グローバル教育ブログ

最近の記事

過去の記事

国際交流/International Exchange

タイ王立チュラボーンサイエンス高校パトゥンターニ校とSkypeMeetingを実施

2016.12.01

7月末に公益財団法人民際センター主催の「インターネット・フレンドシップ校交流事業2016タイ学校訪問」に参加した際に訪問したPrincess Chulabhon Science HighSchool PathumtaniとSkypeMeetingを実施しました。第1回目のSkypeのため、お互いに自己紹介をし終了しましたが、両校ともたくさんの生徒が参加することができ、和やかな雰囲気で進んでいきました。タイの生徒たちは日本のアニメに興味があったり、流暢に日本語を話すなど驚くことばかりでした。
今後はタイについて事前学習をしながら、SDGsのテーマに関してお互いに議論しながら、交流を深めていく予定です。
IMG_20161130_164510.jpg
IMG_20161130_164108.jpg

投稿者:hashioka

タイの学生との交流

2016.08.29

本校教員が公益財団法人民際センター主催「インターネット・フレンドシップ校交流事業2016タイ学校訪問」へ参加しました(訪問の様子はこちら)。
 学校視察に際して、高校3年生の生徒によって現地の人への挨拶と「タイの人に聞いてみたい質問」などのメッセージの準備がなされました。(作成の様子はこちら)そしてこれらのメッセージは初日に訪れたプリンセスチュラボーンカレッジパトゥンターニー校の女子学生達に手渡されました。タイの生徒達は日本人からのメッセージを嬉しく思い、喜んで返事を書いてくれました。

DSC07324.JPG

そして後期補習の始まった先日、生徒達がその返事を受け取り、タイに関する理解を深めました。連絡先を書いてくれた生徒もいて、ささやかな国際交流が始まりそうです。
日本とタイ、同じアジアの同じ世代の女子学生達による草の根的な交流から、異文化への理解がより深まると良いなと感じました。


生徒の感想
タイについてあまりよく知らなかったので、同世代の女の子たちと手紙の交換をしたり、先生からタイについてお話を聞くとことができたのが良かったです。

日本とタイの文化の違いがわかって面白かったです。日本では当たり前のことがタイでは珍しいことだったり、反対に日本では珍しいことがあったりして、興味深かったです。Facebookを書いていてくれたので交流してみたいと思います。

このような手紙などでタイの人と交流することができて面白いなと思いました。名前の事とか、ご飯など文化の違いがある所や、一方で似ているところもあって興味深かったです。

タイの人は日本に対して凄く良いイメージを持っていた人が多かったので、こちらもとても嬉しく思いました。私たちはあまりタイについて知らなかったのですが、タイの人が質問に答えてくれて、少しですがタイについて知ることができました。ドリアンの味は衝撃的でした。

手紙がもらえて嬉しいし、ラインのIDまで教えてくれていい人でよかったです。ラインをしてみます。文化の違いが思っていたよりもたくさんあったのでびっくりしました。体重計は面白いなと思いました。タイに行ったら乗りたい!

日本とは文化とか言葉とかいろいろ違うところがあるけれど、手紙で話ができてうれしかったです。ドリアンや写真などでタイの雰囲気を感じられました。世界のどの人とも話せるように英語をもっと勉強したいと思います。世界史ももっと勉強したいです。


投稿者:global

タイ学校訪問(インターネット・フレンドシップ校交流事業)

2016.07.19

本校教員が公益財団法人民際センター主催「インターネット・フレンドシップ校交流事業2016タイ学校訪問」へ参加し、7月25日から7月30日までタイ(首都バンコク、パトゥンターニー県、サコンナコーン県)を訪問します。これは国際交流基金アジアセンターの助成を受けた学校訪問事業で、これから日本とタイの学校間交流プログラムを進めるのに際し、現地の学校や教育局、NGO・NPO、その支援対象者などの現状について知り、タイの教育環境や日本との関係性の理解を深めることを目的としています。
 それに際し、先日、タイ研修に向けて生徒達が暑中見舞いを完成させました。現地の学生達に喜んで貰えるか楽しみにしています。

ファイル 2016-07-14 14 56 35.jpeg

ファイル 2016-07-14 14 57 07.jpeg

投稿者:global

ノートルダムサンノゼ高校との交流が始まりました

2016.06.09

昨日から本校の姉妹校であるアメリカのノートルダムサンノゼ(Notre Dame San Jose)高校の生徒10人と教員2人(Bayard先生とElizabeth先生)が来校し、2週間の短期交流プログラムが始まりました。
ノートルダムサンノゼ高校は私立の女子校で、「ジェンダー教育」「地域と連携したキャリア教育」「リーダーシップ育成」など先進的な女子教育プログラムを実践しています。

1日目の今日は午後から本校の部活(弓道・茶道・箏曲)の見学および参加をしました。
IMG_9201.jpg

IMG_9212.jpg

投稿者:hashioka