スーパーサイエンスハイスクール

集まれ!理系女子 第9回

SSH研究開発実施報告書/SSH関連 資料・報告書

最近の記事

過去の記事

2007年9月

優秀ポスター賞を受賞

2007.09.28

9月26日、広島大学東広島キャンパスで開催された日本生物工学会大会企画「中学生・高校生バイオ研究発表会」で、生命科学コース2年生がポスター発表を行いました。題目は「開花と体内時計との関係」「花酵母の採取・分類とその働き」「オオイタサンショウウオの人工繁殖と幼生の飼育」の3テーマ。
中国地方の高校だけでなく、九州や沖縄の高校からも参加した発表会において、本校生徒のポスター発表は審査の結果、「優秀ポスター賞」と「奨励賞」を受賞し、賞状と副賞を贈られました。

IMG_9492.jpg
会場は広島大学東広島キャンパス西体育館。
IMG_9493.jpg
会場内のようす。中高生だけでなく、企業のブースも多数ありました。
IMG_9461.jpg
発生生物学グループ「オオイタサンショウウオの人工繁殖と幼生の飼育」の発表
IMG_9471.jpg
生物工学グループ「花酵母の採取・分類とその働き」の発表
IMG_9483.jpg
IMG_9498.jpg
時間生物学グループ「開花と体内時計との関係」の発表
IMG_9488.jpg
発表内容について質疑応答を行っています。
IMG_9521.jpg
「優秀ポスター賞」の表彰式
IMG_9529.jpg
「奨励賞」の表彰式
IMG_9537.jpg
プログラムがすべて終わった後での記念撮影


投稿者:yamauchi

大学の実験室や研究室を覗いてみよう!

2007.09.22

9月22日、福山大学生命工学部との第2回連携講座が行われました。高校1年生・生命科学コースの生徒が受講しました。今回は、生物工学科での講義・実験です。
午前中は、「生命科学とはどんな学問分野?」というテーマで秦野琢之先生による講義が行われました。
生命科学といわれる分野は幅が広く奥の深い学問を含んでいること、生命科学の成果はどんなところへ活用されているかなどを学び、「どんな学問をしてみたいか?」「将来どんな分野の仕事をしたいか?」について考える材料を提供されました。

2007・9月福山大生命工学部 002.jpg
2007・9月福山大生命工学部 004.jpg
2007・9月福山大生命工学部 010.jpg

講義の後、午後からの実験を指導して下さる生物工学科の先生方の紹介がありました。

2007・9月福山大生命工学部 012.jpg

午後からは、白衣を着て生物・化学実験を6つの少人数グループに分かれて行いました。生物工学科の先生や学生の方々に指導を受けながら、積極的に実験に取り組みました。

2007・9月福山大生命工学部 018.jpg

実験テーマ1 「微生物に親しむ」

2007・9月福山大生命工学部 049.jpg
2007・9月福山大生命工学部 054.jpg
2007・9月福山大生命工学部 058.jpg

実験テーマ2 「DNAの抽出と電気泳動による分離」

2007・9月福山大生命工学部 035.jpg
2007・9月福山大生命工学部 062.jpg
2007・9月福山大生命工学部 069.jpg

実験テーマ3 「マウスの培養細胞を用いて分裂期の染色体を観察しよう」

2007・9月福山大生命工学部 045.jpg
2007・9月福山大生命工学部 075.jpg

実験テーマ4 「酵素の働きを可視化して学ぶ」

2007・9月福山大生命工学部 030.jpg
2007・9月福山大生命工学部 039.jpg
2007・9月福山大生命工学部 066.jpg

実験テーマ5 「植物の色の変化を調べよう」

2007・9月福山大生命工学部 048.jpg
2007・9月福山大生命工学部 052.jpg

実験テーマ6 「クロマトグラフィーとは?」

2007・9月福山大生命工学部 023.jpg
2007・9月福山大生命工学部 073.jpg
2007・9月福山大生命工学部 076.jpg
実験に使用するガラス器具作成の実習も行いました。

生物工学科の先生方、学生さんには丁寧にご指導頂き、ありがとうございました。

2007・9月福山大生命工学部 079.jpg

投稿者:yamauchi

鳥取大学での化学実験研修

2007.09.05

8月29日~31日、生命科学コース2年生、「生命科学課題研究」環境科学グループは、鳥取大学工学部物質工学科で化学実験研修を行いました。
29日午後
 ・講義 「イオン液体について」(講師:伊藤敏幸先生)
 ・イオン液体合成実験

P1020225.jpg
伊藤先生による講義
P1020241.jpg
P1020256.jpg
イオン液体を合成

30日午前
 ・イオン液体精製実験

P1020275.jpg
P1020293.jpg
前日の反応で得られたイオン液体を精製

30日午後
 ・イオン液体を用いたエステル化実験

P1020317.jpg
試薬計量
P1020325.jpg
GCで反応進度確認
P1020345.jpg
分析機器の説明
P1020353.jpg
反応中のようす
P1020372.jpg
生成物を抽出
P1020384.jpg
生成物を濃縮

31日午前
・機器分析実習(前日の反応生成物を分析)

P1020393.jpg
装置にサンプルをセット
P1020400.jpg
機器をコンピュータで制御

場所が大学で、周囲にさまざまな器具・機器があり、大学生が実際に実験・研究しているという環境にいるだけでも生徒のモチベーションは高く維持され、積極的に研修に参加していました。

投稿者:yamauchi