グローバル教育 Global Education

SGH甲子園に参加

2017年3月21日

3月19日(日)に、関西学院大学主催のSGH甲子園に参加しました。SGHa校である本校からは3チームが参加し、ポスター発表を行いました。本校では、高校2年生の文理コースと3年生のNDSUクラスの生徒を対象とした総合的な学習として「発展科目」を設定しています。「発展科目」では複数の講座を設けており、今年はその中から「中国語」と「女性」の講座を受講している生徒たちが出場しました。残念ながら受賞には至りませんでしたが、今回の探究活動を通して、生徒たちは社会の諸課題に気付き、探究し、自分の意見をもってそれを主張することの大切さを実感したようです。
各チームの発表要旨は以下の通りです。


「日本の子育て支援のあり方を探る~北欧・アジアの実例より~」
 「日本死ね」保育園不足で待機児童となった保護者のブログが注目を集めました。働く親のための子育て支援制度が日本ではまだ成熟していないことが分かります。子育て先進国と日本の子育て支援制度の制度や態勢を比較研究します。また、貧困により子育てが困難となる事例をアジアの国々と日本国内に調べます。この問題に光を当て、親の労働と子育てへの支援は人の生命にかかわる重大かつ緊急の課題であることを訴えます。
DSCN5047.JPG
「1970年代の日中関係が及ぼした世界への影響」
 中国語の授業で中国残留孤児について学んだことで、日本史や世界史の授業では学べない両国の関係を探究し、より良い関係構築にどうしたら良いかを考えようと思いました。日中2000年の交流の中で、特に明治期以降の人の交流や締結された条約を中心に探究し、その背景や世界史的な意義をグローバルな視点で多角的に考察します。本研究はその第1歩として、日中国交正常化に焦点を当てて考察します。
DSCN5061.JPG
「孝謙・称徳天皇」
 「仏法東帰より斎会の儀いまだかつて此の如く盛なるは有らざるなり」天平勝宝4(752)年、アジアから多くの僧が招かれて大仏開眼供養が行われました。この時の天皇が史上唯一の女性皇太子でもあった孝謙天皇でした。孝謙天皇は仲麻呂をはじめ多くの権力者に囲まれ、政治的発言力は弱かったと言われています。この一大行事を執り行った彼女は政治に対してどのような理念を持っていたのか、ということに興味を持ち調べました。
DSCN5054.JPG

DSCN5079.JPG

投稿者: hashioka 日時: 11:09

このページの先頭へ