スーパーサイエンスハイスクール

集まれ!理系女子 第9回

SSH研究開発実施報告書/SSH関連 資料・報告書

最近の記事

過去の記事

2009年5月

生物系三学会高知大会で最優秀プレゼンテーション賞受賞!

2009.05.18

5月16日に、生物系三学会中国四国支部大会高知大会が高知大学で行われ、本校の課題研究内容をポスターにまとめて発表しました。
発表は研究分野によって動物・植物・生態の3分野に分かれて行われましたが、総発表件数は52件であり、高校生の研究発表会としては大規模なものでした。本校からは動物・植物・生態の3分野にそれぞれ1テーマずつ、合計3テーマの研究内容を発表しました。
発表後、行われた表彰式で、動物分野の研究発表「オオイタサンショウウオの幼生期の生存率に影響を与える原因は何か」が優秀プレゼンテーション賞を、生態分野の研究発表「人工林と自然林ではどちらが二酸化炭素吸収能力が高いか」が最優秀プレゼンテーション賞を受賞しました。

IMG_1955.jpg
発表に参加した生徒達
IMG_1974.jpg
ポスターを貼り付けて発表準備
IMG_1979.jpg
会場の様子
IMG_1989.jpg
植物分野「カタバミ科2種の就眠運動リズムの解析」の発表
IMG_2002.jpg
動物分野「オオイタサンショウウオの幼生期の生存率に影響を与える原因は何か」の発表
IMG_2044.jpg
生態分野「人工林と自然林ではどちらが二酸化炭素吸収能力が高いか」の発表
IMG_2067.jpg
表彰後の記念撮影。優秀プレゼンテーション賞と最優秀プレゼンテーション賞を受賞しました。

投稿者:yamauchi

清心中学校SPP事業 中3環境学習

2009.05.11

清心中学校は、平成21年度「サイエンス・パートナーシップ・プロジェクト(講座型学習活動)」に採択されています。「サイエンス・パートナーシップ・プロジェクト(SPP)」は、学校等と大学・科学館等の連携により、生徒の科学技術、理科・数学に関する興味・関心と知的探究心を育成する活動に対してJSTが支援するもので、研究者等を講師とする、観察・実験・実習等の体験的・問題解決的な活動を中心とした学習活動を行う企画です。
清心中学校のSPP事業は、「生きものに触れて自然を体感して環境を考える」というテーマで、5月と10月の2回計画されています。第1回目が5月9日(土)、中学3年生全員を対象に、岡山県自然保護センター内の環境を利用して実施されました。
動物分野の学習では、水田や川に棲んでいる様々な動物を、生徒が実際にその中へ入って行き、探し出して触れながらそれらの動物について指導員に解説してもらいました。

P1000100.jpg
P1000103.jpg

更に、水辺や山にある様々な植物にも触れながら、指導員に解説してもらいました。
今回の活動を通して、普段は積極的に接することの少ない動植物に対する理解を深め、動植物そのものだけではなく、その生活環境にも目を向ける視点を学びました。
P1000231.jpg
P1000238.jpg

投稿者:yamauchi