清心女子高等学校SSH

第3回ボルネオ海外研修報告 その1(1/8)

2009年4月 2日

 マレーシア国立サバ大学連携「第3回ボルネオ海外研修」が3月24日(火)~4月1日(水)に行われました。
 参加者は、生命科学コース・文理コースの1・2年生希望者17名。
 この海外研修は、マレーシア・サバ州(ボルネオ島)で、海外との大学と連携して「環境教育・国際理解」をテーマにした研修をすることによって、国際的な視点で環境問題を見る目が養われるとともに、英語運用能力・表現力を身に付けることをめざしています。
【研修の目標】
 ○熱帯の「種の多様性」についての体験学習
 ○国外の大学での研究・講義の体験
 ○SSHの課題研究発表をきっかけにした国際交流の促進
 ○科学英語の実践
【これまでの経過】
 2006年3月 マレーシア・サバ州(ボルネオ島)の国立サバ大学に
         高校生の環境学習を中心とした研修への協力を依頼し、合意。
 2007年3月27日~4月3日 第1回ボルネオ研修旅行を実施。参加生徒16名。
 2008年3月25日~4月2日 第2回ボルネオ研修旅行を実施。参加生徒14名。
 2009年3月24日~4月1日 第3回ボルネオ研修旅行を実施。参加生徒17名。
【研修地の特徴】
 研修地であるサバ州はマレーシア国を構成する13州の1つで、ボルネオ島の北端に位置し、北緯4度8分~7度22分、東経115度7分~119度17分に広がる。面積は北海道よりやや小さい。民族は、先住民であるカダサン・ドゥスン族、バジャウ族やマレー系、中国系、インド系など。宗教はイスラム教、キリスト教、仏教、儒教、ヒンドゥー教などが含まれ、多民族・多宗教で構成された地域である。言語はマレー語・英語・民族語。気候は概して高温多湿。低地の木陰における日中の平均気温は27℃、最高でも34℃を超える日は少ない。
【連携先】
 連携している国立サバ大学(UNIVERSITI MALAYSIA SABAH 略称UMS) は、1994年にマレーシア国立大学として分離独立した2番目の国立大学。ボルネオ島サバ州の州都コタキナバルにメインキャンパスがあり、理工学部・経済学部・社会科学部などの学部と熱帯生物保全研究所・海洋生物研究所などの研究所からなる。大学構内はとても広く、水族館も併設。
 本校のボルネオ海外研修は、サバ大学の熱帯生物保全研究所(Institute for Tropical Biology & Conservation 略称ITBC)と連携した「Global Generation Programme」として企画実施されている。

IMG_0787.jpg

研修プログラムの参加証。ITBC-UMS(サバ大学 熱帯生物保全研究所)と清心女子高等学校との連携プログラムです。(SEISHINがSHEISHINになっていますが…)
IMG_0148.jpg
広大なサバ大学のジオラマ。充実した設備と快適な環境。

3月24日(火)
 岡山駅から関西空港へ。
 関西空港からマレーシア航空でサバ州の州都コタキナバルへ。(約5時間30分、時差は1時間遅れ)
 着後、Kinabalu Hostel へ。
IMG_0170.jpg
コタキナバルでの宿泊場所 Kinabalu Hostel 

続きを読む

投稿者 yamauchi : 19:45

第3回ボルネオ海外研修報告 その2(2/8)

NO IMAGE

2009年4月 2日

3月25日(水) 午前 サバ大学(UMS)へ     熱帯生物保全研究所(ITBC)      BORNEENSIS(生物の標本室)訪問     サバ大学本部      UMS Galery(大学の研究活動や科学展示)訪問      UMS Museum(大学の歴史や行事の展示)訪問 午後 現地の高校(Maktab Nasional)と交流 生物標本室には昆虫のコレクションが数多くありました。 熱…続きを見る

第3回ボルネオ海外研修報告 その3(3/8)

NO IMAGE

3月26日(木) 午前 サバ大学(UMS)へ     熱帯生物保全研究所(ITBC)での英語による講義      「昆虫の多様性」、「植物の多様性」、      「動物の多様性」、「伝統知識と薬草」 午後 大学内の水族館訪問     熱帯生物保全研究所(ITBC)での英語による講義      「ネーチャーツーリズム」、「環境保全」     本校生徒による課題研究の英語プレゼンテーション(2グループ…続きを見る

第3回ボルネオ海外研修報告 その4(4/8)

NO IMAGE

3月27日(金) 午前 コタキナバル・ウェットランドへ      町の中心に残された24ヘクタールのマングローブ林湿地帯。      野鳥やトビハゼ、泥カニなどの動植物の観察。 午後 Klias半島へ      コタキナバルの100キロ南西に位置しているこの半島には、      約130000ヘクタールの大規模な湿地林が広がっている。      ここでは、国連開発計画(UNDP)の支援を受けて、 …続きを見る

第3回ボルネオ海外研修報告 その5(5/8)

NO IMAGE

3月28日(土) 午前 キナバル公園へ      ボルネオ島最北部に聳えるキナバル山は標高4095m。2000年には世界遺産に登録。      公園はキナバル山塊を取り囲むように広がり、公園本部は標高1600m。      ビジターセンターでキナバルの自然環境についてのビデオを鑑賞した後、      公園スタッフの説明を聴きながら山岳植物園でのネイチャー・ガイドウォーク。      その後、キナバ…続きを見る

第3回ボルネオ海外研修報告 その6(6/8)

NO IMAGE

3月29日(日) 午前 Tunku Abdul Rahman Parkへ      トゥンク・アブドゥル・ラーマン公園は、コタキナバル市街からボートで15分程に浮かぶ      豊かな熱帯雨林と珊瑚に囲まれた海洋自然保護区。      5つの島からなり、美しいビーチをもつマヌカン島(Manukan Island)を訪れました。      コタキナバルのジェッセルトン・ポイントからボートでマヌカン島…続きを見る

第3回ボルネオ海外研修報告 その7(7/8)

NO IMAGE

3月30日(月) 午前 サンダカンへ      早朝、コタキナバル空港からマレーシア航空でサンダカン空港へ     セピロク・オランウータン リハビリテーション センターへ      サンダカンからバスで、西24㎞に位置するカビリ・セピロク保存林へ。      この保存林の入口にオランウータンリハビリセンターがある。      まず、インフォメーションセンターでオランウータンリハビリセンターの  …続きを見る

第3回ボルネオ海外研修報告 その8(8/8)

NO IMAGE

3月31日(火) 午前 スカウを発って、ゴマントン洞窟群へ      サバ州で最大の石灰岩洞窟のひとつ。      高価な中華料理の材料となるツバメの巣の採取が行われている。      休息するコウモリとアナツバメ、夥しい数のゴキブリを見学。     ゴマントンからサンダカンへ 午後 サンダカン空港からコタキナバル空港へ      コタキナバル空港で研修に同行していたサバ大学の担当者とお別れ。  …続きを見る

1

このページの先頭へ