• HOME
  • グローバル教育 ブログ

グローバル教育ブログ

最近の記事

過去の記事

「ノートルダム杯英語スピーチコンテスト」開催について

2016.09.02

来る11月5日、ノートルダム清心学園主催「ノートルダム杯英語スピーチコンテスト」を開催します。
ますます国際化が進む21世紀を担う若人に「英語」を使って発表できる場を設け、いろいろな人とのコミュニケーションの輪を広げながら、楽しいひとときをお過ごしいただければと願っております。

小学生部門では暗唱コンテストを設け、発音や表現力の向上を目指します。
また、中学生部門ではオリジナル原稿のスピーチコンテストによって、自分の意見を英語で発信できる場を設け、コミュニケーション能力の向上を目指します。
男子・女子の両方とも参加可能です。

ご応募を心よりお待ち申し上げます。

「ノートルダム杯英語スピーチコンテスト」について

日時

平成28年11月5日(土)
場所

中学校・清心女子高等学校 中講堂
岡山県倉敷市二子 1200
応募資格

県小学校に在学の5・6年生の児童
近県中学校に在学の1・2・3年生の生徒
※小学生部門・中学生部門ともに海外経験の有無は問いませんが、英語を母語とする生徒は対象となりません。
※本コンテストにて過去優勝された方は、出場をご遠慮ください。
応募方法

以下のPDFをよくお読みになり、参加申込書に必要事項をご記入の上、
9月30日(金)までに郵送、ファックス、またはメール添付(PDF、ワード、一太郎)にてお申し込みください。
※中学生の部の原稿提出もお願いします。

連絡先(お問い合わせもこちらまで)

〒 701-0195
岡山県倉敷市二子 1200
清心中学校・清心女子高等学校グローバル教育担当(小寺裕之)
TEL:086-462-1661
Fax:086-463-0223
Email:kodera@nd-seishin.ac.jp
投稿者:admin

タイの学生との交流

2016.08.29

本校教員が公益財団法人民際センター主催「インターネット・フレンドシップ校交流事業2016タイ学校訪問」へ参加しました(訪問の様子はこちら)。
 学校視察に際して、高校3年生の生徒によって現地の人への挨拶と「タイの人に聞いてみたい質問」などのメッセージの準備がなされました。(作成の様子はこちら)そしてこれらのメッセージは初日に訪れたプリンセスチュラボーンカレッジパトゥンターニー校の女子学生達に手渡されました。タイの生徒達は日本人からのメッセージを嬉しく思い、喜んで返事を書いてくれました。

DSC07324.JPG

そして後期補習の始まった先日、生徒達がその返事を受け取り、タイに関する理解を深めました。連絡先を書いてくれた生徒もいて、ささやかな国際交流が始まりそうです。
日本とタイ、同じアジアの同じ世代の女子学生達による草の根的な交流から、異文化への理解がより深まると良いなと感じました。


生徒の感想
タイについてあまりよく知らなかったので、同世代の女の子たちと手紙の交換をしたり、先生からタイについてお話を聞くとことができたのが良かったです。

日本とタイの文化の違いがわかって面白かったです。日本では当たり前のことがタイでは珍しいことだったり、反対に日本では珍しいことがあったりして、興味深かったです。Facebookを書いていてくれたので交流してみたいと思います。

このような手紙などでタイの人と交流することができて面白いなと思いました。名前の事とか、ご飯など文化の違いがある所や、一方で似ているところもあって興味深かったです。

タイの人は日本に対して凄く良いイメージを持っていた人が多かったので、こちらもとても嬉しく思いました。私たちはあまりタイについて知らなかったのですが、タイの人が質問に答えてくれて、少しですがタイについて知ることができました。ドリアンの味は衝撃的でした。

手紙がもらえて嬉しいし、ラインのIDまで教えてくれていい人でよかったです。ラインをしてみます。文化の違いが思っていたよりもたくさんあったのでびっくりしました。体重計は面白いなと思いました。タイに行ったら乗りたい!

日本とは文化とか言葉とかいろいろ違うところがあるけれど、手紙で話ができてうれしかったです。ドリアンや写真などでタイの雰囲気を感じられました。世界のどの人とも話せるように英語をもっと勉強したいと思います。世界史ももっと勉強したいです。


投稿者:global

高校生国際協力体験プログラム参加

2016.08.18

本校高校1年生3名が、7月末に行われたJICA中国主催、「高校生国際協力体験プログラム」に参加しました。これは中国地方から約45名の高校生が参加し、2日間にわたってワークショップなどを通じて青年海外協力隊などの国際協力の最前線について知り、考える企画です。この企画に参加させていただいたことに感謝をしながら、更なる学びにつなげていって欲しいと思います。また、本校でも"Global Cafe"などの時間に、経験を共有する場を設けたいと思っています。
岡山県JICAデスクの記事はこちら

ファイル 2016-08-03 9 33 03.jpeg

ファイル 2016-08-03 10 10 14.jpeg

投稿者:global

インターネット・フレンドシップ校交流事業2016に参加

2016.08.07

 7月末に公益財団法人民際センター主催の「インターネット・フレンドシップ校交流事業2016タイ学校訪問」に参加してきました。5日間にパトゥンターニー県(バンコクの北に位置する)、サコンナコーン県(タイ東北部に位置しラオスに接している)の全部で5校を訪問した。数回に分けて今回の訪問を簡単に紹介したいと思います。
 最初にPrincess Chulabhon Science HighSchool Pathumtaniを訪問しました。Princess Chulabhon Science HighSchool Pathumtaniは約25年前に王国が設立したScience HighSchool 12校の中の1つで、次代のサイエンスリーダー育成のために作られた学校です(日本でいうSSH的なもの).タイを12の区画に分け、その中に1校ずつPrincess Chulabhon Science HighSchoolを設立し、生徒はその区画の中から選抜されて入学します。ここは全寮制で、我々も学生寮に宿泊しました。学校の説明を受けたあと、施設見学や授業を参観させてもらいました。なお、訪問した週はこの学校の中間テスト中で空いた時間に生徒たちはグループになって勉強をしていました。
DSC_0035.JPG
DSC_0057.JPG
DSC_0071.JPG

投稿者:hashioka