グローバル教育ブログ

最近の記事

過去の記事

大分研修旅行【高1国際系】

2021.08.07

高校1年生国際系の生徒(希望者)が、大分・カンボジア協会の支援のもと、立命館アジア太平洋大学(APU)のカンボジア留学生・卒業生と交流会を行いました。
4月からオンラインで交流を続けてきており、今回はAPU等のご協力もあり交流会が実現しました。
※新型コロナウイルス感染症の状況をふまえ、体調や体温確認など、感染症対策を徹底したうえで準備・調整を重ねて実施しました。

○8月2日(月)
事前に学習していた日本やカンボジアの現状に関する4つのテーマについて、英語で発表しました。
その発表内容についてAPUの留学生や卒業生とディスカッションし、国際理解に関して視野を広げることができました。
英語による発表には緊張が見られましたが、交わされる英語のスピードに苦労しつつも上手く受け答えができていました。
その後のフリーディスカッションでは、自然と会話に花が咲き、時間が足りないほどの盛り上がりでした。
IMG_8015.JPG
IMG_8016.JPG
IMG_8017.JPG

○8月3日(火)
九電みらい財団のご協力もあり、「くじゅう九電の森」で環境教育を行いました。
森林の果たす役割について講話や森林観察を通じて考え、SDGsについて意識を高めていきます。
森林の清らかな空気の中、清々しい心持ちで学ぶことができました。
くじゅう九電の森①.jpeg
くじゅう九電の森②.jpeg
また留学生によるAPUのキャンパス見学、そして日本人学生による大学生活に関するプレゼンテーションと意見交換が行われました。
大学での学生生活に直接触れることで、自らの将来を考えるきっかけとなったようです。
プレゼン.jpeg
外観仮.jpeg
最後に、今回の研修にご協力いただいた方々に心から御礼を申し上げます。ありがとうございました。

投稿者:global