スーパーサイエンスハイスクール

SSH研究開発実施報告書/SSH関連 資料・報告書

最近の記事

過去の記事

2011年8月

夏期有機化学実験研修

2011.08.27

実施日:平成23年8月16日(火)~18日(木)
場所:鳥取大学大学院工学研究科(化学・生物応用工学専攻応用化学講座)
目的:
今年度の課題研究授業において「環境化学」分野を選択している生徒たちが,化学分野の最先端を研究し
ている大学の研究室で,大学の先生や大学院生の指導のもとに大学の設備を使用した本格的な有機化学実験を体験することで,実験手法やその考え方の習得,今後の活動の参考および励みとし,さらに大学での研究に対する興味の喚起を目的とする。
講師:伊藤敏幸教授,大学院生2名
内容(概要)
1日目
午後 オリエンテーションおよび実験内容説明
2日目
午前 有機合成反応実験の準備(Grignard 試薬の滴定による濃度決定)
午後 有機合成反応実験「Grignard 試薬による1-phenylpentan-1-ol の合成」
有機合成反応実習の続き(TLC による分離精製)
3日目
午前 有機化合物機器分析実習(1H-NMR およびGC-MS)
午後 実験のまとめ,片付け

s-sP1040103.jpg
オリエンテーション
s-sP1040139.jpg
実験の準備
s-sP1040168.jpg
合成反応の基質混合
s-sP1040190.jpg
抽出操作
s-sP1040200.jpg
TLC 準備
s-sP1040230.jpg
NMR 測定

生徒の感想
◎内容が難しかったけど,先輩方がていねいに教えてくれたからわかった!楽しかったです。
◎実験を実際にやりながらの説明は分かりやすく,手伝ってもらいながら何とかできた。今までの授業での実験は,身体への危険,失敗することの可能性について感じることはなかったが,この実験を体験し,「研究」の難しさが分かった。
◎難しいところもあったけど,実験は興味深いものでした。分子をつくる過程が分かり,もっと深く勉強してみたいと思いました。高校ではできないようなこともあって,とてもよい体験ができたと思います。

投稿者:yamauchi

岡山大学、鳥取大学での課題研究発表

2011.08.26

7月29日、岡山大学で開催された「第6回 高校生・大学院生による研究紹介と交流の会」で課題研究の成果をポスター発表しました。

s-岡山大での発表-1.jpg
「振動磁場中での磁石の運動」について発表

s-岡山大での発表-2.jpg
「ブロッコリーの生長と添加物による差異の秘密」について発表

どちらのグループも初めてのポスター発表でしたが、熱心に研究成果を伝えようとしていました。また、他校の生徒や大学院生の研究発表から良い刺激を受けたと思います。

7月30日、鳥取大学で開催された「 応用物理学会中国四国支部 日本物理学会中国支部・四国支部 日本物理教育学会中国四国支部 2011年度支部学術講演会における ジュニアセッション」で数理科学課題研究の成果を口頭発表しました。

s-鳥取大での発表.jpg

他校の生徒、大学教授・大学院生の前で口頭発表し、新たな課題の発見やプレゼンテーションの難しさが分かったので、今回の発表をもとに、今後も課題研究に取り組んでいき、次回の研究発表はさらに良いものにしたいと思います。

投稿者:yamauchi

学校設定科目「自然探究Ⅰ」(蒜山研修)

2011.08.25

実施日:平成23年7月26日(火)~30日(土)
場所:鳥取大学農学部附属フィールドサイエンスセンター教育研究林「蒜山の森」
目的:
大学の施設で大学の先生およびTA として女子大学生の指導のもと,森林に関係する野外実習を体験し,環境と自然に対する理解と興味を深め,関心を喚起する。さらに,女子大学生の卒論研究の内容も知ることで,進路選択の参考となるさまざまな材料を提供する。
講師:佐野淳之教授,鶴崎展巨教授,山田信光先生,TA 女子大学生(4年生)4 人
内容(概要)
7/26
16:00~ 講義「諺にみる自然と生きもの」(山田信光先生)
20:00~ 講義「生物多様性と地球温暖化」(佐野淳之先生)
      女子大学生による卒論研究内容の発表(2件)
7/27
9:00~  林業体験(スギの枝打ち)および森林観察用ジャングルジムによる森林観察
13:00~  講義「森林調査用測定器具と使用法:(TA)
      樹木識別実習(佐野淳之先生)
21:00~ 樹木識別確認テスト
7/28
9:00~  森林調査(ブナ稚樹プロット探索・修復・調査,ブナ林プロット全木調査)
20:00~ 森林調査データについて解説と分析(佐野淳之先生)
7/29
9:00~  ザトウムシ採集・精巣細胞プレパラート作り実習(鶴崎展巨先生)
15:30~ 講義「ザトウムシの分類と分布・変異」(鶴崎展巨先生)
20:30~ 森林調査データについて解説と分析(佐野淳之先生)
      女子大学生による卒論研究内容の発表(2件)
7/30
9:00~  森林調査データについて解説と分析(佐野淳之先生)
      木材加工体験(材の切断)

s-sP1030424.jpg
山田先生の講義

s-sP1030458.jpg
佐野先生の講義

s-sP1030496.jpg
林業体験

s-sP1030528.jpg
森林調査測定器具講義

s-sP1030599.jpg
樹木識別実習

s-sP1030766.jpg
森林調査

s-sP1030834.jpg
ザトウムシ採集

s-sP1030872.jpg
ザトウムシ標本作り

生徒の感想
◎今までの植物や動物への接し方を見直す機会になったと思います。これからは今回の研修を思い出しながら,生物と触れ合っていきたいと思います。
◎この研修で自分自身が成長できたと思います。森林や昆虫と接することによってとても意欲がわき,粘り強く調査することの大切さを学ぶことができました。森林調査や枝打ちをして,もっと勉強したいと思ったので,また定期的に戻ってきたいと思います。とても楽しかったです。
◎TA の人たちのプレゼンテーションを聞くことによって,分かったこともたくさんあって勉強になった。森林の中に入ってブナの木やヒノキ,スギなどを見ていくうちに自分のためになった。また,視野が広がった。大学では,こうしてみたいというのはまだよく分からないが興味が持てた。研修に参加できたことを誇りに思います。
◎4 泊5 日という,結構長い間研修をしてみて,森林を調べたり,考えたりすることの楽しみや充実感を味わうことができました。
◎最初思っていたよりずっと価値のある体験ができました。これからの勉強にとても役立つと思いました。特にザトウムシの研究について興味を持てました。またこのような合宿に参加したいです。

投稿者:yamauchi

「集まれ!理系女子 第3回女子生徒による科学研究発表交流会」ポスター発表募集中! 

2011.08.01

「集まれ!理系女子 第3回女子生徒による科学研究発表交流会」を10月29日(土)に、JR福山駅前の福山大学社会連携研究推進センターで開催します。
【日程】
平成23年10月29日(土)
9:30~10:00  受付、ポスター掲示・準備
10:00~10:10 開会行事
10:10~12:00 女子生徒によるポスター発表
~昼食・休憩~
13:00~13:50 女子生徒によるポスター発表
14:00~15:00 女子大学生・大学院生による口頭発表
15:10~16:00 講演「研究室の女性研究者がどのような経緯で加藤研究室に至ったか」
講師 東京大学分子細胞生物学研究所教授 加藤茂明 氏
16:10~16:30 閉会行事

【会場】 
福山大学社会連携研究推進センター(宮地茂記念館) ※JR福山駅北口から徒歩1分

【参加者募集】
ポスター発表は公募です。ポスター発表の申し込み〆切は9月30日(金)です。
*発表募集対象
 岡山県・広島県の高等学校および全国SSH校の女子生徒による、授業や課外活動における科学研究のポスター発表をSSH校に限らず広く募ります。
*一般参加募集対象
 中学生・高校生(男子生徒含む)及び教員、教育関係者や地域の一般の方々。

【お問い合わせ先・参加申込み先】
ノートルダム清心学園清心女子高等学校 担当:室山
TEL: 086-462-1661
FAX: 086-463-0223
E-mail: muroyama@nd-seishin.ac.jp

※本校ホームページにも申込みフォームがございますのでご利用下さい。
http://www.nd-seishin.ac.jp/exchange_form/
 

投稿者:yamauchi