スーパーサイエンスハイスクール

集まれ!理系女子 第9回

SSH研究開発実施報告書/SSH関連 資料・報告書

最近の記事

過去の記事

2010年6月

第2回SSH科学英語研究会を開催しました

2010.06.26

 本校では、「女性の科学技術分野での国際的な活躍を支援できる教育モデルの構築」をめざして、4年間SSH校として研究開発に取り組んできました。
 5年目となる平成22年度は、これまでの研究成果を普及するために、「教材・カリキュラム開発」を強化するとともに、「地域の理数学習支援」や「女子生徒の理系進路選択支援」を継続し充実させていきます。
 主な計画は次の通りです。
1.教材・カリキュラム開発
 ①大学と連携した「実験教材開発」
 ②科学英語のカリキュラム開発と研究会の開催
2.地域の理数学習支援
 ③SSH研究成果発表会・研究授業の公開
 ④地域の児童生徒・市民対象の科学教室の開講
3.女子生徒の理系進路選択支援
 ⑤女子生徒による科学研究発表交流会の開催

 「②科学英語のカリキュラム開発と研究会の開催」について、本校の公開授業をもとにして科学英語の充実に向けた第2回科学英語研究会を6月26日(土)に開催しました。
 昨年6月、第1回科学英語研究会を開催し、生命倫理に関わるディベートの授業と外国人講師による解剖実習の授業を公開し、研究協議で多くのご助言を賜りました。今年度、昨年の成果をふまえ、2つのタイプのディベート授業を公開しました。
 当日は東北・関東や九州の学校からも参加していただき、県外23校・県内13校から50名を超える多数の皆様方に本校の取り組みを紹介することができました。今回の研究会が科学英語をテーマとした各校の今後の取り組みの参考となれば幸いです。研究協議では、ご指導、ご助言を賜り、ありがとうございました。
 今後も、本校の取り組みに関心をお寄せいただき、多くの学校や地域の方々との交流の機会を持ちたいと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。
 本校では2学期に、「③SSH研究成果発表会・研究授業の公開」、「⑤女子生徒による科学研究発表交流会の開催」を以下の日程で計画しております。ご参加をお待ちしております。
 10月29日(金)SSH研究成果発表会 (会場:清心女子高等学校)
 10月30日(土)集まれ!理系女子 第2回 女子生徒による科学研究発表交流会
                  (会場:福山大学社会連携研究推進センター)

 第2回科学英語研究会の公開授業①は、
 生命科学コースの2年生による英語ディベートを行いました。
 小学校の飼育動物に関する調査研究に基づくシナリオディベートで、生徒達が実際に調査し、自分達で論点を考え、英語で原稿を作成したものを、ディベート形式で発表しました。

IMG_3397.jpg
IMG_3404.jpg
論題は「We should stop keeping animals as pets in Japanese elementary schools.」

IMG_3424.jpg
IMG_3431.jpg
comments from judges

 公開授業②は、NELP(Native English Language Program)の1年生によるディベートを行いました。
 「豚のいた教室」という映画を視聴し、その内容を踏まえた論題を設定しました。Nativeの教師による指導のもと、自らの主張とは異なる立場に立っても論理に一貫性を持たせ、相手を説得する経験をして、英語によるコミュニケーション能力、プレゼンテーション能力を養うことを主眼としました。

IMG_3441.jpg
IMG_3452.jpg
IMG_3460.jpg

論題は、「Should Seishin Girls’ High School create a program through which students will raise,nurture and ultimately slaughter a pig for meat and other products.」

投稿者:yamauchi

福山大学での「生命科学実習Ⅰ」

2010.06.12

6月12日、生命科学コース1年生を対象に「生命科学実習Ⅰ」第1回実習が、福山大学生命工学部生物工学科で行われました。「生命科学実習Ⅰ」では、福山大学生命工学部の生物工学科・海洋生物学科・生命栄養科学科の3学科で年3回の実習を行い、生物学における幅広い知識・技術を学びます。
実習は小グループに分かれて行い、各グループにそれぞれ大学の先生と学生TAがついて、きめ細やかな指導を受けます。
第1回目は「大学の実験室や研究室を覗いてみよう!」というタイトルで実施されました。
午前中は、「生命科学とはどんな学問分野?」というテーマで秦野琢之先生による講義が行われました。生命科学といわれる分野は幅が広く奥の深い学問を含んでいること、生命科学の成果はどんなところへ活用されているかなどを学び、「どんな学問をしてみたいか?」「将来どんな分野の仕事をしたいか?」について考える材料を提供されました。

2010年6月12日福山大学生物工学科 007.jpg

午後からは、白衣を着て生物・化学実験を4つの少人数グループに分かれて行いました。生物工学科の先生や学生の方々に指導を受けながら、積極的に実験に取り組みました。

実験1「DNAの抽出と電気泳動による分離」(遺伝子工学研究室)

2010年6月12日福山大学生物工学科 071.jpg
2010年6月12日福山大学生物工学科 085.jpg

実験2「見る技術(実体顕微鏡・走査型電子顕微鏡)」(動物細胞工学研究室)
2010年6月12日福山大学生物工学科 030.jpg
2010年6月12日福山大学生物工学科 047.jpg

実験3「果物や飲み物など食物に含まれるブドウ糖の量を測定しよう」(酵素工学研究室)
2010年6月12日福山大学生物工学科 057.jpg
2010年6月12日福山大学生物工学科 088.jpg

実験4「植物の色の変化を調べよう」(植物細胞工学研究室)
2010年6月12日福山大学生物工学科 020.jpg
2010年6月12日福山大学生物工学科 075.jpg

生徒達は大学で、大学の先生や学生の指導のもとで、高校で学習する内容よりも高度な内容の実験を体験することにより、科学実験に対する興味・関心を高めることができたと思います。最後に、大学の先生方、学生の皆さんと記念写真を撮りました。生物工学科の先生方、学生さんには丁寧にご指導頂き、ありがとうございました。
2010年6月12日福山大学生物工学科 093.jpg

投稿者:yamauchi