• HOME
  • 校長の学園日誌 ブログ

校長の学園日誌

学園や生徒たちの生の姿を日記のように紹介しています。
日々の何気ない生徒たちの様子や頑張る姿、学園の毎日を感じていただけたら幸いです。

最近の記事

過去の記事

2022年2月 2日

今日は、世界のノートルダム・ファミリーにとって218回目の誕生日です。1804年2月2日、学園の設立母体であるノートルダム修道女会が創立された記念日です。 コンゴ・キンシャサから届いたお祝いの準備中の写真をご紹介します。

どこの国・地域にとってもコロナ禍の厳しい時ですが、創立者聖ジュリーから受け継いだノートルダムの遺産である希望を失わずに善いものを創り出す、そんな一人になることを全校で祈る今日でした。

  

投稿者:matsuzawa

2022年1月 7日

トラ.jpg

少し和らいだ顔で久しぶりに登校した生徒たちを、虎がエールを込めて迎えました。

投稿者:matsuzawa

2021年12月22日

昨日で二学期は終了。まずは大掃除。IMG_1384.jpgその後今年度はオンラインでの式です。

式の後は、スピーチや論文、作文や短歌、スポーツ、美術、諸検定など、様々な分野で活躍した生徒たちの表彰がありました。

午後には、マリア会のクリスマスミサが、大西神父様を迎えてありました。

心身共にすがすがしい2学期の締めくくりです。

 エアコン.jpg

祝福.jpg

投稿者:matsuzawa

2021年12月17日

期末テスト後、各学年は特別授業をしています。通常の教科の他にも普段できない活動や学びがあります。先週と今週、高校三年生の2クラスではカトリック岡山教会の服部大介神父様から「手話」を学び、挨拶などや自分の自己紹介を覚えました。最後は、覚えたての手話による「主の祈り」を唱えました。服部神父様の同時通訳的手話に驚き、手話によって、日頃何気なく発している言葉や唱えている祈りの意味の新たな発見もあったようです。

手話.jpg

投稿者:matsuzawa