• HOME
  • シスター三宅校長の学園日誌 ブログ

シスター三宅校長の学園日誌

学園や生徒たちの生の姿を日記のように紹介しています。
日々の何気ない生徒たちの様子や頑張る姿、学園の毎日を感じていただけたら幸いです。

最近の記事

過去の記事

2017年6月 8日

霊的講話? 卒業生の方は「ああ、あれ」と思われることでしょう。しばらく放課後でしたが今年度からまた水曜日の朝になり、全校放送でお話ししています。「霊」というと「不思議な」とか「怖ろしい」といったイメージがわく方が多いかもしれません。一方でWHO(世界保健機構)では「健康」ということを「身体的」「精神的」「社会的」に加えて「霊的」に完全に快適な状態と定義しています。また終末期医療においても「霊的(スピリチュアル)ケア」が注目され、そのための学科を持つ大学もあります。日常生活をかなり忙しく送っている私たちは、静かに自分を見つめたり、体験を振り返ったり、じっくり考えたりすることが少なくなりがちです。「霊的」というのは、人が生まれてきて、生きて、死ぬことについての根本的問いに関することと言えると思います。「何のために生まれてきたのか」「どうして自分がこんな目に」「人間にとって本当に大切なことは何か」などの問いです。私たちの学校はキリスト教のミッションスクールですから、霊的講話ではこのような問いについて、清心に学ぶ人たちが自分なりに考え生きていくためのヒントとして、主に聖書に基づいてお話します。このブログに、時々お話したことを要約して載せてゆくつもりです。

投稿者:sr_miyake

2017年6月 7日

6 WPP 1.jpgノートルダム修道会の冊子"Good Works"6月号に、3月末に高校生が短期留学したノートルダム・サンノゼ校との交流の記事が出ました。GW-June-2017-HQ.pdf8ページからの記事です。開いた後、下にスクロールしてみてください。ペルーやナイジェリアの記事も出ています。

投稿者:sr_miyake

2017年6月 6日

DSC01255.jpg中学2年生NELPの英語授業。大きな声で詩を朗読していました。「覚えていなくても、ときどき目ををあげて朗読するように」との先生のご指導が聞えてきました。、

投稿者:sr_miyake

2017年6月 5日

DSC01254.jpg新聞の書評を読んで、図書に入れてもらいました。生徒に手に取って見てほしいなと思います。世界の自分と違う暮らしをしている人たちが生きている状況を知ることで、自己理解も深まり、自分の置かれた場所もより理解できると思うのです。将来の目標が見えてくることもあります。

投稿者:sr_miyake