グローバル教育ブログ

最近の記事

過去の記事

SGHアソシエイト

AMDA-MINDS「NGOで働く~グローバル社会でできること~」に参加

2017.06.12

AMDAが主催するAMDA-MINDS「国際協力キャリアセミナー」に本校の生徒が参加してきました。AMDAの職員方々が、どのような「きっかけ」で国際協力に関わるようになり、どんな「経緯」で今に至ったのか、また、毎日どのような「想い」で現場と向き合っているかなどをさまざまなエピソードを交えながら、語っていただきました。講演の後、グループに分かれ、AMDAの職員の方に質問をしました。

IMG_20170609_183703.jpgIMG_20170609_192413.jpgIMG_20170609_193644.jpg

あっという間にセミナーの終了時間を迎えましたが、終わったあとも職員の方に進路の相談をしていました。

IMG_20170609_195700.jpg以下は参加した生徒の感想を抜粋したものです。



今回、講演を聞いたり、質問を聞いたりして、将来の選択肢の中に国際貢献に関する仕事を入れてみようと思いました。質問の中で「社会経験があったほうがいい」というのは初めて聞き、想像もしていなかったので正直驚きました。今回1番思ったことは、将来国際貢献に関わる仕事に就こうかと考えたときに困らないよう今はとにかく英語を勉強しようと思いました。



「世界で一番貧しい国」と言われるシオラレオネという国に行って貢献されたお二人の講師の先生の講演を聞き、それを踏まえたのち、直接、意見交流をしました。 そのうちの一人は大学で法学を勉強し、会社員として何年か働いたのち、国際協力をしている業界に入り、シエラレオネに行ったそうです。また、シエラレオネには行かれていないけれど、豊富な経験をお持ちになる社会人の方々とも交流しました。近年、将来への就職先として大学を卒業してからこの業界の職に就きたいと希望する大学生の方が多いようです。しかし、交流した方々全員が口をそろえて言われたことが、①職に就いた時の待遇が良いので、大学院に行っておいたほうが良いということ、②若くして国際協力業界に入ることは、競争率も高く、また、重大な責任を負うことにもなるので、一度社会人として経験を積んでから入ったほうが良いということを知りました。私は将来、グローバルに生き、発展途上国の人々の生活に貢献できる人材となることを目標としているので、今回の講演会は私の、未熟な国際協力の知識にも、私の将来にも、素晴らしい影響をあたえてくださった気がします。今後も、このような講演会に積極的に参加し、私も成長していきたいと深く感じました。



「発展途上国の人々は、変わり始めている」

講演を聴いて私が最初に思ったことがこれだ。これまで私は「発展途上国の人々の中には勉強の大切さを知らない親が多く、それゆえに、学校に子供が行かずに働き、勉強ができないため賃金の安い仕事にしか就けない」と授業を通して知り、現在でもそうだと思っていた。しかし、今回の講演を聴き、今までの考えがガラッと変化した。多くの人々が勉強の大切さを理解し、また「自分の子どもには苦労させたくない。家計は苦しいけれど、学校にだけは通わせている。」という人々が大半で、これを聞いたとき本当に嬉しかった。途上国の人々も、一歩ずつ前に進み、変わり始めていると強く感じた。今回の講演会で、直接経験者の方のお話を聴き、国際協力というものが「漠然」としたものから「明確になった」ように思う。このような講演会に参加できたことに感謝し、これからも自分の見聞を広げていこうと思った。

投稿者:hashioka

SGH甲子園に参加

2017.03.21

3月19日(日)に、関西学院大学主催のSGH甲子園に参加しました。SGHa校である本校からは3チームが参加し、ポスター発表を行いました。本校では、高校2年生の文理コースと3年生のNDSUクラスの生徒を対象とした総合的な学習として「発展科目」を設定しています。「発展科目」では複数の講座を設けており、今年はその中から「中国語」と「女性」の講座を受講している生徒たちが出場しました。残念ながら受賞には至りませんでしたが、今回の探究活動を通して、生徒たちは社会の諸課題に気付き、探究し、自分の意見をもってそれを主張することの大切さを実感したようです。
各チームの発表要旨は以下の通りです。


「日本の子育て支援のあり方を探る~北欧・アジアの実例より~」
 「日本死ね」保育園不足で待機児童となった保護者のブログが注目を集めました。働く親のための子育て支援制度が日本ではまだ成熟していないことが分かります。子育て先進国と日本の子育て支援制度の制度や態勢を比較研究します。また、貧困により子育てが困難となる事例をアジアの国々と日本国内に調べます。この問題に光を当て、親の労働と子育てへの支援は人の生命にかかわる重大かつ緊急の課題であることを訴えます。
DSCN5047.JPG
「1970年代の日中関係が及ぼした世界への影響」
 中国語の授業で中国残留孤児について学んだことで、日本史や世界史の授業では学べない両国の関係を探究し、より良い関係構築にどうしたら良いかを考えようと思いました。日中2000年の交流の中で、特に明治期以降の人の交流や締結された条約を中心に探究し、その背景や世界史的な意義をグローバルな視点で多角的に考察します。本研究はその第1歩として、日中国交正常化に焦点を当てて考察します。
DSCN5061.JPG
「孝謙・称徳天皇」
 「仏法東帰より斎会の儀いまだかつて此の如く盛なるは有らざるなり」天平勝宝4(752)年、アジアから多くの僧が招かれて大仏開眼供養が行われました。この時の天皇が史上唯一の女性皇太子でもあった孝謙天皇でした。孝謙天皇は仲麻呂をはじめ多くの権力者に囲まれ、政治的発言力は弱かったと言われています。この一大行事を執り行った彼女は政治に対してどのような理念を持っていたのか、ということに興味を持ち調べました。
DSCN5054.JPG

DSCN5079.JPG

投稿者:hashioka

カビテのセンター訪問

2015.09.15

23日は朝からカビテ州シランにあるSt.Magdalene of Canossa Centerを訪問しました。ここはチャイルド・ファンド・ジャパン(CFJ)が支援しているセンターの1つになります。
日曜日のためか、渋滞もなく朝7:45頃マニラを出ると9:30前にはセンターに到着しました。
R0022787.JPG
R0022783.JPG
10:00開始でしたが、本校が支援しているこの地域のチャイルド8人(14歳から17歳)がすでに集まっていたので簡単な自己紹介をした後に交流会を始めました。
まずはセンターのスタッフから事業の説明がありました。英語とタガログ語が混ざったプレゼンだったため、すべてを理解することはできませんでしたが、このセンターではチャイルドの健康面や成長を支援するプログラムやチャイルド同士の交流行事が行われているそうです。また、保護者への支援プログラムも行われており、特にBAYANIHandというグループが、地域の生活面の質の向上を目的に組織され、経済的や支援や就職に関する相談や保護者同士のつながりを持つセミナーなどを実施していることを知りました。
その後、チャイルドたちと話をする機会があり、将来の夢を聞くと、「教師」「ツアーコーディネーター」「ビジネスマン」「海外で働きたい」「welder(溶接工)になりたい」などと語り、さまざまな夢を持って頑張っていることに感心しました。
昼食前にチャイルドたちが通う学校を訪問しました。日曜日のため生徒はいませんが、中を案内してもらいました。小学校は1クラス40人前後に対して、中学・高校は50人くらいだそうです。訪問したBulihan National Highschoolは昨年建て替えたばかりで、非常にきれいな学校でしたが、机が足りずに一部の生徒は床に座って授業を受けているとチャイルドが教えてくれました。
R0022757.JPG
R0022751.JPG

チャイルドの家族も合流し昼食をとった後、実際に2人の自宅を訪問し、交流会は終了しました。
R0022768.JPG
チャイルドおよびその家族との記念撮影
R0022770.JPG
センターの方たちとの記念撮影
R0022804.JPG

投稿者:hashioka

インファンタからマニラへ

2015.09.08

22日の午前にホストファミリーとお別れをする前に1時間ほど散歩しました。
これはアゴス川で、2004年の台風で氾濫し、ホストファミリーの家も流されて現在の場所に引っ越してきたそうです。
わずか4日間の滞在でしたが、ホームステイし、いっしょに時間を過ごすことでその地域の文化や習慣を直接感じることができ、貴重な体験ができました。(左の8人がホストファミリーで、右2人は近所の方です)
R0022704.JPG
R0022706.JPG
インファンタから乗り合いバンに乗車し、マニラに向かいました。乗り合いバンは定員がいっぱいになるまで出発しないため、1時間半も待つことになりました。
R0022710.JPG
11時頃に出発し、途中休憩を1回挟み、16時前に宿泊施設付近に到着しました。乗り合いバンは目的地近くまで移動してくれるので非常に便利でした。料金は200ペソ(約500円前後)でした。
宿泊場所は淳心会本部のC.I.C.Mというところで、翌日ここからチャイルドファンドジャパンが支援するセンターに向かいました。
R0022716.JPG
R0022718.JPG

投稿者:hashioka