グローバル教育ブログ

最近の記事

過去の記事

San Jose 短期留学 report [day 12]

2017.04.03

day 12 (3月29日)

サンフランシスコ2日目です。フェリーに乗りアルカトラズ島に行きました。この島はゴールドラッシュの時代に船が寄港するための灯台が立てられ、要塞化されました。その後、南北戦争時、南部連合のサンフランシスコ湾への侵入を防ぐための役割を果たし、その前後から、監獄として脱走兵・窃盗犯などが収容され、時代を経て一般の犯罪者が移されていった場所です。実際に起こった脱走の様子を基にした映画も有名です。私たちは監獄の内部を見学するとともに、経緯を学ぶことができました。

ピア33からフェリーに乗ってアルカトラズ島へ
フェリーの上からサンフランシスコの街並みを見ることができました。
1.JPGのサムネイル画像
2.JPG
3.png
4.JPG
5.jpg
6.png
7.JPG
8.JPG
9.JPG


監獄の内部を見学
監房や厨房、食堂などの施設内を、音声ガイダンスの指示に従って進み、それぞれの場所で説明を聞くことができました。実際に監獄で聞こえてくるような音がヘッドフォンから流れてきて臨場感あふれるツアーとなりました。
10.JPG
11.JPG
12.JPGのサムネイル画像
13.JPG
14.JPG
14-2.JPG
15.JPG
16.JPG
19.JPG
  

ピア39にて昼食&ショッピング
自由な時間をとり、思い思いの場所で昼食とショッピングを楽しみました。ここではアシカの群れを見ることができました。
21.JPG
22.JPG
23.JPG
24.JPG
25.JPG
26.JPG
27.JPG

<生徒の日記(一部抜粋)>
・今日はアルカトラズ島に行きました。生々しいのかと思いきや以外に血などがなく抵抗なく入れましたが、実際に牢屋に入ってみると暗くてどこからか見られている気がしました。鉄の匂いがしてリアルで怖かったです。日本語音声があり、ただなにもなしに見るより絵を思い浮かべながら想像しながら見れたのでいい経験になったと思います。アルカトラズ戦争の歴史はすごく酷く、ほんとうにあった事なんだと実感できました。30年弱という短い期間の間に何百人もの極悪犯罪者が収容されているという規模の大きさにびっくりしました。


・日本語のガイドだったのでとてもよくわかりました。当時のまま残されていてとてもリアルで少し怖かったです。特に悪かった人が過ごす牢獄は真っ暗で私だったら絶対に生きていけないと思いました。脱獄しようとした人に投げた手榴弾の跡が生々しく床に残っていてそこで人が亡くなったと思うと見ることができませんでした。本当に酷な環境で生きてきたんだと思いました。お昼ご飯はFried shrimpを食べました。アメリカのエビは本当においしいと思います。身がしっかり詰まっていて大好きになりました。そこで友達へのお土産も買えて良かったです。

投稿者:global