• HOME
  • グローバル教育 ブログ

グローバル教育ブログ

最近の記事

過去の記事

SGH甲子園に参加

2017.03.21

3月19日(日)に、関西学院大学主催のSGH甲子園に参加しました。SGHa校である本校からは3チームが参加し、ポスター発表を行いました。本校では、高校2年生の文理コースと3年生のNDSUクラスの生徒を対象とした総合的な学習として「発展科目」を設定しています。「発展科目」では複数の講座を設けており、今年はその中から「中国語」と「女性」の講座を受講している生徒たちが出場しました。残念ながら受賞には至りませんでしたが、今回の探究活動を通して、生徒たちは社会の諸課題に気付き、探究し、自分の意見をもってそれを主張することの大切さを実感したようです。
各チームの発表要旨は以下の通りです。


「日本の子育て支援のあり方を探る~北欧・アジアの実例より~」
 「日本死ね」保育園不足で待機児童となった保護者のブログが注目を集めました。働く親のための子育て支援制度が日本ではまだ成熟していないことが分かります。子育て先進国と日本の子育て支援制度の制度や態勢を比較研究します。また、貧困により子育てが困難となる事例をアジアの国々と日本国内に調べます。この問題に光を当て、親の労働と子育てへの支援は人の生命にかかわる重大かつ緊急の課題であることを訴えます。
DSCN5047.JPG
「1970年代の日中関係が及ぼした世界への影響」
 中国語の授業で中国残留孤児について学んだことで、日本史や世界史の授業では学べない両国の関係を探究し、より良い関係構築にどうしたら良いかを考えようと思いました。日中2000年の交流の中で、特に明治期以降の人の交流や締結された条約を中心に探究し、その背景や世界史的な意義をグローバルな視点で多角的に考察します。本研究はその第1歩として、日中国交正常化に焦点を当てて考察します。
DSCN5061.JPG
「孝謙・称徳天皇」
 「仏法東帰より斎会の儀いまだかつて此の如く盛なるは有らざるなり」天平勝宝4(752)年、アジアから多くの僧が招かれて大仏開眼供養が行われました。この時の天皇が史上唯一の女性皇太子でもあった孝謙天皇でした。孝謙天皇は仲麻呂をはじめ多くの権力者に囲まれ、政治的発言力は弱かったと言われています。この一大行事を執り行った彼女は政治に対してどのような理念を持っていたのか、ということに興味を持ち調べました。
DSCN5054.JPG

DSCN5079.JPG

投稿者:hashioka

San Jose 短期留学 report [day 2]

2017.03.20

day 2 (3月19日)

日曜日の今日は、ホストファミリーと一日を過ごしました。ダウンタウンやマーケットへ足を運んだり、ハイキングやスケート、公園で散歩をしたり、その他にも誕生日会、シルク・ドゥ・ソレイユ鑑賞など各家庭によって様々ですが、それぞれ充実した交流ができ、話も弾んだようです。

P1000219.JPG
image2.JPG
day 2 シルクドソレイユ.JPG

明日はいよいよノートルダムサンノゼ高校へ訪問します。


<生徒の日記より(一部抜粋)>
午後はhost sisterのピアノレッスンについて行ったり、スーパーに行ったり、お寿司を食べたりしました。彼女はイスラム教徒なのでmamと3人で16:00からモスクへ行きました。宗教のことはどこまで聞いていいのかわからずとりあえずついて行くと、イスラム教徒だけでなく、キリスト教徒など様々な宗教の方が大勢いました。いざ会が始まったと思ったら、外へ出てみんなでモスクを囲みましょう!と言われてさらに状況把握のできなくなった私にhost sisterが、イスラム教を悪い宗教だと思っている人にイスラム教はそんな宗教じゃないってことを伝える会なんだよ、と教えてくれました。手を繋いでモスクを囲んだりしました。その後は建物内に戻って、様々な方のお話を聞きました。宗教差別にあった方のお話、ジェンダーなど社会的差別をされたお話などです。中にはJapanese Americanの方もいました。このような会が開けるのは、様々な人種、宗教が存在するSan Joseだからこそだと思いました。人種が異なってもその方が歌を歌われたらスタンディングオベーションをしていました。San Joseは心が、そして視野が広くなる街だなと感じました。また、ここで友達もできました。初めは何だかわからないけどとりあえずついてきた!という感じでしたが、この会に参加してとても良かったと思います。今日は良い経験ができました。
モスク.JPGのサムネイル画像

日曜日限定のマーケットで、りんご、みかんなどの新鮮な食材を買いました!初めて見る野菜が多くあり、たくさん質問できました!ホストファザーがポップコーンを買ってくださり、甘い砂糖味でとってもおいしかったです!
昼食は、日本から持って来たラーメンを作って食べました!朝、マーケットで買った野菜を使いました!みんなが手伝ってくれ、とても助かりました!卵の茹でがあまかったり、想定外の事が多くあったりしましたが、美味しくでき、喜んでくれました!
夜は従兄弟の家でバースデーパーティーに参加しました!タコスを自分で作って食べるという、楽しいものでした!おばあ様がフランというコーヒープリンのようなものを作ってくださり、そして親戚の方々も「2週間?!2年くらいサンノゼにいたら??♡」と言ってくださいました!幸せな1日でした♡ 


投稿者:global

San Jose 短期留学 report [day 1]

2017.03.19

本校の高校1年生8名、2年生4名の計12名が、3月18日よりノートルダム・サンノゼハイスクール
で短期留学を行っています。ノートルダム・サンノゼハイスクールは、カリフォルニア州にある清心女子
高等学校と同じナミュール・ノートルダム修道女会の高校です。「女性と社会について考える」と題し、
現地での講義受講を行うことを目的としています。

期 間:2017年3月18日(土)~4月2日(日)16日間
訪問地:アメリカ合衆国 カリフォルニア州 サンノゼ市
    ノートルダム・サンノゼハイスクール / サンフランシスコ市など
宿泊先:ホームステイ  (1日サンフランシスコのホテルに滞在)           


day 1 (3月18日)
San jose day 1①
     ユナイテッド航空に乗って約9時間のフライトです。
San Jose day 1②
     サンフランシスコ到着後、ホストファミリーと集合写真。
san jose day ③
     その後はホストファミリーとともに過ごしました。

     到着時は曇りでしたが、ホストファミリーと活動する頃には晴天に。
San Jose day 1④


(生徒感想抜粋)
_____________________________________________ 

サンフランシスコ空港に到着したらホストファミリーがウェルカムボードを作って待ってくれていて、
嬉しくて思わず走ってホストファミリーの所へ行ってしまいました。

サンフランシスコ空港から家に帰る途中でIN-N-OUTというハンバーガー屋さんでお昼ご飯を食べまし
た。日本にはないお店でご飯を食べたのでアメリカに来たんだなと実感しました。

17時からは5人の清心の生徒とそのホストシスター達でウェルカムパーティーをしました。
美味しいお肉を食べたり、みんなでwiiをしたりして盛り上がりました。他の家のホストシスターとも
仲良くなれたので月曜からサンノゼの学校に行くのが楽しみになりました。
___________________________________________________________________________________________

ホストファミリーと会ったあと、そのまま弟のサッカーゲームの観戦に行きました。
そのあとはクラフトショップなどに行き、弟の理科の課題の道具を買いに行きました。
それからボードゲームをした後、ファインディングドリーを見ながらポップコーンを食べ、夕食を食べました。
私からはあまり喋れませんでしたが、様々な質問や気遣いを感じ、温かく迎えられていることのありがたさを感じることができました。


投稿者:global

かめのり財団奨学生によるかめのりセッション2017に参加

2017.03.15

 今年度本校高校2年生がかめのり財団の奨学生として8月、高校生カンボジアスタディツアー
に派遣されました。また先日、そのかめのり財団の帰国報告会であるかめのりセッションが開催され、こちらの参加レポートをまとめてくれました。
*****************************************
かめのりセッション2017 参加報告         高校2年 兼田紗綺

 このセッションにはかめのり奨学生としてカンボジア・韓国など様々な国に派遣された中高生が集まり、それぞれの体験や学びを共有しました。
 1日目はそれぞれの体験を劇などで発表しました。私たちカンボジアグループは「支援のあり方とは」というテーマで劇を通して支援する側、される側の心情を発表しました。2日目は参加プログラム混合で新しいグループを作り、それぞれのグループで「かめのり旗」を作成しました。1つは日本を表す国旗、1つはアジアを表す国旗を作成しました。この旗には私たちの考えるイメージやイメージカラー、特徴など様々な想いを込めました。特産物をどの班も取り入れていたのが印象的でした。
 このセッションに参加して、自分の学びが深まりました。帰国直後は自分の中でも考えがまとまっていなかったように今振り返ると思います。しかし、活動報告などを通して次第に考えがまとまってくるようになり、帰国直後には交わすことのできなかった意見交換がここで、できました。また、カンボジア以外の国を訪問された方々のお話を聞いて、カンボジアと共通する部分があったり、逆にカンボジアでは経験しなかった体験談を聞き、視野がまた少し広がったように感じます。今回は同じ学生の視点で物事を見ているので、今後、自分とは世代の違う方の視点で見た「世界」を聞いてみたいです。

投稿者:global