スーパーサイエンスハイスクール

集まれ!理系女子 第9回

SSH研究開発実施報告書/SSH関連 資料・報告書

最近の記事

過去の記事

2006年11月

岡山理科大学の女子中高生理系進路選択支援事業

2006.11.30

06-11-20生物学実験(高1) 006.jpg
06-11-20生物学実験(高1) 013.jpg
06-11-20生物学実験(高1) 018.jpg

 高1対象の11月20日の生物学実習では、ウサギの血球の観察と血液凝固について学びました。
 実習内容については、こちらのページをご覧ください。
 →http://www.nd-seishin.ac.jp/bio/2006/11/post_249.html

06-11-27生物学実験(高1) 002.jpg
06-11-27生物学実験(高1) 009.jpg
06-11-27生物学実験(高1) 012.jpg

 高1対象の11月27日の生物学実習では、岡山県内に自生するブナ科植物8種を肉眼、ルーペ、実体顕微鏡を用いて観察し、図鑑を使って種を同定しました。
 実習内容については、こちらのページをご覧ください。
 →http://www.nd-seishin.ac.jp/bio/2006/11/post_245.html

06-11化学実験(高2).jpg
06-11-30化学実験(高2) 004.jpg
06-11-30化学実験(高2) 022.jpg

 11月22日・30日の高2対象の化学実験では、大学院生の指導により鉄・銅・銀について学びました。
 生徒が理系で学ぶ女性の姿を見て、接して、自分自身の将来の姿に現実感を持つことが少しでもできればと思います。

投稿者:yamauchi

第3回 福山大学生命工学部との連携講座

2006.11.25

 11月25日、福山大学生命工学部との第3回連携講座が行われました。高校1年生・生命科学コースの生徒が受講しました。今回は、応用生物科学科での講義・実験です。
 当日は、次のような日程で行われました。
 9:30    清心女子高等学校出発
 10:30       福山大学着 28号館会議室へ
 10:30~11:15  講義  
             講義内容:「食品の機能性成分と食品研究」 
 11:25~12:10  実験講義および実験準備 (ここで3班に分けて説明する)
             午後の実験の背景説明と実験準備
 13:00~15:30  考える食品・環境実験 18号館2階実験室と33号館研究室
             実験内容:3課題
             ・キャベツサラダにあってロールキャベツにはない機能性成分
             ・容器から溶出する環境ホルモンの分析
             ・市販のトマトに付着した農薬の分析
 15:30~16:00   ディスカッションタイム (18号館アメニティールーム)
 16:00       福山大学出発
 17:00       清心女子高等学校着

IMG_6921.jpg

 福山大学生命工学部応用生物科学科の先生方や研究室スタッフの指導により、充実した実験を行うことができました。大変、お世話になりました。
 次に実験の様子を紹介します。今回の写真は、すべて生徒達が撮影したものです。
 実験①「キャベツサラダにあってロールキャベツにはない機能性成分」
 キャベツの葉に含まれる酵素によってホスファチジン酸という物質(脂質の一種)が作られます。このホスファチジン酸が身体にできた傷が直ることに重要 な物質であることが分かってきました。すなわち、キャベツと油で身体の働きを整える働きを持つ物質が作られていることになります。この実験では、キャベツに含まれるこの酵素の性質を調べました。

IMG_6849.jpg
IMG_7056.jpg
IMG_6927.jpg
IMG_6953.jpg
IMG_6975-2.jpg

 実験(2)「容器から溶出する環境ホルモンの分析」
 プラスチックを作る際によく使われているビスフェノールAは環境ホルモンの疑いがある物質として知られています。そこで、実際にどのくらいの量のビスフェノールAが身の回りにあるのか、高速液体クロマトグラフィーの装置を使っ て測定しました。また、環境ホルモンの分かりやすい説明も受けました。

IMG_6926.jpg
IMG_6928.jpg
IMG_6932.jpg
IMG_6940.jpg
IMG_6942.jpg
IMG_6973.jpg
IMG_6996.jpg

 実験(3)「市販のトマトに付着した農薬の分析」
 残留農薬について高い関心が寄せられています。しかし、これまでは農薬分析のためのコスト(必要なお金)が高いため、身近な野菜の残留農薬量をこまめに測ることはなかなか出来ませんでした。最近、免疫抗体というタンパク質を使って農薬を測る新しい方法が開発されました。実験ではこの方法を使って、トマトの残留農薬の量を測りました。また、農薬のポジティブリスト制度についての解説もありました。

IMG_7041.jpg
IMG_7043.jpg
IMG_7048.jpg
IMG_7059.jpg
IMG_7071.jpg
投稿者:yamauchi

岡山県自然保護センター環境学習

2006.11.18

 11月18日(土)10:00~16:00 高2生命科学コースでは、岡山県自然保護センターでの観察と実習を行いました。
 午前は、「植物をマクロで見る」(講師:西本孝主任研究員)。午後は、「動物をマクロで見る」(講師:森生枝主任研究員)。

IMG_6866.jpg
IMG_6894.jpg

 センター敷地内を回り、どんぐり類を実らせる似た樹木10種類を葉の特徴から判別できるように覚えました。

IMG_6907.jpg
最後に、葉の判別テストを実施しました。
IMG_6948.jpg
IMG_6975.jpg
IMG_6985.jpg

 午後は、ヌートリアとウシガエル(小)の解剖実習。ヌートリアの解剖では、よりヒトに近い動物である哺乳類の身体の構造に生徒は興味を持ち、積極的に解剖を進めていくようになりました。

IMG_7025.jpg

 ジエチルエーテルで麻酔をしたウシガエルの小さな個体を解剖し、心臓などが動いている状態を確認できることに感動し、解剖を進めているうちに足を動かす様子に驚きを禁じ得ませんでした。

投稿者:yamauchi

「日本がダメなら世界があるさ」

2006.11.18

11月18日(土) 13:30~16:00、本校を会場に、「倉敷地域の科学教育を推進する会」講演会が開催されました。本校からは、高1生命科学コースを中心に生徒・保護者・教員が参加しました。
SSH事業紹介のあと、 金沢大学大学院自然科学研究科 田崎 和江教授による講演「日本がダメなら世界があるさ」が行われました。
田崎和江先生の自己紹介は、こちらのページをご覧ください。
http://www.nd-seishin.ac.jp/school/science1118.html

06-11-18倉敷科学推進会講演 005.jpg
本校のSSH事業紹介
06-11-18倉敷科学推進会講演 015.jpg

 田崎先生の研究分野は「地球環境科学」。
 主な研究内容は、
  1. 大気,水,土壌汚染の生態系とその浄化のメカニズム
  2. バクテリアによる生体鉱物化作用とバイオレメディエーション
  3. 温泉に見られるバイオマット及び非晶質鉱物の生成
  4. 重油汚染の石油分解細菌によるバイオレメディエーション
  5. ダム湖底土の排砂による周辺環境への影響

06-11-18倉敷科学推進会講演 024.jpg

 講演では、女性科学者の開拓者として挑戦し続ける田崎先生の生きる姿勢から、たくさんの元気をもらいました。

投稿者:yamauchi