スーパーサイエンスハイスクール

集まれ!理系女子 第9回

SSH研究開発実施報告書/SSH関連 資料・報告書

最近の記事

過去の記事

2009年9月

高大連携「生命科学実習Ⅰ-海洋生物科学」

2009.09.26

9月26日(土)、生命科学コース1年生を対象に「生命科学実習Ⅰ」第2回実習が、福山大学生命工学部 海洋生物科学科で行われました。「生命科学実習Ⅰ」では、福山大学生命工学部の生物工学科・海洋生物科学科・生命栄養科学科の3学科で年3回の実習を行い、生物学における幅広い知識・技術を学びます。
実習は小グループに分かれて行い、各グループにそれぞれ大学の先生と学生がついて、きめ細やかな指導を受けます。
第2回目の海洋生物科学科では、午後は3つのグループに分かれて実験・実習が行われました。
第1グループは、「海藻の光合成色素の分離」を行いました。

2009年9月福山大海洋生物学科 001.jpg
2009年9月福山大海洋生物学科 032.jpg
2009年9月福山大海洋生物学科 058.jpg

第2グループは、「海洋動物の形態観察 ~おもに軟体動物を中心として~」。
頭足類(イカ)の解剖と観察に取り組みました。
2009年9月福山大海洋生物学科 029.jpg
2009年9月福山大海洋生物学科 039.jpg
2009年9月福山大海洋生物学科 045.jpg

第3グループは、「魚類の解剖」。
マダイとヒラメの採血と解剖にチャレンジしました。
2009年9月福山大海洋生物学科 006-2.jpg
2009年9月福山大海洋生物学科 025.jpg
2009年9月福山大海洋生物学科 049.jpg

海洋生物科学科の先生方、学生・院生の皆さんにお世話になり、充実した実習を行うことができました。
ありがとうございました。
福山大学生命工学部 海洋生物科学科のHPはこちらです。
→ http://www.fukuyama-u.ac.jp/life/marine/index.html

投稿者:yamauchi

日本植物学会第73回大会(山形)で発表

2009.09.24

9月19日(土)、日本植物学会第73回大会(山形)「高校生による研究成果の展示発表」に、生命科学課題研究時間生物学研究班のメンバーが参加し、研究発表を行いました。
発表テーマは「花の開閉リズムの環境への適応」と「植物の時差ぼけについての研究」の2テーマでした。山形県内の高校の参加が中心でしたが、他県からは本校も含め、青森や京都からの参加もありました。時間生物学研究班の生徒にとって、研究成果についてのディスカッションはとても良い経験になったと思います。
発表後は表彰式が行われ、2テーマとも優秀賞をいただきました。

発表会場の山形大学小白川キャンパス.jpg
発表会場の山形大学小白川キャンパス
発表会場前のポスター.jpg
発表会場前のポスター
ポスターの貼り付け.jpg
ポスターの貼り付け
会場内の様子.jpg
会場内の様子
「花の開閉リズムの環境への適応」の発表.jpg
「花の開閉リズムの環境への適応」の発表
「植物の時差ぼけについての研究」の発表.jpg
「植物の時差ぼけについての研究」の発表
本校運営指導委員の佐野先生も見て下さいました.jpg
本校運営指導委員の佐野先生も見て下さいました
発表後の表彰式.jpg
発表後の表彰式

同じ日に、日本動物学会第80回静岡大会中学高校ポスター発表にも4テーマで参加し、4件とも優秀賞をいただきました。
こちらをご覧ください→http://www.nd-seishin.ac.jp/bio/2009/09/80_1.html

投稿者:yamauchi