清心女子高等学校SSH

理系女子大学院生との交流会(大阪府立大学)

2013年8月30日

 8月21日、22日に大阪府立大学女性研究者支援センターと連携した理系女子大学院生(IRIS)との交流会を行いました。生命科学コースの1年生と2年生が参加しました。
 21日は大阪府立大学りんくうキャンパスで、食品中の細菌の染色実験に取り組んだ後、動物病院を見学しました。
 22日は大阪府立大学中百舌鳥キャンパスで、英語ディベートに取り組んだ後、大学院生との交流会を行いました。

sP1060543.jpeg
sP1060590.jpeg
食品中の細菌の染色実験

sP1060598.jpeg
動物病院の見学

sP1060634.jpeg
英語ディベート

【参加した生徒の感想】
《2年生》
*世の中には自分の知らないことがたくさんあるんだなあと改めて思えるほど、新しい情報に溢れた2日間でした。私は動物を飼っていないので今まで動物病院に入ったことすらなかったですが、1日目には細かな設備まで見せて頂いて、新しい分野への興味がわきました。犬や猫の寿命も技術の発展に伴い伸びているそうですが、意思表示ができない動物にとって病気や怪我になりながらも延命治療されるのは喜ばしいことなのか、それともそれは単に人間のエゴなのかという生命倫理的な問題も人間並みにあるのだろうかと考えました。菌の観察では自分たちがふだん課題研究でやっていることが多少なりとも役に立って嬉しかったです。英語ディベートは自分にとって大きな課題を残しました。ティームとして活動する以上は自分が先走ってはダメなのだと痛感し、協力することの重要性を感じました。「大阪府立大学で研修をしてきた」という単なるイベントに終わらせず、自分の短所・課題をこれからの生活でなおしていくことを心がけようと思いました。
*今回、大阪府立大学での研修は普段できないことが経験できてとても充実した2日間でした。大学で実験したり貴重な設備がある実習室を見せてもらったり、とても参考になり感動しました。英語ディベートでは府大の先生や学生さん、ESSの皆さんと一緒に即興でディベートをする高度なことをやらせていただきました。最初はなかなかうまく英語が出てこなくって大変でしたが、学生さんのアドバイスで2回目の論題はいくらか旨く文章を組み立てることができました。今回の研修でとてもたくさんの事を学ばせて頂きました。
《1年生》
*今回の2日間の研修を通して、動物の命の大切さや小さな細菌の生命力を感じることができました。また、英語での即興型ディベートという初めての体験をしたことが、とても勉強になりました。これから2年生になると、英語ディベートもたくさん経験すると思うので、今日の感覚を思い出しながらやっていきたいと思いました。私は将来、動物に関連する職業につきたいと思っているので、府立大で学んだすべてのことを高校3年間で生かしていけたらいいなと思います。
*今回の研修は大学のことをよく知る機会になりました。大学での授業がよくわからない私は理系の授業が実験であることに驚きました。もっと講義が多いものだと思っていたので、とても楽しかったです。大学ではハイテク機器が多く、学ぶ内容がより社会生活につながるのだと感じました。高校で私たちが受けている授業よりも内容が濃く感じました。大学の中に病院があり、実際に獣医師がいるのを見て、自分の夢をより身近に感じられ、経験値も上がったことがとても良かったです。

続きを読む

投稿者 yamauchi : 16:17

SSH全国大会でポスター発表

NO IMAGE

2013年8月 9日

8月7日~8日、パシフィコ横浜で開催された「平成25年度スーパーサイエンスハイスクール生徒研究発表会」で、本校の生徒がポスター発表を行いました。全国のSSH校の生徒が日頃の研究成果を発表する大会です。今年もレベルの高い研究発表が集まりました。 全体会は国立大ホール、ポスター発表は隣接する展示ホールで行われました。 ポスター発表の会場。 本校のポスター発表のブース。 発表テーマは、「有尾類の飼育下で…続きを見る

1

このページの先頭へ