スーパーサイエンスハイスクール

集まれ!理系女子 第9回

SSH研究開発実施報告書/SSH関連 資料・報告書

最近の記事

過去の記事

2008年11月

岡山光量子科学研究所研究員による講義

2008.11.29

 11月25日(火)に、文理コースの数理科学課題研究選択者を対象に、岡山光量子科学研究所の研究員石本志高氏による理論物理についての講義が行われました。
 海外での研究生活の話に始まり、岡山光量子科学研究所についての説明が行われ、研究者になるためにはどうすればよいかも話して下さいました。
 後半は、今年ノーベル物理学賞を受賞した南部陽一郎氏の研究内容(自発的対称性の破れ)についての説明でした。一般的な「対称性」や、物理理論での「対称性」についての説明を皮切りに、ノーベル賞受賞理論の内容を細かく教えて頂きました。
 聞き慣れない言葉も多かったですが、ホットな話題ということもあって生徒達は理解しようと頑張っていました。

IMG_0824.jpg
海外での生活について
IMG_0839.jpg
岡山光量子科学研究所の研究設備について
IMG_0844.jpg
研究者になるにはどうしたらよいか
IMG_0871.jpg
IMG_0896.jpg
ノーベル賞受賞理論についての説明

投稿者:yamauchi

大学生・大学院生による実験指導・講義

2008.11.28

 11月には、大学生による実験指導や大学院生による講義が行われました。
 実験指導では今年度も、岡山理科大学の女子学生による化学・生物実験を、生命科学コース1・2年生を対象に本校の実験教室で行いました。
 理系に進学した女子学生が高校での教育活動に関わることによって、身近な理系のロールモデルを提示することを目的としています。

2008.11.岡山理大学生実験指導 027.jpg
1年生対象の生物実験「酵素反応とpH」
2008.11.岡山理大学生実験指導 017.jpg
2年生対象の化学実験「鉄のイオンの性質を確認する」

 文理コース2年生は、岡山大学理学部物理学科の数理物理学研究室を訪問し、大学院生から物理学科での生活、研究内容、大学生活などについて講義・説明をして頂きました。
 研究内容は「アルカリ金属の気体を超低温状態にした場合の性質変化についての理論的研究」でしたが、理論物理学と実験物理学との違いについても説明して頂きました。
 原子の温度を低くすると、その振る舞いでは各々の状態(波動)が互いに重なり合うので、普通のときとはずいぶん違う性質を示すそうです。その例が、超伝導(電気抵抗がゼロ)になったり、粘性がゼロになったりすることですが、それらの理論的な説明について研究しているそうです。
 研究内容以外にも、大学での生活、勉強、飛び級、アルバイト、サークル活動などについても話して頂き、大学生活に興味をもつことができる内容でした。

2008.11大学生講義-2.jpg

投稿者:yamauchi

高校化学グランドコンテストに参加

2008.11.10

11月2日(日)、大阪市立大学で開催された「第5回高校化学グランドコンテスト」(主催:大阪市立大学、大阪府立大学、読売新聞大阪本社)に、生命科学コース2年生が参加しました。
ポスター発表では、審査の結果選ばれた30件の研究が発表。
本校からは、化学グループの課題研究「イオン液体を溶媒に用いたエステル化反応の条件検討」が選ばれ、発表を行いました。

P1040973.jpg
P1040957.jpg
ポスター発表では、研究グループ全員が一人ずつ発表しました。
P1040942.jpg
来場者の質問や意見は、これからの課題研究の参考になりました。
P1040974.jpg
他校の発表は、発表の仕方など参考になりました。


投稿者:yamauchi

2008年度SSH研究成果発表会を開催

2008.11.07

10月31日(金)、11月1日(土)、本校を会場に、2008年度SSH研究成果発表会を開催しました。
県内・県外からの学校・教育関係者や、本校保護者にご参加いただき、中学・高校全学年の本校生徒も参加した学校全体としての発表の場となりました。ご来校いただいた皆様、ありがとうございました。

10月31日(金) 13:55~15:35 生命科学コース公開授業 
①1年生 生物 『イモリ胚の発生観察と卵の結紮実験』

2008.10.31-11.1SSH研究成果発表会 023.jpg
2008.10.31-11.1SSH研究成果発表会 021.jpg

②1年生 科学英語 『移植』『インフォームド・コンセント』
2008.10.31-11.1SSH研究成果発表会 015.jpg
2008.10.31SSH研究成果発表会 037.jpg

③2年生 化学 『旋光計の組み立て』『光学異性体の構造と性質』
2008.10.31SSH研究成果発表会 004.jpg
2008.10.31-11.1SSH研究成果発表会 013.jpg

11月1日(土) 9:40~11:10 生命科学コース公開授業
④1年生 『発生学・英語による研究者の講義』
      講師:Raj Ladher氏(発生・再生科学総合研究センター感覚器官発生研究チーム)
2008.11.1SSH研究成果発表会 002.jpg
2008.10.31-11.1SSH研究成果発表会 026.jpg
2008.11.1SSH研究成果発表会 014.jpg

11月1日(土) 11:30~12:30 記念講演 『理系に行こう』
          講師:治部眞里氏(独立行政法人科学技術振興機構)
2008.10.31-11.1SSH研究成果発表会 009.jpg
2008.10.31-11.1SSH研究成果発表会 007.jpg

11月1日(土) 13:30~15:00 生徒課題研究発表
①森林のCO2吸収量の推定(生命科学コース1年生)
2008.10.31-11.1SSH研究成果発表会 001.jpg

②微小磁石の配列(文理コース2年生・数理科学グループ)
2008.10.31-11.1SSH研究成果発表会 002.jpg

③イオン液体中でのエステル化反応(生命科学コース2年生・化学グループ)
2008.11.1SSH研究成果発表会 044.jpg

④生物リズムの研究(生命科学コース2年生・時間生物学グループ)
2008.10.31-11.1SSH研究成果発表会 003.jpg

⑤サンショウウオの人工繁殖(生命科学コース3年生・発生生物学グループ)
2008.10.31-11.1SSH研究成果発表会 005.jpg

投稿者:yamauchi