スーパーサイエンスハイスクール

集まれ!理系女子 第9回

SSH研究開発実施報告書/SSH関連 資料・報告書

最近の記事

過去の記事

2008年7月

岡山大学での発表(物理・化学分野)

2008.07.31

7月31日、岡山大学大学院自然科学研究科主催の高大連携「高校生・大学院生による研究紹介と交流の会」が、岡山大学創立五十周年記念館で開催されました。
本校からは高校2年生の2グループが参加し、物理分野と化学分野の研究紹介を口頭発表とポスター発表で行いました。
物理分野では、「微小磁石の一次元配列の統計的考察」について口頭発表をしました。

2008.7.31岡山大学発表 005.jpg
2008.7.31岡山大学発表 010.jpg

質疑応答にも堂々と対応していました。
2008.7.31岡山大学発表 024.jpg

化学分野では、「イオン液体を溶媒に用いたエステル化反応の条件検討」についてポスター発表を行いました。

2008.7.31岡山大学発表 034.jpg
2008.7.31岡山大学発表 037.jpg
2008.7.31岡山大学発表 045.jpg

投稿者:yamauchi

放射光相関物理学研究室訪問

2008.07.26

「数理科学課題研究」では、6月24日、岡山大学理学部の放射光相関物理学研究室を訪問しました。
今回は、特に結晶について学びました。まず、研究室で行っている研究の紹介と実験装置について説明をしてもらいました。
その後、酸化アルミを高温で熱して一度融解し、その後ゆっくりと冷やすことで再結晶化させ、ルビーを作る実験を行いました。酸化アルミが融解していく様子やルビーが結晶化されていく様子をモニターで確認することができ、研究室での作業の雰囲気がよく分かりました。また、実験は単純な作業に時間をかける根気と、忍耐が必要だということが分かりました。

IMG_8561.jpg
研究室内で行われている研究の紹介。
IMG_8563.jpg
IMG_8564.jpg
実験装置の仕組みについて説明をうけ、内部を観察しました。
IMG_8573.jpg
酸化アルミが融解する様子をモニターで観察しました。
IMG_8579.jpg
再結晶化して得られたルビー。先の赤い部分が透明となっています。

投稿者:yamauchi

岡山大学理学部物理学科 高大連携講座

2008.07.06

 今年度も文理コースの「数理科学課題研究」では、岡山大学理学部物理学科との連携講座がはじまりました。今年度第1回は、量子物質物理学研究室に行き、磁石について理論的な説明を聞き、磁石によるいろいろな現象を体験することができました。生徒達の研究課題である磁石の配列の研究を進める上で大変役に立つ内容でした。

①.jpg
磁性物理についての講義。
②.jpg
強力な磁石によって水が反発する様子を実験しました。

投稿者:yamauchi