎年、山形県鶴岡市にある慶應義塾大学先端生命科学研究所にて発表会を行っていましたが、今年は新型コロナウイルスの影響を考慮し、オンラインでの開催となりました。
本校の研究テーマと審査員による講評は以下の通りです。

農林水産大臣賞
ノートルダム清心学園清心女子高等学校 生物部
研究テーマ「種子の発芽調整をもたらす要因 ~種子間で行われる静かなコミュニケーション~」

<講評>
オオバコ種子の発芽調整機構について詳細を明らかにしようとした研究です。近縁種や他植物に与える影響を注意深く調べ、培地pHによる発芽調整活性の違いを見出すなど、興味深い結果を得ています。発芽は農作物を含む植物にとって重要な生理現象であり、この調整機構の解明は今後の農林業における有益な応用研究につながる可能性が高く、農林水産大臣賞にふさわしいと判断しました。

BS10-202005web.jpg
IMG_1586.PNG

投稿者:tanaka-fu