グローバル教育ブログ

最近の記事

過去の記事

San Jose 短期留学 report [day15&まとめ]

2019.04.04

ご報告が遅くなり、申し訳ありません。
サンノゼ研修最終日の内容と、全体のまとめをお伝えします。


4月1日サンノゼ研修を終える日がやってきました。
あっという間の2週間。生徒にとって楽しいことばかりではなかったかもしれませんが、様々なことを学び、今後に活かすきっかけになっていればと思います。


朝早くにサンフランシスコ国際空港に集合。
帰国のときが来ると、生徒の口から自然と「帰りたくない」との声が溢れてきました。
それほどまでに素晴らしい時間をサンノゼやサンフランシスコで過ごすことができたということでしょう。
別れを惜しみつつ、素敵な時間をくださったホストファミリーに感謝を伝えました。
IMG_E5316.JPG
S__30466051.jpg
IMG_5328.JPG
S__30466053.jpg


約11時間の空の旅を終え、日本へ。
久しぶりに周囲を日本語に囲まれているため不思議な感覚がします。
その後、岡山駅にて解散。研修を終え、明るい表情の生徒を保護者の皆様のもとへ無事にお返しすることができほっとしました。
今回の研修が生徒にとって実り豊かなものになったことを願っています。

今回の研修では、日本では学べないことを目や耳だけでなく肌で感じ、実際にコミュニケーションを取っていくという実践で学び取ることができたと思います。何よりホストファミリーの方々をはじめ、サンノゼの先生方や生徒の皆さんの温かい歓迎を受け、助けていただいたからこそ、貴重な体験や素敵な思い出ができました。ありがとうございました。
本校の生徒は英語に囲まれ、慣れない環境に身を置きながらも、サンノゼで多くの新しい友人に恵まれたことと思います。その新しい繫がりを今後も大切にしていきたいものです。生徒の皆さん、本当に2週間お疲れ様でした。皆さんにとってかけがえのない時間になっていれば嬉しく思います。
また、これからも続く本校とノートルダム・サンノゼハイスクールとの交流のなかで、互いに学びを深めていければ光栄です。
最後に研修の機会をくださった保護者の方々、サポートしてくださった多くの先生方、快く受け入れてくださったホストファミリーの方々、そして積極的に研修に取り組んだ生徒の皆さん、旅行会社の方々...この研修に関わるすべての方々に感謝を申し上げ、San Jose 短期留学 reportの幕を閉じさせていただきます。

投稿者:global