清心女子高等学校SSH

岡山光量子科学研究所研究員による講義

2008年11月29日

 11月25日(火)に、文理コースの数理科学課題研究選択者を対象に、岡山光量子科学研究所の研究員石本志高氏による理論物理についての講義が行われました。
 海外での研究生活の話に始まり、岡山光量子科学研究所についての説明が行われ、研究者になるためにはどうすればよいかも話して下さいました。
 後半は、今年ノーベル物理学賞を受賞した南部陽一郎氏の研究内容(自発的対称性の破れ)についての説明でした。一般的な「対称性」や、物理理論での「対称性」についての説明を皮切りに、ノーベル賞受賞理論の内容を細かく教えて頂きました。
 聞き慣れない言葉も多かったですが、ホットな話題ということもあって生徒達は理解しようと頑張っていました。

IMG_0824.jpg
海外での生活について
IMG_0839.jpg
岡山光量子科学研究所の研究設備について
IMG_0844.jpg
研究者になるにはどうしたらよいか
IMG_0871.jpg
IMG_0896.jpg
ノーベル賞受賞理論についての説明

続きを読む

投稿者 yamauchi : 17:50

大学生・大学院生による実験指導・講義

NO IMAGE

2008年11月28日

 11月には、大学生による実験指導や大学院生による講義が行われました。  実験指導では今年度も、岡山理科大学の女子学生による化学・生物実験を、生命科学コース1・2年生を対象に本校の実験教室で行いました。  理系に進学した女子学生が高校での教育活動に関わることによって、身近な理系のロールモデルを提示することを目的としています。 1年生対象の生物実験「酵素反応とpH」 2年生対象の化学実験「鉄のイオン…続きを見る

高校化学グランドコンテストに参加

NO IMAGE

2008年11月10日

11月2日(日)、大阪市立大学で開催された「第5回高校化学グランドコンテスト」(主催:大阪市立大学、大阪府立大学、読売新聞大阪本社)に、生命科学コース2年生が参加しました。 ポスター発表では、審査の結果選ばれた30件の研究が発表。 本校からは、化学グループの課題研究「イオン液体を溶媒に用いたエステル化反応の条件検討」が選ばれ、発表を行いました。 ポスター発表では、研究グループ全員が一人ずつ発表しま…続きを見る

2008年度SSH研究成果発表会を開催

NO IMAGE

2008年11月 7日

10月31日(金)、11月1日(土)、本校を会場に、2008年度SSH研究成果発表会を開催しました。 県内・県外からの学校・教育関係者や、本校保護者にご参加いただき、中学・高校全学年の本校生徒も参加した学校全体としての発表の場となりました。ご来校いただいた皆様、ありがとうございました。 10月31日(金) 13:55~15:35 生命科学コース公開授業  ①1年生 生物 『イモリ胚の発生観察と卵の…続きを見る

1

このページの先頭へ