清心女子高等学校SSH

京都学園大学 第1回「バイオ環境賞」受賞

2008年2月25日

高校2年生「生命科学課題研究」で取り組んでいる「花の開閉と体内時計との関係」が、京都学園大学バイオ環境賞に応募し、「バイオ環境賞」を受賞しました。
表彰式が、2月23日(土)午後1時から京都学園大学バイオ環境館で行われ、表彰状、記念盾が贈呈されました。

IMG_0262.jpg
京都学園大学
IMG_0270.jpg
表彰式の行われたバイオ環境学部
IMG_0299.jpg
表彰状の授与
IMG_0321.jpg
盾と副賞の授与

表彰式のあと、記念講演「現代の環境問題」を受講し、バイオ環境館見学会に参加しました。
なお、京都学園大学のHPにも「バイオ環境賞」についてアップされています。
http://www.kyotogakuen.ac.jp/NXT/News/2008/022001.php

続きを読む

投稿者 yamauchi : 10:27

岡山大学理学部連携講座-数理物理学研究室の訪問

NO IMAGE

2008年2月22日

2年生「数理科学課題研究」では、岡山大学理学部物理学科との連携講座を実施しています。 1月15日には、数理物理学研究室を訪問しました。 この研究室の研究内容は、物性理論であり、講義の前半は「空はなぜ青いか」という質問から、物理学の基本的な考え方について説明して頂きました。後半は研究室内で行われている研究内容の説明で、低温下の物質で発生する超伝導についての理論的な説明を受けました。 物理学の基本的な…続きを見る

甲南大学先端生命工学研究所による講義

NO IMAGE

2008年2月14日

1月29日(火)、生命科学コース2年生対象「生命」の授業では、甲南大学先端生命工学研究所の西方敬人先生と甲元一也先生による講義が行われました。 西方先生の講義は、進化の謎を紐解き、医療や創薬研究の一端を担うであろう興味深い対象である「ホヤ」に関する顕微鏡観察を交えたもので、研究の面白みを紹介して頂きました。 甲元先生は、進化の歴史の中で生物が備え、生き抜くために獲得してきた「免疫」を、進化という歴…続きを見る

2年次の課題研究に向けて

NO IMAGE

2008年2月 4日

生命科学コース1年生の「生命科学基礎」では、3学期に入り来年度の「生命科学課題研究」の準備が始まっています。1月下旬から2月上旬には、研究テーマに関わる講師を招いて講義を行いました。 1月21日(月)「発生生物学」 橋本主税先生(JT生命誌研究館・大阪大学大学院兼任) 1月28日(月)「分子生物学」 西松伸一郎先生(川崎医科大学) 2月 1日(金)「グリーンケミストリー」 伊藤敏幸先生(鳥取大学…続きを見る

1

このページの先頭へ