スーパーサイエンスハイスクール

SSH研究開発実施報告書/SSH関連 資料・報告書

最近の記事

過去の記事

平成28年度スーパーサイエンスハイスクール生徒研究発表会(初日)

2016.08.10

SSHの全国大会が始まりました。
開会前に、発表ブースの最終確認を行い、発表のシミュレーションを重ねました。
CIMG6642.JPG
その後、開会式があり、日本学士院会員・名城大学大学院理工学研究科終身教授の飯島澄男氏による基調講演が行われました。演題は「カーボンナノチューブの発見」で、長年にわたる研究人生について触れたものでしたが、新素材の発見という大きな偉業を成し遂げた背景には、長い歳月に渡る努力があったことが特に印象に残りました。日々の積み重ねが大事という意味では、科学研究全般、ひいては物事全てに通じるものがあると感じました。
CIMG6664.JPG
CIMG6685.JPG
CIMG6700.JPG
CIMG6714.JPG
CIMG6732.JPG
その後、ポスター発表が行われました。昼食をはさんで約6時間にも渡ったので、非常に長丁場でしたが、多くの方が聞きに来てくださいました。審査委員の先生に対するプレゼンは特に緊張したようでした。
CIMG6823.JPG
CIMG6754.JPG
CIMG6840.JPG
CIMG6881.JPG
明日も、発表時間が設けられているので、1人でも多くの方に研究を紹介したいと思います。

投稿者:tanaka-fu