清心女子高等学校SSH

数理科学課題研究 岡大発表

2007年7月31日

7月31日に岡山大学で開催された「高校生・大学院生による研究紹介と交流の会」に、高2「数理科学課題研究」グループが参加し、研究紹介(ポスター発表)を行いました。

2007・7月数理科学課題研究岡大発表 001.jpg
3名の生徒がポスター発表を行いました。

2007・7月数理科学課題研究岡大発表 003.jpg

研究テーマは、「磁石の作る磁場の様子」。この研究グループは、8月3日・4日に東京の科学技術館で開催される『「応用物理」創刊75周年記念事業』(応用物理学会主催)にも参加し、ポスター発表を行います。

続きを読む

投稿者 yamauchi : 22:42

鳥取大学FSCでの蒜山研修

NO IMAGE

2007年7月27日

高1生命科学コースでは、7月23日~27日、鳥取大学農学部附属フィールドサイエンスセンター(FSC)教育研究林「蒜山の森」で研修合宿を行いました。 4泊5日の日程の中で、大学での研究に関する講義、森林概説・樹木解説・樹木測定法などの講義、林業体験・森林調査などの野外実習があり、最後に実習のまとめとプレゼンテーション作成、そしてプレゼンテーション発表が行われました。 鳥取大学の佐野先生や研究室の大学…続きを見る

時間生物学研究室を訪問

NO IMAGE

2007年7月20日

7月19日、「生命科学課題研究」時間生物学グループは、岡山大学理学部生物学科 時間生物学研究室を訪問しました。ここでは、コオロギやショウジョウバエなどの昆虫を用いて、体内時計に関する研究を進めています。 まず、今日の実験に関して説明を受けました。 コオロギの時計遺伝子がPCRによって増幅されているところを確認しました。 ショウジョウバエの脳を顕微鏡で見ながら取り出しているところです。 実験で取り出…続きを見る

2007年度 SSH第1回運営指導委員会

NO IMAGE

2007年7月13日

7月13日に2007年度第1回運営指導委員会が本校で開催されました。 委員会の前に、課題研究の内容について、2年生による発表が行われました。 研究テーマごとに現在の取り組み状況について、各グループの生徒が報告しました。 物理学グループ 「磁力線と磁場強度の観測」 環境科学グループ 「グリーンケミストリー」 時間生物学グループ 「開花と体内時計の関係」 発生生物学グループ 「有尾類の成長と繁殖」 生…続きを見る

ナノバイオテクノロジーに関する講演

NO IMAGE

2007年7月 3日

7月3日、高2生命科学コースの講座「生命」では、総合科学技術会議専門委員でナノバイオテクノロジー連携群コーディネーター・主監の梶谷先生による講演が行われました。 講演では、第3期科学技術基本計画で重点的に推進されている「ナノテクノロジー・材料分野」について、パンフレット「True Nano」やDVD映像も交えながら紹介していただきました。 …続きを見る

1

このページの先頭へ