清心女子高等学校SSH

「第3回 中高連携理科教材研究会」 を開催しました

2012年11月29日

【目的】
本年度は、日頃の授業で学習した理科の内容が、社会ではどのように活かされているのかを伝えるため、企業講師と一緒に教材開発を進め、新しい授業風景として、企業と協力した授業作りを提案しました。
企業が持ち込むキャリア教育の一環としての出前授業と異なり、授業の進度を意識したカリキュラムに適応した教材を公開授業として行いました。

【日時】 平成24年11月24日(土) 13:00~15:40
【会場】 清心中学校・清心女子高等学校
【内容】
公開授業① 「細菌類の検出」 《中学3年生 理科》
企業講師 林純薬工業(株) 杉山富二男氏 
 分解者の内容を履修後、食品の衛生検査に使われるペトリフィルムを用いて、身の回りから細菌類の検出を行う。シャーレ培地を用いない現場での細菌検査を体験する。
*授業のねらい*
・分解者である、菌類・細菌類の役割を学習した後に、このような微生物が目には見えないが、身の回りにいることを発見させる。
・食品産業などでは、目に見えない菌類・細菌類に対して、徹底した対策を日頃から行っていることを学び、その労力軽減のために、道具を開発する企業があることを認識させる。

s-IMG_6831.jpg
s-IMG_6837.jpg
s-IMG_6845.jpg
s-IMG_6855.jpg

公開授業② 「PVAとビニロン 水に溶ける繊維」 《高校3年生 化学Ⅱ》
企業講師 (株)クラレ倉敷事業所 桜木功氏
 合成高分子を履修後、習った物質が身の回りのどこに活かされているのか、ポリビニルアルコール(PVA)の派生製品を中心に学習する。水温によって溶解性の異なる繊維を用いた実験も行う。
*授業のねらい*
・構造式と化学反応式で学習した物質(PVA)に実際にふれることで、学習内容を実物と結びつけ、知識の定着をねらう。
・学習した物質が、その特性を活かして、身の回りでどのように利用されているかを学習し、日頃から物質に対する知的好奇心を高める。
・地元の企業の世界一の技術にふれ、化学分野に対する将来像を開拓する。
s-IMG_6869.jpg
s-IMG_6879.jpg
s-IMG_6890.jpg
s-IMG_6912.jpg

実験交流会 
 実際に実験を皆で試してみながら、教員同士の技術の共有を図りました。
*PETボトルからポリエステル繊維をつくる ((株)クラレ倉敷事業所 桜木功氏)
s-IMG_6924.jpg

*拭き取りチェックの行い方(林純薬工業(株) 杉山富二男氏)

s-IMG_6928.jpg

 ご参加いただいた先生方、ありがとうございました。今後も、交流と連携を充実させていきたいと考えております。
参加者のアンケート結果は、こちらをご覧ください。
→ http://www.nd-seishin.ac.jp/news/pdf/no3_questionnaire.pdf

続きを読む

投稿者 yamauchi : 00:06

第4回 集まれ理系女子!女子生徒による科学研究発表交流会 を開催

NO IMAGE

2012年11月 1日

【目的】 ①科学研究に取り組む女子生徒に発表の機会と生徒同士の交流の場を設けることにより、互いに刺激し合いながら研究への意欲を高め、次世代の科学技術を担う女性研究者の育成につなげていく。さらに、理系女子同士の友好を深め、理系進路をめざす仲間意識を育む。  ②大学院等で研究を続ける女性研究者と女子生徒の交流の場を設けるとともに、研究内容や経歴に関する女性研究者の口頭発表や講演を通して、理系女性のロー…続きを見る

平成24年度 SSH研究成果発表会 を開催

NO IMAGE

【目的】 本校生徒によるSSH活動の紹介・課題研究の発表、卒業生による講演、科学研究者による講演を、教育関係者や本校保護者に公開し、SSH事業に関する成果普及と地域の理数教育支援を図る。 また、併設の中学校も含む全校生徒が参加することによって、理数分野に対する興味・関心の向上を図るとともに、理系女子学生を育てるキャリア教育プログラムとして位置づける。 【日時】 平成24年10月26日(金) 午前1…続きを見る

1

このページの先頭へ