• HOME
  • SSH【スーパーサイエンスハイスクール】ブログ

スーパーサイエンスハイスクール

SSH研究開発実施報告書/SSH関連 資料・報告書

最近の記事

過去の記事

2019グローバル自然探究9日目

2019年8月16日

8月16日(金)は、NERCからの移動日となりました。
朝食後、NERCでお世話になったガイドさんたちと別れを告げ、再び四輪駆動車で悪路を抜けてバスに乗り換え、途中で昼食もとり、クアラルンプールへ向かいました。さらに夕食をとったのちにクアラルンプール空港に到着し、関西空港に向かう飛行機に全員無事に乗り込むことができました。
機内で一夜明ければ、ついに日本に帰国となります。到着は早朝になりますが、そこからさらに列車で岡山へ帰ることになりますので、参加者各自が無事に帰宅するまで、気を抜かずに行動したいと思います。


噂には聞いたことのあるドリアン1908161.jpg
NERCでお世話になったガイドさんとのお別れ1908162.jpg
高速道路移動中に見つけたバナナ農場1908163.jpg
発展中のクアラルンプール市内の渋滞と工事中の建物1908164.jpg

投稿者:sakabe

2019グローバル自然探究8日目

2019年8月15日

8月15日(木)は、午前には、Alona先生の説明を受けてからガイドの案内で3~4人のグループでNERCの建物周辺の植物観察をして、観察内容をまとめたものをプレゼンテーションしました。植物の根・茎・葉の形態に注目するのはもちろんのこと、1本の樹木と一緒に生活している着生植物にも注目して観察しました。
午後は、Norradihahさんの説明を受けてからガイドの案内で4~5人のグループでNERCの建物周辺で虫取り網をもって昆虫を採集しました。採集した昆虫は分類を確認して持ち帰り、それをまとめたものをプレゼンテーションしました。
夜には、ナイトウォークで夜の森での動物たちのようすを観察し、最後にClosing Ceremonyが催されました。参加者にはCertificate of Participationが授与されました。指導していただいたAlona先生をはじめとした皆さんに深く感謝いたします。
研修内容は本日でほぼ終了となり、NERCでも多くの生物に出会い、いろいろなことを経験することができました。明日はとうとう帰路につきます。生徒たちは、日本に向かいながら、マレーシアの自然のついて思い返すのではないかと思います。


朝、植物観察についてAlona先生から説明1908151.jpg
ガイドに質問しながら植物を観察1908152.jpg
たった一本の木の周りに多くの植物が共生1908156.jpg
グループごとに観察内容をプレゼンテーション1908153.jpg
午後、昆虫採集についてNorradihahさんから説明1908154.jpg
虫取り網などを使って昆虫を採集1908155.jpg
採集した昆虫についてプレゼンテーション1908157.jpg
ナイトウォークで出会った昆虫1908158.jpg
Closing CeremonyでのAlona先生の話1908159.jpg
Certificate of Participationの授与1908150.jpg

投稿者:sakabe

2019グローバル自然探究7日目

2019年8月14日

8月14日(水)は、トレッキングを中心に活動しました。
朝は船でNERCからKuala Jasinまで移動し、そこから熱帯雨林の中をUpeh Gulingまでトレッキングしました。ヒル対策としてヒルソックスを装備して臨みました。ガイドのJaiさんや、Alona先生などの先導で、数本の浅い川を足で渡って進み、目的地にて昼食をとりました。
午後からはそこからさらにKuala Marong(Kelah Sanctuary)まで歩き、川の流れが岩を削って作り上げた不思議な景色を目にすることができました。昼食場所に戻ってからさらにAir Biru(Blue Lake)まで歩き、非常に流れが穏やかな水のきれいな池のような川で休憩をとりました。不思議なことにそこの魚はあまり人を恐れず、かなり近寄ってきましたが、そこでブライアン先生やガイドさんも含め一部の生徒は水に入って魚と一緒に泳ぐなどしました。
NERCへの帰りでは天候が崩れ、激しい雨に見舞われてしまいましたが、それも熱帯の醍醐味として経験することができました。
夕食後は、Alona先生による熱帯雨林に関する講義でした。森林とは何か、という問いから始まって、今日見たものを共有し、熱帯雨林についてマレーシアのことを中心に講義をしてくださいました。最後に熱帯雨林や今日のトレッキング、さらに食部全般のことについてまで、質問も受けてくださいました。
本日は、熱帯らしい森林を歩き、さまざまな植物とスコールに出会うことができた充実した一日になったのではないでしょうか。明日は、雨には会わずに予定の活動ができることを祈ります。
研修のようすは以下のようになります。


船で川を上っていく19081401.jpg
ここ数週間降雨がなくて川の水が少なくて船が進みにくい19081402.jpg
ガイドのJaiさんの説明を聞きながら森の中を進みます19081403.jpg
Jaiさんが栄養豊富で食べられる果実を紹介してくれました19081404.jpg
途中からヒルソックスを装備してひざ下の足を守ります19081405.jpg
Upeh Gulingに到着し疲れた顔の生徒たち19081406.jpg
Kuala Marongに到着19081407.jpg
岩場の至る所に不思議な穴があります19081408.jpg
Air Biruに到着19081409.jpg
予定外ですが一部の人は水に入りました19081410.jpg
夕食後のAlona先生による熱帯雨林に関する講義19081411.jpg
講義後に多くの生徒がスタッフにinterviewで交流も19081412.jpg

投稿者:sakabe

2019グローバル自然探究6日目

2019年8月13日

8月13日(火)からマレーシア国立ツン・フセイン・オン大学(UTHM)によるプログラムが本格的にスタートしました。
朝、Endau-Rompin National Parkに四輪駆動車で移動し、Visitor's Complexで昼食をとり、すぐそばにあるPeta村を訪問しました。ちょうど結婚式のある日で多くの人が集まっていて、村長を表敬訪問させていただきました。
その後、Nature Education and Research Centre(NERC)に移動し、宿泊所に荷物を置いてから、まずはNERCについての説明を受けました。
次に、施設横の川でTubing Activityを行いました。
船でNERCに戻って夕食後、大学院生のJimmyさんによる講義「Carcopithecidae of Malaysia」を聴き、今日までに出会ったサルについてまとめをしました。
今日は川でしたが、明日は山に入っていく予定です。ジャングルの中で多くの出会いと気付きがあることを祈ります。


プランテーションの中の悪路を四輪駆動車で進む1908131.jpg
Endau-Rompin National Parkに到着1908132.jpg
Peta村の村長を表敬訪問1908133.jpg
日本で言うなら新郎新婦のひな壇を見学1908134.jpg
NERCについての説明1908135.jpg
Tubing Activity開始1908136.jpg
Jimmyさんのサルに関する講義1908137.jpg

投稿者:sakabe