• HOME
  • グローバル教育 ブログ

グローバル教育ブログ

最近の記事

過去の記事

San Jose 短期留学 report [day 1]

2017.03.19

本校の高校1年生8名、2年生4名の計12名が、3月18日よりノートルダム・サンノゼハイスクール
で短期留学を行っています。ノートルダム・サンノゼハイスクールは、カリフォルニア州にある清心女子
高等学校と同じナミュール・ノートルダム修道女会の高校です。「女性と社会について考える」と題し、
現地での講義受講を行うことを目的としています。

期 間:2017年3月18日(土)~4月2日(日)16日間
訪問地:アメリカ合衆国 カリフォルニア州 サンノゼ市
    ノートルダム・サンノゼハイスクール / サンフランシスコ市など
宿泊先:ホームステイ  (1日サンフランシスコのホテルに滞在)           


day 1 (3月18日)
San jose day 1①
     ユナイテッド航空に乗って約9時間のフライトです。
San Jose day 1②
     サンフランシスコ到着後、ホストファミリーと集合写真。
san jose day ③
     その後はホストファミリーとともに過ごしました。

     到着時は曇りでしたが、ホストファミリーと活動する頃には晴天に。
San Jose day 1④


(生徒感想抜粋)
_____________________________________________ 

サンフランシスコ空港に到着したらホストファミリーがウェルカムボードを作って待ってくれていて、
嬉しくて思わず走ってホストファミリーの所へ行ってしまいました。

サンフランシスコ空港から家に帰る途中でIN-N-OUTというハンバーガー屋さんでお昼ご飯を食べまし
た。日本にはないお店でご飯を食べたのでアメリカに来たんだなと実感しました。

17時からは5人の清心の生徒とそのホストシスター達でウェルカムパーティーをしました。
美味しいお肉を食べたり、みんなでwiiをしたりして盛り上がりました。他の家のホストシスターとも
仲良くなれたので月曜からサンノゼの学校に行くのが楽しみになりました。
___________________________________________________________________________________________

ホストファミリーと会ったあと、そのまま弟のサッカーゲームの観戦に行きました。
そのあとはクラフトショップなどに行き、弟の理科の課題の道具を買いに行きました。
それからボードゲームをした後、ファインディングドリーを見ながらポップコーンを食べ、夕食を食べました。
私からはあまり喋れませんでしたが、様々な質問や気遣いを感じ、温かく迎えられていることのありがたさを感じることができました。


投稿者:global

かめのり財団奨学生によるかめのりセッション2017に参加

2017.03.15

 今年度本校高校2年生がかめのり財団の奨学生として8月、高校生カンボジアスタディツアー
に派遣されました。また先日、そのかめのり財団の帰国報告会であるかめのりセッションが開催され、こちらの参加レポートをまとめてくれました。
*****************************************
かめのりセッション2017 参加報告         高校2年 兼田紗綺

 このセッションにはかめのり奨学生としてカンボジア・韓国など様々な国に派遣された中高生が集まり、それぞれの体験や学びを共有しました。
 1日目はそれぞれの体験を劇などで発表しました。私たちカンボジアグループは「支援のあり方とは」というテーマで劇を通して支援する側、される側の心情を発表しました。2日目は参加プログラム混合で新しいグループを作り、それぞれのグループで「かめのり旗」を作成しました。1つは日本を表す国旗、1つはアジアを表す国旗を作成しました。この旗には私たちの考えるイメージやイメージカラー、特徴など様々な想いを込めました。特産物をどの班も取り入れていたのが印象的でした。
 このセッションに参加して、自分の学びが深まりました。帰国直後は自分の中でも考えがまとまっていなかったように今振り返ると思います。しかし、活動報告などを通して次第に考えがまとまってくるようになり、帰国直後には交わすことのできなかった意見交換がここで、できました。また、カンボジア以外の国を訪問された方々のお話を聞いて、カンボジアと共通する部分があったり、逆にカンボジアでは経験しなかった体験談を聞き、視野がまた少し広がったように感じます。今回は同じ学生の視点で物事を見ているので、今後、自分とは世代の違う方の視点で見た「世界」を聞いてみたいです。

投稿者:global

ESDに関する英語スピーチ

2017.03.10

 先日第51回校内英語スピーチコンテストが行われ、高校1・2年生が日頃のスピーキング力を披露する場となりました。実際学校で学ぶライティングの技能を活用してスピーチ原稿を作成するのは並大抵のことではありません。そんな中27名の参加者中今年度ユネスコスクールの活動に参加した2名がそれぞれ「ESD」について発表を行いました。〝The basic idea is Leaving something good for the next generation.〟まだまだ清心でも認知度の低いESDという概念を、高校生の言葉で伝えようとする熱心さが伝わってくる素晴らしいスピーチでした。


投稿者:global