清心女子高等学校SSH

平成28年度スーパーサイエンスハイスクール生徒研究発表会(2日目)

平成28年度スーパーサイエンスハイスクール生徒研究発表会(2日目)

2016年8月11日

昨日に引き続き、今日もSSHの全国大会が行われました。 午前中は、昨日のポスター発表の審査で代表に選ばれた高校による口頭発表が行われました。どの高校の研究もオリジナリティがあり、また非常に興味深いものでした。 午後からは、再びポスター発表の時間が設けられました。今日は発表時間は1時間程度でしたが、昨日同様、興味を持って聞いて下さる方が多く、非常に充実した時間でした。 最後に、表彰式と閉会行事が行わ…続きを見る

平成28年度スーパーサイエンスハイスクール生徒研究発表会(初日)

平成28年度スーパーサイエンスハイスクール生徒研究発表会(初日)

2016年8月10日

SSHの全国大会が始まりました。 開会前に、発表ブースの最終確認を行い、発表のシミュレーションを重ねました。 その後、開会式があり、日本学士院会員・名城大学大学院理工学研究科終身教授の飯島澄男氏による基調講演が行われました。演題は「カーボンナノチューブの発見」で、長年にわたる研究人生について触れたものでしたが、新素材の発見という大きな偉業を成し遂げた背景には、長い歳月に渡る努力があったことが特に印…続きを見る

化学実験研修3日目(鳥取大学)

化学実験研修3日目(鳥取大学)

本日の午前中で、昨日合成した物質をTLCを用いて単離しました。今回合成した物質は紫外線を吸収するので、それを頼りに分子の極性の違いで見分けます。 分けた物質をH-NMRで確認して単離完了です。作りたかった分子は作ることができていたようです。収率は今ひとつでしたが...。 なかなか難しい内容でしたが、楽しく有機合成の実験を体験することができたことでしょう。これをきっかけに有機化学に興味をもってくれる…続きを見る

化学実験研修2日目(鳥取大学)

化学実験研修2日目(鳥取大学)

2016年8月 9日

本日朝から実験がスタートしました。まずは午前中にGrignard試薬の合成に取り組みました。大学の施設で、使ったことのない器具や機械での実験に挑戦しています。なかなか全部を理解するのは難しいですが、頑張っています。どうやら、Grignard試薬は結構うまくできたようです。午後には自分達が作ったGrignard試薬を使った反応に取り組みました。うまくいっているとよいのですが、結果が出るのは明日になり…続きを見る

平成28年度スーパーサイエンスハイスクール生徒研究発表会(前日)

平成28年度スーパーサイエンスハイスクール生徒研究発表会(前日)

8月9日、平成28年度スーパーサイエンスハイスクール生徒研究発表会に出場するため、発表生徒とともに、神戸国際展示場へと向かいました。このSSHの全国大会は今まで横浜や大阪で開催されることが多かったのですが、今年は神戸で行われます。発表生徒は生命科学コース3年生1名ですが、堂々と胸を張って発表してくれることを期待しています。今日は、各校割り当てられた発表ブースにポスターを張ったりするなど、発表準備と…続きを見る

化学実験研修(鳥取大学)

化学実験研修(鳥取大学)

2016年8月 8日

8日から鳥取大学大学院工学研究科を生命科学コースの4人の生徒が訪れています。希望者対象の有機合成化学実験の体験実習です。本日は到着が夕刻であったのでオリエンテーションで研修内容を確認しただけですが、何を自分たちがするのかを説明してもらえました。…続きを見る

ISEF出場 表敬訪問

ISEF出場 表敬訪問

2016年8月 6日

8月1日、今年の5月にアメリカアリゾナ州で行われたIntel ISEF2016に出場した生徒が文部科学省に表敬訪問に伺いました。共にISEFで発表した仲間たちとも久々に再開でき、良いひと時を過ごすことができたようです。文部科学大臣はとてもきさくな方で握手して下さったそうです。 文部科学省の前で仲間たちとともに…続きを見る

生命科学Labo ー広島大学向島臨海実験所での臨海実習③ー

生命科学Labo ー広島大学向島臨海実験所での臨海実習③ー

2016年8月 3日

8月3日、臨海実習の3日目の午前中は、ウニの発生の様子を観察しました。改めてムラサキウニから卵と精子を採取し、受精させ、定期的に観察し、発生の様子をスケッチしました。細胞分裂を次々と行っていく様子を見ると、生きている実感がわきます。昨日採取したウミホタルについても、顕微鏡上で観察しました。 午後は昨日調査した砂泥に棲む生物の生息密度を計算し、海に近いところと遠いところで違いがあるかどうかを考察しま…続きを見る

生命科学Labo ー広島大学向島臨海実験所での臨海実習②ー

生命科学Labo ー広島大学向島臨海実験所での臨海実習②ー

2016年8月 2日

8月2日、実習2日目の午前中は、昨日採集したムラサキウニを使って受精実験を行いました。 受精したかどうかは、卵の周りに受精膜を張っているかどうかで確認できます。また、卵の周りには、保護の役割を持つゼリー層がありますが、墨汁を使って透明なゼリー層の存在も確認できました。 安全のために予めウニの棘をカット ウニの卵 また、ウニの受精の観察の後は、プランクトンネットを用いて、海洋性プランクトンの採集及び…続きを見る

生命科学Labo ー広島大学向島臨海実験所での臨海実習①ー

生命科学Labo ー広島大学向島臨海実験所での臨海実習①ー

2016年8月 1日

8月1日、生命科学コース1年生を対象に、広島大学向島臨海実験所での臨海実習が始まりました。 実習初日はまず、施設到着後、オリエンテーションと施設で行っている研究内容を説明して頂きました。 昼食後、午後は干潮時をねらって潮間帯の生物採集に出かけ、採集できた生物の分類を行いました。 コウイカの卵 砂泥や岩の隙間に隠れている海の生物に出会うことが出来ました。水族館等で見たことがある生物もいましたが、実際…続きを見る

‹ 前へ 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16

このページの先頭へ