スーパーサイエンスハイスクール

集まれ!理系女子 第9回

SSH研究開発実施報告書/SSH関連 資料・報告書

最近の記事

過去の記事

2006年7月

岡山大学SPP 第5回・第6回・第7回

2006.07.31

岡山大学サイエンス・パートナーシップ・プロジェクト「海の不思議な世界」の様子をお伝えします。
7月15日(土)は、節足動物の進化について岡山大学の三枝助教授の講義を理学部大講義室で受講した後、環形動物と節足動物の解剖と観察を理学部生物実験室で行いました。
7月16日(日)は、プレゼンテーション作成と発表技術についての学習を理学部電算室で行いました。
最終回の7月29日(土)は、岡山大学SPPで行ってきた講義や実習を通して学んだことや観察結果をプレゼンテーションとしてまとめ、各グループ約20分で発表しました。本校からは、生命科学コースの高校2年生が参加し、実習中の面白い出来事や皆に伝えたいと思うことを発表しました。

7.15.29SPP 005.jpg

7.15.29SPP 006.jpg
節足動物の進化についての講義

7.15.29SPP 009.jpg

7.15.29SPP 011.jpg
なぜゴカイのような多体節構造の動物が現れたのか?

7.15.29SPP 026.jpg

7.15.29SPP 039.jpg

環形動物の体制と節足動物の体制を実際の解剖により比較し、環形動物から節足動物が進化した証拠を見つける。

7.15.29SPP 048.jpg
プレゼンテーションの作成にはグループごとの受講生徒どうしのコンセンサスが重要になる。

7.15.29SPP 051.jpg

7.15.29SPP 060.jpg
本校の生徒グループによる発表


投稿者:yamauchi

高校1年生 蒜山研修

2006.07.29

7月25日~29日、高校1年の蒜山研修が行われました。
文理コースはノートルダム清心女子大学蒜山セミナーハウスで、
生命科学コースは鳥取大学農学部付属フィールドサイエンスセンター(FSC)で、
4泊5日のプログラムに取り組みました。

生命科学コースの研修内容については、「生物教室」のページをご覧ください。

http://www.nd-seishin.ac.jp/bio/
生命科学コースの研修の様子をこちらでもいくつか紹介しましょう。

2006蒜山研修 010.jpg
1日目と2日目の夜は、英語講座がありました。

2006蒜山研修 076.jpg

4日目の夜は、野外実習のまとめに取り組みました。実習内容を記録した写真やデータを整理しながら、今回の研修で学んだことを発表する準備を進めていきます。

2006蒜山研修 077.jpg

2006蒜山研修 081.jpg

文理コースの蒜山研修では、「自ら学ぶ」姿勢を体得することをめざして、英語・数学・国語・学び方の4つの講座と自主学習に打ち込み、さらに「蒜山の自然と人文」に関する講演と早朝の野外観察が行われました。

2006蒜山研修 072.jpg
ノートルダム清心女子大学蒜山セミナーハウス

2006蒜山研修 056.jpg
「英語」講座

2006蒜山研修 066.jpg
「数学」講座

2006蒜山研修 049.jpg
「国語」講座

2006蒜山研修 043.jpg
「学び方」講座

2006蒜山研修 014.jpg
講演「蒜山の自然と人文」

2006蒜山研修 019.jpg
2006蒜山研修 031.jpg
2006蒜山研修 034.jpg
早朝の野外観察会

2006蒜山研修 092.jpg
自主学習時間を延長して学習に打ち込む生徒達


投稿者:yamauchi

福山大学生命工学部との連携講座

2006.07.15

7月15日、福山大学生命工学部との第1回連携講座が行われました。高校1年生・生命科学コースの生徒が受講しました。今回は、生物工学科での講義・実験です。

福山大7月53.jpg
福山大学の駐車場と大学会館

福山大7月 10.jpg
生命工学部生物工学科は17号館

午前中は、「生命科学とはどんな学問分野?」というテーマで講義がありました。
生命科学といわれる分野は幅が広く奥の深い学問を含んでいること、生命科学の成果はどんなところへ活用されているかなどを学び、「どんな学問をしてみたいか?」「将来どんな分野の仕事をしたいか?」について考える材料を提供されました。

福山大7月 001.jpg
講義をしてくださったのは秦野琢之先生

福山大7月 003.jpg
講義のテーマ

福山大7月 008.jpg
「生きている」ことと「死んでいること」・・・境目はどこに?

午後からは、3~4人のグループに分かれて様々な実験を行いました。

福山大7月 014.jpg
実験室で説明を聞いています

生物工学科の各研究室の先生方や学生さん達の指導を受けながら、生徒は次のようなテーマで実験に取り組みました。
1.微生物に親しむ
2.DNAの抽出と電気泳動による分離
3.遺伝子組換え微生物を使って植物色素を分解してみよう
4.線虫(センチュウ)の行動を観察する
5.マウスの培養細胞を用いて分裂期の染色体を観察しよう
6.酵素の働きを可視化して学ぶ
7.植物の色の変化を調べよう
8.クロマトグラフィーとは?

福山大7月 020.jpg

福山大7月 023.jpg

福山大7月 029.jpg

福山大7月 034.jpg

福山大7月 036.jpg

福山大7月 044.jpg

福山大7月 039.jpg

福山大7月 040.jpg

福山大7月 046.jpg

福山大7月 048.jpg

福山大7月 051.jpg

生物工学科の先生方には丁寧にご指導頂き、ありがとうございました。生徒達は実験の面白さを体験することができました。
福山大学生命工学部との連携講座は、次回、海洋生物工学科のマリンバイオセンターでの実習が計画されています。

投稿者:yamauchi

愛媛大学「スーパーサイエンス特別コース」の講演会

2006.07.13

本日午後、愛媛大学「スーパーサイエンス特別コース」の講演会が、高1・高2の生命科学コース・文理コース理系生徒を対象に行われました。

愛媛大 05.jpg
講演の前半は、愛媛大学・無細胞生命科学工学研究センターの研究内容紹介

愛媛大 012.jpg
講演の後半は、愛媛大学「スーパーサイエンス特別コース」の説明

愛媛大 008.jpg
「スーパーサイエンス特別コース」は、どのような人に向いているか?

投稿者:yamauchi