高校なでしこ生徒会

研修旅行 沖縄戦争平和コース1日目

2016年10月18日

10月5日から8日まで文理コースの3つのコースが北海道と沖縄に分かれて研修に行きました。

沖縄戦争・平和コースでは、現地での多様な見聞、体験を通して、沖縄についての理解を深め、興味関心を軸に、課題や問題点を発見し解決の糸口を見つけること、また、環境の異なる地域を訪ねることにより広い視野を持ち、ものの見方・考え方を深めることを目的としています。懸念されていた台風も過ぎ、無事沖縄に到着しました!

1日目は那覇空港に到着後、バスに乗り込み白梅の塔へ向かいました。

白梅の塔は沖縄県立第二高等女学校の戦死した生徒たちの慰霊碑です。白梅は県立第二高等女学校の校章だそうです。清心女子高等学校でいうとなでしこです。沖縄1.jpg

ひめゆりの塔は沖縄県立第一高等女学校の生徒の多くが戦死した場所に建立された慰霊碑です。ひめゆりというのは、白梅と同様、県立第一高等女学校の校章でした。

沖縄2.jpg

次に魂魄の塔にむかいました。米須原一帯の遺骨が納められていましたが、日本政府により摩文仁に移されました。沖縄には沖縄県の慰霊碑はありませんが、あえてあげるならばこの碑が「沖縄県の碑」と言えます。

沖縄3.jpg

次に平和祈念公園に行きました。

最初に韓国人慰霊の碑を見学しました。沖縄4.jpg

次に平和の礎を見に行きました。ここは沖縄戦で亡くなった方々の名前が彫られています。

沖縄5.jpg

次に平和祈念資料館を見学しました。

資料館の中には、衝撃的なものなどもありましたが、岡山にいるときには学べないことがたくさん学べました

沖縄6.jpg

一日目最後は糸数壕へ入りました。ヘルメットと懐中電灯の装着は必須です。

残念ながら中は撮影できないのですが、普段の生活とはかけ離れており、中に入って一度全員の懐中電灯を消しました。すごく真っ暗で少しの光も入らず気が狂いそうな感じがしました。糸数壕はかなり大きい壕で中には建物があったそうです。また、中には水が溜まっているところもありました。戦後は食糧庫として使われていたそうです。沖縄7.jpg

いつもの生活ではあまり考えることのない戦争のことですが、いかに戦争をするべきではないということを身にしみて感じた一日目でした。

投稿者: 高校生徒会 日時: 09:42

このページの先頭へ