• HOME
  • Topics
  • 北海道・沖縄「体感」研修が行われました【高校2年生】
ノートルダム清心学園について

TOPICS

学校の活動

北海道・沖縄「体感」研修が行われました【高校2年生】

2020.09.29

今週は高校2年生が北海道・沖縄へ3泊4日の研修旅行に出発する予定でしたが、新型コロナウイルス感染症の影響で現地を訪問することができなくなりました。

そこで本日、オンラインで校内と現地とを結んだ「体感」研修を実施しました。

※「新たな研修」スタイルということで、KSB瀬戸内海放送に取材していただきました。

北海道コースは、今回訪問する予定だった場所を現地ガイドさんが案内する映像や、旭山動物園を取り上げた映画を鑑賞しました。また、ニセコアウトドアセンターやアイヌ民族博物館「ウポポイ」の方からリモートで講義をしていただきました。

沖縄コースは、基地問題を取り上げた報道番組を鑑賞したのち、佐喜眞美術館館長や朝日新聞那覇総局長からオンラインで講話をしていただきました。また、午後からは琉球音楽の生演奏鑑賞・琉球舞踊の体験があり、生徒は一緒に歌って踊って大いに盛り上がりました。

IMG_2955.JPG

DSC_1134.JPG

DSC_1135.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像

CIMG7281.JPGのサムネイル画像

DSC_1142.JPGのサムネイル画像

CIMG7308.JPG

講師の方は講義のあと生徒からの質問を受けてくださり、双方向でのやりとりを通じて理解を深めることができました。

また、研修の最後にはどちらのコースもお土産の試食があり、生徒は気に入ったお土産を購入することもできました。


事前学習で学び研修旅行を楽しみにしていた生徒たちにとって、現地を直接訪問できなかったことは本当に残念なことですが、現地でもなかなか聞けないお話や体験をすることができ、北海道・沖縄をより深く知ることができた1日になったことと思います。

生徒のみなさんには、今日学んだことをいつか現地を実際に訪問できたときに生かしてくれることを願っています。