ノートルダム清心学園について

TOPICS

学校の活動

クリスマス会

2018.12.15

本日、清心学園ではクリスマス会が行われました。

今年は中学2年生によるクリスマスタブローや中学3年生のキャンドル・サービス、

そして聖歌隊ハンドベルクワイアによる演奏の他に、高校1年生が歌とクイズで

会場を盛り上げてくれました。

IMG_5606.JPG

IMG_5533.JPG

タブローとは、フランス語の絵画の意味からきているものです。

当時の多くの人々は文字を読むことができなかったため、聖書を読むことができず、

クリスマスが近くなると、今の紙芝居のような形で表現してきました。

しかし、時がたつにつれ、現在の舞台形式のように変化しました。

中学2年生はみんなで力を合わせて、イエスの誕生までのお話を演じてくれました。

舞台を大きく使った演出や、登場人物の台詞を英語で話したり、舞台転換の間を

クワイアチャイムの演奏で繋いだりと、たくさんの工夫も見られました。

IMG_5564.JPG

IMG_5542.JPG

また、キャンドル・サービスの起源は古く、ローマ・カトリック教会では

「聖母マリアの清めの日」22日に祝別したろうそくを会衆に分かち、

キャンドルミサが行われました。

それは、世の光であるイエス・キリストが神殿に入られたことを意味しています。

現在の「キャンドル・サービス」は、クリスマス間近の夜、ろうそくの光をかかげ、

イエス・キリストの降誕を祝う礼拝をさしています。

中学3年生はクリスマスの曲を歌いながらイルミネーションのようにキャンドルを

灯し、綺麗な光の演出を見せてくれました。

IMG_5598.JPG

高校1年生によるクリスマスソングのダンスでは、会場全体を使って

元気よく踊る姿に温かい手拍子がおくられました。

その後のクイズでもクリスマスに因んだ3択問題を出題し、参加した保護者や

子どもたちからもの笑顔も見られました。

IMG_5587.JPG

クリスマスまでまだ少しありますが、今年を振り返りながら大切な人に

「ありがとう」を言える日にしたいですね。

本日は寒い中、たくさんのお客様、また保護者の皆様にお越しいただきました。

誠にありがとうございました。