高校なでしこ生徒会

研修旅行 沖縄戦争平和コース2日目

2016年10月18日

昨日は沖縄戦、特に学徒隊のことについて学びました。

二日目は沖縄戦とこれから平和を作っていくためには、という過去から未来につなげていく学習をしました。

二日目の最初に向かったのは、嘉数高台のそばにある弾痕の塀へ行きました。弾痕の塀は、戦場となった嘉数で日米両軍の銃弾や砲弾が雨あられのように降ったことを物語るものでした。

沖縄8.jpg

次に陣地壕というところを見学しました。

沖縄9.jpg

次に嘉数高台に登りました。嘉数高台は戦時中も高いところから見下ろせるので敵の動きを見るために使われていたそうです。現在は米軍基地が良く見えます。オスプレイが並んでいるのも見えました。

沖縄10.jpg

次にトーチカという戦時中、防御の中心になるところを見学しました。ここに入って小さな穴から銃口を出して撃っていたそうです。

沖縄11.jpg

次に嘉手納基地が見渡せる道の駅に行きました。間近に米軍基地があって驚きました。手前の畑は住民の畑です。後ろのほうに見える建物は格納庫と言われています。基地の奥には弾薬庫があり、核兵器の存在も疑われています。

沖縄12.jpg次にチビチリガマに行きました。チビチリガマは強制的集団自決が行われたところです。その中の六割は18歳以下の子供だったといわれています。そして、今でも遺骨が残されており中に入ることはできません。中にはお墓が建てられているそうです。沖縄13.jpg

ここで昼食タイムです。読谷村役場でタコライスを食べました。意外とみんな食べ方を知らなかったようです(^^;)

昼食をとった後に向かったのは辺野古が見える海岸です。しかし去年のようにとても近くに行くことができず遠くから眺めました。

また、海岸だったため、みんな珊瑚を拾っていました。

次に、東村高江へ行きました。ここは現在オスプレイのヘリパッド建設中ですが、東村の住民と日本政府が激しく対立ところです。なぜ、ここにヘリパッドが作られるのかについて住民には説明されていません。しかし、実際、村を標的にした軍事訓練がされるのではないかと推測されています。なんと、私たちが行った時にもゲート前には、民間の警備員12人と機動隊が監視していました。そこで土木建築業関係の仕事に勤めている方からお話をしていただきました。

沖縄14.jpg沖縄15.jpg

二日目最後は今帰仁城跡に行きました。今帰仁城は中山軍と戦って負けたところと言われています。

沖縄16.jpg

二日目は、平和について各々自分たちの中に新しい考えを持てた日になったのではないかと思いました。

投稿者: 高校生徒会 日時: 10:10

このページの先頭へ