グローバル教育 Global Education

ハワイ短期留学(5日目 3/23)その1

⑤3月23日(水)その1
午前中はハワイ大学マノア校を訪問しました。「ウィメンズ・センター」の Christian Quemuel 先生から、ウィメンズ・センターの4つのこと(①Bridge to Hope ②SPAM ③PAU ④LGBT)についての講義を受けました。男性・女性という「ジェンダー」の問題から、どのような環境にあっても、人が社会から孤立しないような予防的措置、日常的な配慮、問題が生じたときの対応の義務、さらに、「タイトルIX」というアメリカの立法的措置に基づく理念について学びました。「ウィメンズ・センター」がどのような立場の人にとっても支援の場(信頼できる場)となっていることを感じました。午後は、「ハワイ短期留学」のコーディネーターとして大変ご尽力をいただいた、ハワイ大学医学部研究員の Peter Mataira 先生のお話しを聴きました。大変御多忙で、この研修期間中での講義は計画段階では不可能だと言われていました。しかし、昨日の夕方に再度お願いをしたところ、急遽時間を作っていただいて、ハワイ大学のキャンパスで講義をしていただけることが決まりました。大変ありがたいことだと感謝しています。木の木陰で生徒たちは輪になってお話を聴きました。このこと自体に大きな意味があります。母なる大地と、父なる天空と、今を生きる私たち、命を繋いだ祖先の方々がすべて繋がることで私たちの生活が成り立っています。マタイラ先生の思いを受けとめることができれば、家族に対して、友人に対して、周りの人々に対して、私たちが感謝の気持ちを自然に表現することができると思います。その後の活動は生徒により異なりますが、希望者は~この木なんの木気になる木~の「日立の樹」がある公園を訪れ、そのあと「ファーマーズ・マーケット」で夕食にしました。夜の8時から2グループに分かれて「振り返り」をしました。そのときの様子は、次のブログで紹介します。

IMG_6289.JPG

IMG_6321.JPG

IMG_6386.JPG

IMG_6415.JPG

IMG_6426.JPG

IMG_6465.JPG

続きを読む

投稿者 global : 18:03

ハワイ短期留学(4日目 3/22)

2016年3月23日

④3月22日(火)
午前中はハワイの先住民居住地にある「パパコレア・コミュニティー・センター」を訪問しました。センターの方から、先住民の生活の様子を歴史を振り返りながら教えていただきました。コミュニティ・センターが地域の人々、特に長老の人々の生活を支援することを目的にさまざまな取り組みを行っていることがわかりました。午後の活動で生徒がプレゼンテーションをすることを伝えると、センターの方と実習をしている大学生等の前でも、プレゼンテーション(リハーサル)をすることになりました。その後、ハワイ・パシフィック大学(HPU)にて昼食をとり、大学生がキャンパスツアーをしてくださいました。かつて「アロハタワー」のもとにショッピングセンターとして多くのゲストをお迎えした建物が、現在ではHPUとして活用されています。午後3時にダウンタウンのフォート・ストリート・モールにあるHPUキャンパスに移動して、生徒たちが英語でプレゼンテーションを行いました。①Gender in Modern Society ②Work-life Balance in Japan というテーマで行いました。生徒たちの取り組み内容や努力を賞賛していただきました。一方で、内容についてさらに探求が必要な点や発表の仕方についてもアドバイスをいただきました。英語によるプレゼンテーションがなんとか無事に終わり、生徒たちは緊張感から少し解放されたのではないでしょうか。

IMG_6071.JPG

IMG_6100.JPG

IMG_6121.JPG

IMG_6132.JPG

IMG_6165.JPG

IMG_6214.JPG

IMG_6243.JPG

IMG_6244.JPG

続きを読む

投稿者 global : 17:58

ハワイ短期留学(3日目 3/21)

2016年3月22日

③3月21日(月)
早朝、ホテルから約2キロ程を歩いてカメハメハ大王像まで行きました。午前中は、ハワイ王国の象徴であり、カラーカウア王と後継者リリウオカラニ女王の公邸であった「イオラニ宮殿」を訪問しました。生徒はそれぞれヘッドセットをつけて音声を聞きながらハワイの歴史を学びました。午後はハワイ・パシフィック大学において、英語による講義とワークショップが2つありました。1つめは、Prof. Christian Gloria先生による「性差、経済格差、文化的価値観の違いから生じる学習者の特質」についての講義を受けました。現地の大学生と共に授業を受けて、時に話し合いも行われました。2つめは、Prof. Grace Caligtan先生のワークショップで、大切な場所(自分の家など)、大切にしている女性(家族、尊敬する人物など)、自分にとって大切な時や時間(誕生日、記念日)などをお互いに発表し合いました。それらがすべて繋がっていることを実感することができました。その後ダウンタウンまで大学のシャトルバスで戻り、そこからは市内バスThe Busに乗ってホテルまで帰りました。明日は、ダウンタウンにあるハワイ・パシフィック大学の施設で、いよいよ本校の生徒が英語でプレゼンテーションをすることになっています。

IMG_5843.JPG

IMG_5927.JPG

IMG_5913.JPG

IMG_5981.JPG

IMG_5993.JPG

続きを読む

投稿者 global : 19:04

ハワイ短期留学(2日目 3/20)

2016年3月21日

②3月20日(日)
ハワイ・パシフィック大学のポール先生と学生10名がボランティアで参加してくださいました。午前中は、本校の生徒がペアになり、それぞれを大学生がエスコートして英語で会話を楽しみながら小高い山の Kaiwi Shoreline Trail をハイキングしました。少し風がきつかったですがちょうど涼しいくらいで爽快でした。午後は、Waimanalo Bay でBBQランチ、海水浴、交流会などをしました。この研修期間中の最初の日曜日は、壮大な景色のなかで現地の大学生とリラックスした雰囲気で過ごすことができました。今週の火曜日にハワイ・パシフィック大学を訪問して、本校の生徒が英語でプレゼンテーションをすることになっています。それまでの2日間はそれぞれの部屋・グループで練習をして本番に臨みます。

IMG_5748.JPG

IMG_5717.JPG

IMG_5730.JPG

IMG_5791.JPG

IMG_5796.JPG

続きを読む

投稿者 global : 14:14

ハワイ短期留学(1日目 3/19)

2016年3月20日

①3月19日(土)
関西国際空港を出発して、7時間後にアメリカ合衆国ハワイ州ホノルルへ無事到着しました。日付変更線を超えて、当日の早朝に時間を戻して一日が始まりました。午前中は、ハワイ大学とハワイ・パシフィック大学の学生4名と生徒がグループに分かれて早速現地の散策をしました。大きな木の前でそれぞれが購入した昼食を食べました。その後、短期留学コーディネータとしてお世話になっている大阪府立大学の東優子先生と合流し、研修のためのオリエンテーションを行いました。サポートの現地大学生から大学生活のことなどを英語で聴いて、英語で質問しました。長い初日の最後は、現地で活動している三谷さんをお迎えして、高校時代のことから海外の大学へ進学し、カリフォルニアの大学、ハワイの大学で体験したこと、現在までに至る苦労や研究の内容などを聴くことができました。明日は、週末のアクティビティで、トレッキングとビーチを楽しむ予定です。

IMG_5551.JPG

IMG_5595.JPG

IMG_5613.JPG

IMG_5640.JPG

IMG_5654.JPG

続きを読む

投稿者 global : 18:57

英語検定1級に2名合格

2016年3月18日

平成27年度第3回英語検定において、本校生徒2名が1級に合格しました。すでに他の1名は1級を取得しており、1級取得者は合計3名になりました。第3回英語検定では、準1級にも2名合格し、今春の卒業生のうち準1級以上の取得者は9名(1級を含む)となりました。

続きを読む

投稿者 global : 17:30

G7倉敷こどもサミットに参加しました

3月6日(日)に倉敷市においてG7倉敷こどもサミットが開催され、本校高校3年生、井関さんが基調報告とこどもサミットのファシリテーターを務めました。また、中学生3人もオブザーバーとして参加させていただきました。中学生によるレポートです。

 私は、G7倉敷こどもサミットに参加して、自分にとって非常に大きな価値のあるものを得ることができました。また、私の思う本当の教育の姿というものが変わりました。私は、ただ教育はみんな受ける権利があり、大切なものという漠然としたイメージしかありませんでした。しかし、こどもサミットに参加して教育は様々な問題に関わっていて、教育の環境が整えられると様々な問題が解決できるのだと考えました。そして、ただ宿題をして塾に行くということではありません。問題のもとをたどれば「教育」というものが浮かびあがると思います。問題を解決するために私たちが今すぐにでもできる身近なことがあります。例えば、環境に目を向けると、地球温暖化やゴミの問題。家族や友人との関わり方の見直し。健康な状態で勉強すること。積極的にボランティア活動に参加することなどが挙げられます。たくさんの人が小さな行動をたくさんすることで、より大きなものになると考えました。
 また、清心女子高等学校の井関やあめさんが基調報告で言われていたように、将来のことで言われているのは、エネルギーの枯渇や地球温暖化などの負の面ばかりです。しかし、「負の面」ばかりでは良い将来にはなりません。ただ、悪くなると言うのではなくて、一人ひとりがよりよい社会を築いていくという強い気持ちが大切だと思います。最後に、私は宣言書にも書いてあるように、広い視野で、身近なことから行動し、それぞれの国で教育制度は異なるけど、いつか世界が一つになるときがおとずれるように考え、実行したいと思います。これからを担う私たちが教育を見直し改善すべきことなのではないでしょうか。

IMG_5474.JPG

IMG_5495.JPG

IMG_5533.JPG

続きを読む

投稿者 global : 15:24

英会話の新しい先生

2016年3月16日

昨年の秋より新しい英会話の先生が清心に来て下さっています。ジュリエット先生はニューヨーク出身のアメリカ人で、イェール大学で英文学を専攻されたそうです。学生時代は演劇やミュージカルに熱心に取り組んでいたそうです。また、東京にて大学生への英語チューターとして勤務されていたという経験豊富な先生です。これで本校に勤務するネイティブ教員は5名となりました。

IMG_0272.JPG

続きを読む

投稿者 global : 15:55

長期留学生からの留学報告

2016年3月 4日

本校高校1・2年生の4名は昨年夏からアメリカ、ウィスコンシン州に長期留学中です。高校2年生の大谷さんが留学レポートを届けてくれました。

続きを読む

投稿者 global : 14:34

第3回ESD café URA 2015レポート

2016年2月26日

先日岡山市内にて第3回ESD café URA 2015が開催され、参加者がその学びをレポートにまとめてくれました。

第3回ESD café URA 2015で学んだ事
私は今回のESD caféで5つの事を経験し、学びました。

1つ目は受付をしたことです。私は学校行事などで受付担当をした事はありましたが、学校外で受付等の役を任される事がなかったので緊張する部分があったものの、自分なりに役目を果たす事が出来たと思います。一応受付という役でしたが、会場の準備もしたので毎回会場を準備して下さるありがたみを感じました。更に、受付をしている時に様々な先生と話す機会もあり、細い所まで指導してくださったので自分のレベルアップにも繋がったと思います。
2つ目は周りの他校の学生の発表から刺激を受けた事です。具体的には発表内容や英語でのプレゼンです。自分とは違う考え、発想、英語の表現力を発見できました。特に聞き手に質問を投げかけていた人は相手の反応がわかるのでその後の発表がスムーズにできていたように感じました。今回のESD caféで自分の欠けている部分を自分に取り入れることが出来るよう、努力しようと思います。
 3つ目は疑問を持つことの大切さです。発表を聞いて終わりではなく、何か1つでも質問をすることで発表者も自分も成長できるのだと思いました。特に私のような初対面の人と話す事が苦手な人は、質問をする事で相手とコミュニケーションが取りやすくなるのだと感じました。
 4つ目は私自身が興味を持っている通訳者の小笠原さんのお話です。自分が気になった事も質問できたのでそのアドバイスを無駄にしないように実践していきたいです。また、通訳のお仕事とはどのような仕事内容なのか実際に聞くことができたので進路選択にも役立てたいと思います。
 最後に沖垣先生のお話を聞いて、まずは知ることが大切だ、と思いました。もし私が外国人に着物について教えて、と言われた時に、英語がどれだけ喋れても着物についての十分な知識がないと他の人に教える事は出来ません。そのようにならないようにまずは自分から様々な事について知り、そのような状況になった時に自分なりの英語表現が出来るよう勉強していきたいです。

 今回のESD caféも前回同様、刺激の多いものでした。他校の学生と交流する事で多岐にわたるお話が聞けて、視野が広がりました。次回は疑問を持つ事を目標にして頑張っていきたいです。また、自分が発表するとなった時にどのようにすれば聞き手に伝わりやすいか、について今のうちから考えていきたいです。


続きを読む

投稿者 global : 12:21

‹ 前へ 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12

このページの先頭へ