グローバル教育ブログ

最近の記事

過去の記事

国際理解教育/Education for International Understanding  

日印教員交流会-ACCU主催-に参加

2017.11.11

ACCU主催の日本インド教員交流会に参加してきました。

両国から15名の教員が参加し、午前午後にそれぞれグループによる意見交換を行いました。 午前中は簡単な自己紹介やヨガの練習などのあと、グループに分かれ、両国の教育に関する意見交換を行いました。

自分が所属したグループでは「環境教育」「語学教育」「教育システムの違い」などで意見交換をしました。以下、簡単に列挙します。

・学校自体は朝8時から始まり、朝食前に授業がある.

・「語学教育」では"ヒンディー語"、"英語"、"地元の言葉(ローカル語)"の3カ国語の学習が行われている.

・地方では経済的に困っている生徒に対して、Navodaya Vidalayaという寄宿舎が用意されている.

・親が公務員である生徒のための学校「KV」が全国に1000校近くある.(公務員はインド国内で転勤があるため、地方に転勤になるとその地区の言葉を理解するのに苦労するらしい)

・日本と同じように、保護者面談や下位者補習、塾がある.

DSC01360.JPG

DSC01462.JPG

午後からは別のグループに所属し、午前同様に意見交換が行われました。このグループには数学・物理の先生がいたので、理系教育についての意見交換ができました。

DSC01534.JPG DSC01509.JPG

・インドでは理論:実習=7:3くらいの割合で授業が行われ、それぞれに進級試験が行われる(数学は8:2くらい).

・実習に関する試験は、あるテーマが与えられたときに既習のどの理論を使って行うのか、その理論は他にどんなことに使えるかなど、実習以外に口頭試問のようなこともしている(日本のAO入試みたいだと日本の先生たちと話をした).

・インドの「Social Study」では"社会の中の一人という意識を持たせる"ことがテーマであり、「政治」「経済」「統計」「地域学」など様々な分野があり、アクティブラーニング中心の授業を行っている.

・科学教育をインド国内で広げるため、「Science Express」という列車が走っており、10両ほどの中にさまざまな科学に関する催し物が行われるようになっている.



最後はインドの教員の代表者からこのプログラムに関して発表があり、記念撮影をして終了しました。

休憩時間を使って雑談形式で話をしましたが、グローバル社会に目を向けるあまり、インドでは少しずつ自国の文化や伝統を継承する行事や授業が減少していると言われていました。 また、日本の環境教育に大変興味を示していました。

今後はFacebookを使って交流を継続していく予定です。 IMG_20171111_170426.jpg

投稿者:hashioka

AMDA-MINDS設立10周年企画に参加

2017.09.22

AMDAが主催するAMDA-MINDS設立10周年企画 第5弾 「安全な水とトイレをみんなに(SDGs目標6)ミャンマー編」に本校の生徒たちが参加してきました。

環境学習センター「アスエコ」で開催されたこの会にはたくさんの高校生や一般の方も参加し、ミャンマーでのAMDAの取り組みについて話を聞きました。担当者の方からミャンマーで行われている事業を紹介しながら、今回のテーマであるSDGs6の「安全な水とトイレを世界中に」について活動報告を受けました。

我々日本人によっては当たり前の水もミャンマーの農村地域では安全な水を得られるような設備は十分に完備されておらず、水源地の確保から始まり、水を通すパイプラインの整備や住民の衛生管理の意識を植え付けたり、住民たちが運営できるようにいろいろな工夫を行っていることを知りました。

IMG_20170921_184400.jpg

IMG_20170921_184558.jpg

報告の後、参加した高校生全員が感想を述べ、今日の会を終了しました。短い時間でしたが、学校ではなかなか知ることができない貴重な話を聞く機会となりました。

また、他校の生徒たちの意見を聞くこともでき、充実した報告会であったと思います。

IMG_20170921_193623.jpg

投稿者:hashioka

AMDA-MINDS「NGOで働く~グローバル社会でできること~」に参加

2017.06.12

AMDAが主催するAMDA-MINDS「国際協力キャリアセミナー」に本校の生徒が参加してきました。AMDAの職員方々が、どのような「きっかけ」で国際協力に関わるようになり、どんな「経緯」で今に至ったのか、また、毎日どのような「想い」で現場と向き合っているかなどをさまざまなエピソードを交えながら、語っていただきました。講演の後、グループに分かれ、AMDAの職員の方に質問をしました。

IMG_20170609_183703.jpgIMG_20170609_192413.jpgIMG_20170609_193644.jpg

あっという間にセミナーの終了時間を迎えましたが、終わったあとも職員の方に進路の相談をしていました。

IMG_20170609_195700.jpg以下は参加した生徒の感想を抜粋したものです。



今回、講演を聞いたり、質問を聞いたりして、将来の選択肢の中に国際貢献に関する仕事を入れてみようと思いました。質問の中で「社会経験があったほうがいい」というのは初めて聞き、想像もしていなかったので正直驚きました。今回1番思ったことは、将来国際貢献に関わる仕事に就こうかと考えたときに困らないよう今はとにかく英語を勉強しようと思いました。



「世界で一番貧しい国」と言われるシオラレオネという国に行って貢献されたお二人の講師の先生の講演を聞き、それを踏まえたのち、直接、意見交流をしました。 そのうちの一人は大学で法学を勉強し、会社員として何年か働いたのち、国際協力をしている業界に入り、シエラレオネに行ったそうです。また、シエラレオネには行かれていないけれど、豊富な経験をお持ちになる社会人の方々とも交流しました。近年、将来への就職先として大学を卒業してからこの業界の職に就きたいと希望する大学生の方が多いようです。しかし、交流した方々全員が口をそろえて言われたことが、①職に就いた時の待遇が良いので、大学院に行っておいたほうが良いということ、②若くして国際協力業界に入ることは、競争率も高く、また、重大な責任を負うことにもなるので、一度社会人として経験を積んでから入ったほうが良いということを知りました。私は将来、グローバルに生き、発展途上国の人々の生活に貢献できる人材となることを目標としているので、今回の講演会は私の、未熟な国際協力の知識にも、私の将来にも、素晴らしい影響をあたえてくださった気がします。今後も、このような講演会に積極的に参加し、私も成長していきたいと深く感じました。



「発展途上国の人々は、変わり始めている」

講演を聴いて私が最初に思ったことがこれだ。これまで私は「発展途上国の人々の中には勉強の大切さを知らない親が多く、それゆえに、学校に子供が行かずに働き、勉強ができないため賃金の安い仕事にしか就けない」と授業を通して知り、現在でもそうだと思っていた。しかし、今回の講演を聴き、今までの考えがガラッと変化した。多くの人々が勉強の大切さを理解し、また「自分の子どもには苦労させたくない。家計は苦しいけれど、学校にだけは通わせている。」という人々が大半で、これを聞いたとき本当に嬉しかった。途上国の人々も、一歩ずつ前に進み、変わり始めていると強く感じた。今回の講演会で、直接経験者の方のお話を聴き、国際協力というものが「漠然」としたものから「明確になった」ように思う。このような講演会に参加できたことに感謝し、これからも自分の見聞を広げていこうと思った。

投稿者:hashioka

SDGs勉強会に参加

2016.10.17

AMDA社会開発機構が主催するSDGsの勉強会に本校生徒および教員が参加してきました。
この会は、2015年に採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」について理解を深めるための勉強会で、今回はSDGsの17つの目標のうち、2つ目にあたる「No Hunger(飢餓)」について考えました。
DSC_0260.JPG
主催するAMDA社会開発機構のスタッフから「No Hunger(飢餓)」の項目について説明が行われた後、この機構が関わっているホンジュラスの活動についての報告もありました。
主食がトウモロコシや豆で、3食必ず出てくることや、コーヒーが主な産業であるこの国で、工業製品などは輸入に頼っている分価格が高く、貧困層にはテレビなどは手が届かないなど、ここでしか聞けない話題を提供していただきました。
現在、内陸部のエル・パライソ県バド・アンチョ市に対して家庭菜園普及プロジェクトを行う予定であり、一般家庭に根付かせる活動を現地のスタッフと考えていると説明がありました。
DSC_0264.JPG

投稿者:hashioka