• HOME
  • グローバル教育 ブログ

グローバル教育ブログ

最近の記事

過去の記事

グローバル教育講演会~地球人としての視野を広げていくために~

2020.07.20

本日はグローバル教育講演会が行われました。講師と演題は以下のとおりです。
講師:千田悦子先生(UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)元職員)
演題:「地球人として未来へ羽ばたく -国連など国際人道支援現場からの視点-」
IMG_2767.JPG
千田先生は、ジュネーブ本部やケニア、アフガニスタンなどで主にフィールド・オフィサー(現場担当官)として、難民を支えるべく活躍されていました。
実際に現地で着用していた衣装に身を包み、危険な銃撃の経験を交えながら、臨場感のあるメッセージを届けてくださいました。IMG_2768.JPGIMG_2774.JPG
「生きていることに感謝し、自分の頭でまず考え判断する」ことで、グローバルな視野が養われますが、やはり人の命こそが最優先だとお話しいただきました。

生きてさえいれば、次がある。そして自分で考え判断してこそ、意味が生まれる。

私たちはそのことを忘れてはいけないのだと、改めて考えることができました。IMG_2781.JPG

投稿者:global

中学1年「探究活動」が始まりました

2020.06.04

清心中学1年では1年間を通して「SDGs」をテーマに探究活動を行っています.

その活動が今日から始まりましたので、その一部を紹介します.

第1回目は「SDGsの理解」です.SDGsって何?から始まり、それぞれのGoalの背景にどのような問題があるかを「SDGsすごろく」を通して、勉強をしました.

「SDGsすごろく」とはサイコロを振って止まった場所に書かれてあるSDGsの番号(1~17)に関するクイズに答えてゴールを目指すというものです.簡単な身近な話題から、引っかかりやすいものまでさまざまなクイズに答えて、駒を進めていく中で、グローバルな問題について学習していきます.

RIMG1085.JPGRIMG1087.JPGRIMG1095.JPGRIMG1096.JPGRIMG1100.JPGすごろくの後は、本校が40年以上前から支援しているチャイルドファンドジャパン(以下CFJ)の活動の紹介をしました.CFJへの支援活動の内容とともに、2年前から始まったフィリピンの支援地域を訪問するスタディツアーの様子を紹介しました.

RIMG1106.JPGRIMG1108.JPG

投稿者:hashioka

高校生エッセイコンテスト

2020.02.20

国際協力中学生・高校生エッセイコンテスト
独立行政法人国際協力機構 中国センター所長賞
高校1年 有馬愛喜さん「院内・院外のQOL~日本にいる私の経験から~」
Congratulations!!unnamed.jpg
IMG_6222.jpg

投稿者:global

Sr.ジーン来校

2019.11.14

11月12日(火)と13日(水)に、Sr.ジーンとの交流を行いました。
Sr.ジーンは、2000年に国連サミットで合意されたミレニアム開発目標が2015年にSDGs(持続可能な開発目標)にかわる過程を、国連のNGO組織の一員として間近で見てこられた方です。
本校はユネスコスクールとしてESD活動を推進し、SDGsへの取り組みを具体的に実践するために、今回の交流を貴重な機会として活かしたいと考えています。
交流の内容の一部をご紹介します。

12日、朝 記念館で全校集会が行われ、ご挨拶いただきました。
写真①.JPG
中3NELP 通訳のないAll Englishの授業でしたが、質疑応答も自発的に行っていました。
写真②.jpg
写真⑧.JPG
写真③.jpg
高2D 清心が取り組んでいるSGHaやSSHの活動、そしてフィリピンスタディツアーに関して英語でプレゼンテーションを行いました。
コメントをいただいた後、シスターとも関わりのあるサンノゼ校について伺いました。
高2には、サンノゼ研修に参加した生徒がいたため、研修の経験も分かち合うことができました。
写真④.jpg
写真⑤.jpg
中高生のスピーチ披露があったほか、発展科目にも参加されました。
発展科目「女性」の授業 ジェンダーを中心に講義していただきました。SDGsに関して自分たちが投票できるサイトと、世界中の人々の投票結果のデータを見ることができるサイトをご紹介いただきました。
これらのサイトを見て、自身の考えを深めてくれることを願います。


13日 高2全員 シスターに講義をしていただき、それぞれの生徒がメモを取りながら耳を傾けました。
SDGsが掲げる17のゴールの中で世界中の人々が大切だと思う6つを選び投票した結果、国や性別、年齢を問わず不動の1位はA Good Education(よい教育)だそうです。教育があってこそ、他のゴールも達成に導くことができるという考えに基づいた結果だと思われます。
写真⑥.JPG
その他にもいくつかの学年へ講義をしていただき、午後にはGlobal Caféで自由に意見交換をしました。
なごやかな雰囲気のなか、自分の意見を英語で発信し、学びを深めていくことができたことと思います。
写真⑦.jpg

投稿者:global