• HOME
  • SSH【スーパーサイエンスハイスクール】ブログ

スーパーサイエンスハイスクール

SSH研究開発実施報告書/SSH関連 資料・報告書

最近の記事

過去の記事

サイエンスキャッスル2017関西大会

2017年12月23日

12月23日(土)に大阪で開催されたサイエンスキャッスル関西大会で、本校の中学生9件と高校生7件(うち1件は口頭発表も)が課題研究をポスター発表しました。
s1712231.jpgs1712232.jpgs1712233.jpgs1712234.jpgs1712235.jpgs1712236.jpgs1712237.jpg
口頭発表をしたテーマ「未来へつながる花酵母」はサイエンスキャッスル ヤンマー賞を受賞しました。
サイエンスキャッスル 優秀ポスター賞を受賞したテーマは、中学生の「オレンジの値段とビタミンCの関係」「ダンゴムシの交替性転向反応について」の2件と、高校生の「正四面体の極小曲面の面積について」「キノコ栽培の生産力UPに廃材は有効か」の2件でした。

投稿者:sakabe

17校内課題研究発表会

2017年12月19日

12月19日に校内課題研究発表会を行いました。
特に中学生の課題研究発表を中心に、今までやってきた成果をポスターにまとめ、中1~3生徒に向けて紹介しました。
物理や化学、身近な生物の研究など、テーマは非常に多岐に渡っていました。身長と遺伝との関係などについてまとめたものもありました。
聴く側は、ルーブリックを活用して評価を行うと共に、アドバイスや感想をGoodJobシールに書いて発表者に渡します。
また、良い質問をした生徒には、GoodAudienceシールが配られました。
CIMG7527.JPG
CIMG7552.JPG
CIMG7568.JPG
CIMG7583.JPG

投稿者:tanaka-fu

第1回科学コンテスト

2017年12月19日

中学校1年生を対象とした第1回科学コンテストを開催しました。コンテストの内容は自作のストローロケットをどれだけ高く飛ばせるかというものです。

先週の理科の授業で1度試作品を作り、1週間かけてグループでアイディアを出し合い改良してきました。改良するときのルールは、「試作品で使用した部品の数を変えないこと」です。限られた材料の中で試行錯誤して、科学の面白さを実感してもらうことが狙いです。

1srh29.jpg予選前の練習風景です。教室の床と、会場の床でロケットの飛び方が違うことに気づいている人もいました。

2srh29.jpg本番前に最終調整をしているところです。

5srh29.jpg本番の様子です。今回は床上70cmの位置からロケットを落下させました。基準の高さをクリアーすると次のステージに勧めます。審査は高2の生命科学コースの生徒たちがしてくれました。

4srh29.jpg優勝者です。2m近く飛んでいました。おめでとう!

投稿者:miyazaki

サイエンス女子カフェ@山梨に参加

2017年12月16日

12月16日、山梨県立図書館で行われた「サイエンス女子カフェ@山梨」に本校生徒が参加しました。
生命科学コース1年生対象の生命科学Labo(大学での実習)に関連した研究内容をポスターにまとめ、来場者に向けて発表しました。
高校生のポスター発表だけでなく、会場では、様々な大学や企業がブース展示を行っており、科学を身近に感じてもらうこというコンセプトがよく打ち出されていました。
CIMG7473.JPG
CIMG7476.JPG
CIMG7478.JPG
CIMG7483.JPG

投稿者:tanaka-fu