• HOME
  • グローバル教育 ブログ

グローバル教育ブログ

最近の記事

過去の記事

ユネスコみらいミーティング in 大分 2017 参加

2017.05.04

 4月29日(土)~30日(日)にかけて一泊二日で、本校生徒3名(高校2年生)が、大分でのユネスコ交流研修会に参加した。九州を中心に、中国・四国地方から多くの高校生が集った。
 一日目は、大分県豊後大野市のジオパークでジオサイトを巡るフィールドワークに参加。原尻の滝を目指し、雄大で美しい大地を歩きながら、そこに住む人々と大地が紡ぎだしてきた歴史と文化を感じ、仲間づくりをした。
  夕方、のつはる少年自然の家に移動し宿泊。夜のセッションでは、ユネスコ基礎講座を受講したのち、各学校が活動をポスター発表した。本校でのESDの取り組みとして、「環境教育」「人権教育」「国際交流・国際貢献」「ユネスコスクール・ESD」について、参加した生徒たちが具体的な内容をポスター3枚にまとめ発表した。多くの参加者が本校での取り組みに興味を持ってくださり、質問に答える3人の姿が印象的だった。
 二日目は、ユネスコについて深める会とSDGs(持続可能な開発目標)をテーマにした分科会が実施された。本校生徒は、SDG4「質の高い教育をみんなに」(教育)、SDG12「つくる責任つかう責任」(生産・消費)、「目指せ!ユネスコマスター」に分かれて参加。平和な未来のために、今自分ができることを考え共有する場となった。
 生徒たちは、世界の課題を自分たちの課題ととらえ、身近な問題から解決することで、世界に視野を広げることが出来るということを体感する経験となった。
 後日、生徒からの報告を掲載予定。また、活動を他生徒に広める会を設ける予定。IMG_0915.JPGIMG_0941.JPGIMG_0977.JPGIMG_1040.JPGIMG_1060.JPG

投稿者:global

San Jose 短期留学 report [day 15]

2017.04.03

day 15 (4月1日)

ついに帰国日となりました。8時30分にサンフランシスコ空港に到着。
サンノゼで過ごした2週間を思い起こしながら、それぞれのホストファミリーや友達と涙を流しながら別れを惜しみました。


1 airport.jpg
2 airport.jpg
3 airport.jpg
4 airport.jpg
5 airport.jpg
6 airport 7.jpg
7 airport.jpg
7-2 airport.jpg
8 airport.jpg
9 airport.jpg

約9時間のフライトで関西空港へ到着し、無事に岡山に戻ってまいりました。


 この研修では、サンノゼ高校の様子や日常生活を肌で体験することで、日本では学べないことを多く学ぶことができました。そして何よりもサンノゼの皆様の温かい歓迎を受け、ホストファミリーや先生方との交流を通し、何物にも代えがたい貴重な思い出ができました。清心の生徒は慣れない環境に戸惑いながらも、積極的に学ぼうと意欲的に取り組み交流を図っていました。生徒の皆さん、本当に2週間お疲れ様でした。今後も本校とノートルダムサンノゼ高校との交流が続き、ますます交流が深まっていきますように。最後に、この素晴らしい機会を与えてくださった保護者の皆様、サンノゼの皆様、旅行会社の方々、そして清心学園をはじめとする関係者の皆様方に心より感謝申し上げます。

投稿者:global

San Jose 短期留学 report [day 14]

2017.04.03

day 14 (3月31日)

学校で過ごす最後の日となりました。

まずはリーダーシップワークショップに参加。様々なゲームを通し、仲間と協力をしながらいかにリーダーシップを発揮するかを学びました。
1 leadership.JPG
2 leadership.JPG
3 leadership.JPG
4 leadership.JPG
5 leadership.JPG


フェアウェルパーティーでは、清心生が一人ずつ修了証書をいただき、サンノゼでの思い出やホストファミリー・学校への感謝の言葉などを述べました。6 diploma.JPG
7 diploma.JPG
8 diploma.JPG
9 diploma.JPG
10 speech.JPG
11 speach.JPG
12 speech.JPG

1年生が「恋ダンス」、2年生は5月の体育祭に向けて練習を積んでいるダンス、そして全員でPPAPを踊りました。練習した甲斐があり、とても盛り上がりました。
13 dance 1.JPG
k1-1.jpg
k1-2.jpg
14 dance 2.JPG
k2.jpg
15 dance 2.jpg
16 dance 3.jpg
17 dance.JPG

ホストファミリーと一緒にピザを食べながら過ごしました。午後からはホストシスターの授業が終わるのを待ち帰宅。ホストファミリーと最後の夜を楽しみます。
18 lunch.JPG
19 lunch.JPG
20 lunch.JPG
21 lunch.JPG

23 diploma.JPG
24 diploma.JPG
25 diploma.JPG


<生徒の日記(一部抜粋)
・今日はまずリーダーシップについてのワークショップを受けました。一人一人発表をしたり、グループになって助け合ってゲームをしたりなど、自分でできることもあれば人と助け合わなければできないこともあって人との関わりあいの大切さを学びました。その後、フェアウェルパーティーをしました。一人ずつ修了証書をもらってホストファミリーやお世話になった先生方にスピーチをしました。2週間の思い出が一気に思い起こされて、アメリカを去ることへの寂しさを感じました。本当にこの2週間、たくさんの方々にお世話になりました。私がここに今こうして来れているのも、両親や家族、先生方、そしていろいろなところでサポートをしてくださっている方々のおかげなので感謝しています。明日はついに帰国日です。久々の日本が楽しみです。

・フェアウェルパーティーで体育祭のダンスを披露して、反響も良く、踊ってよかったです。ホストシスターの妹の友達も来ていて、ダンスをきっかけにたくさん会話ができました。他にも、この期間内にできた友達と趣味の話や日本の話などもすることができました。アメリカでもInstagramが有名で、Instagramのアカウントを教え合ったので今後も連絡を取り続けていきたいです。
ホストマザーは大学時代にイタリア語を勉強するほどイタリアが好きで、私もイタリアンが好きだと以前話をしていたので、イタリアン料理を予約してくれていました。
たくさんの思い出が詰まったサンノゼを明日離れるのは寂しいですが、大学生になったらまた戻ってきたいと思います。

・Today is the last day before we go back to Japan and go back to our normal lives. Time really does fly when you're having fun, but it also feels like I've been here forever. Like I've lived my whole life here. It feels kind of like I'm moving out of my home instead of returning. I'm going to miss my host family and especially my host sister, Priya. In this exchange program I learned about how kind people can be and how great it is to experience new cultures. I've also learned that freedom is a thing that you have to control on your own, and it is not something to take advantage of. It was a lot of fun being here, and being able to make so many fun and meaningful memories with new friends. Thank you San Jose for letting me go on this exchange program and thank you for all the memories.

投稿者:global

San Jose 短期留学 report [day 13]

2017.04.03

day 13 (3月30日)

1時間目はフランス語の授業に参加し、グループに分かれ、食べ物に関する言葉を英語・日本語・フランス語に直していく作業をしました。クレープを作り食べながらの授業で、サンノゼの生徒と和やかに勉強する様子が見られました。
0 French.JPG
1 French.JPG
2 French.JPG
3 French.JPG
4 French.JPG
5 French.JPG


その後、Dr. Martin Luther King Jr. Libraryに行きました。この図書館は、サンノゼ市とサンノゼ州立大学の合併図書館です。ここでは日本人の案内人の方にお世話になりました。題名の書かれていない30を超える美術品が図書館にあるとのことで、その一部を紹介していただきました。すぐには美術品だとわからないものも多く、自分で興味を持ったものを調べることが大切であるとの思いから、それらの作品には題名や説明が書かれていないそうです。

・fiction-fiction という作品:隠し棚になっており回転します。そして棚の中の3冊の頭文字を読むと作品のアシスタントの名前になっているそうです。
6 MLK Library.JPG
6-2 MLK.JPG


・トイレの流し台
ステンレスの部分が3つのうち1つだけ他と異なっており、8階が小さく、階を降りるごとに大きくなっています。一滴の水は小さくても、10滴になると砂に開く穴が大きくなることが表現されており、水の無駄遣いは良くないという意味が含まれているそうです。
7 MLK Library.JPG
7-2 MLK.JPG

・階段に飾られている蝶
蝶は自由に飛び回れ国境を越えていくこともできることから、国や人種を超えて他の国のことを考えようという意味があるそうです。
8 MLK Library.JPG


他にも「真実はつらぬく」という意味が込められ、8階までred wood の柱があったり、上を見ると植物の気孔をモチーフとした通気口オアート、下を見ると本棚の下の段に昔は受け入れられていなかった宗教などの本があったりなど、様々なところでアート作品を見ることができました。
10-2.JPG
10-4 MLK.JPG
9 MLK Libary.JPG
10-3 MLK.JPG
10 MLK Library.JPG
10-6 MLK.JPG


日本料理店で日本食をいただきました。日本との味を比較しながらの食事となりました。
11 lunch.jpg
11-2 lunch.JPG


学校に戻る途中に立ち寄ったお店でタピオカ入りジュースを注文。
12 boba.JPG
13 boba.JPG


学校に戻り、サンフランシスコとMLK Libraryの感想を英語で伝えあいました。
14 Reflection.JPG
14-2 Reflection.JPG
17 Reflaction.JPG
16 Reflection.JPG
15 Reflection.JPG


<生徒の日記(一部抜粋)>
・今日はMLKに行きました。最初は座って話を聞いたり、ここにはこの本があるなどという説明かと思ったら、アートを探しに行くという予想外の図書館巡りでした。アートといったら題があって作者がいてというのがごく一般的ですが、MLKのアートはすべてメルチェンさんという中国系の方が手がけていて、題が全てありません。なので、のぶこさんのようなドーセント(案内人)がいるみたいです。アートらしくないアートなので見つけるのが楽しかったです。


・私は時々、疑問が生まれて質問をすると、自分で調べてみなさい、と言われます。それが実行できるのがこのような図書館だと思いました。この図書館には何だろう、と疑問に思う部分が散りばめられています。図書館なので様々な分野のたくさんの本があるため、忘れないうちに調べることができます。私は疑問があっても後で調べよう、と後回しにしてしまうことがあるので、忘れないうちにすぐ調べることができる環境が整っているこの図書館が身近に欲しいです。視覚的に体験するユニークな物があれば、実際に触って動かしてみないと気付かないトリックもあり、楽しかったです。

投稿者:global