• HOME
  • シスター三宅校長の学園日誌 ブログ

シスター三宅校長の学園日誌

学園や生徒たちの生の姿を日記のように紹介しています。
日々の何気ない生徒たちの様子や頑張る姿、学園の毎日を感じていただけたら幸いです。

最近の記事

過去の記事

2019年6月 1日


DSC01890.jpg土曜日ですが中学校も授業でした。3年生は国語の「聞き書き」を学ぶ時間で、卒業生の山陽新聞記者山内悠記子さんに指導していただきました。

オウムサリン事件など記者としての豊富な経験と最近旅をされたアウシュビッツの話などを通して、人の人生に触れるインタビューの心得などを学びました。いくつかの生徒の質問にも答えてくださいました。「清心で学んで役立っていることは?」には、「向上心と思いやり」と応え、後輩たちに大切なことを伝えてくださいました。

午後は、英語検定でした。

投稿者:sr_miyake

2019年5月29日


DSC01885.jpg課題研究に使う為に植えたタマネギに水をやり、草取りをしている中学生。少しずつ育っています。DSC01887.jpg高校1年生特進コース難関国立系の数学プライム補習。終礼後も続けて頑張る部活的補習です。

投稿者:sr_miyake

2019年5月28日

昨日午後は、アメリカからシスターロレインとシスターフアナのお二人を迎えて「グローバル講演会」がありました。「African Photovoltaic」というノートルダム会のシスターたちが展開する「太陽光発電プロジェクト」と「きれいな水プロジェクト」を通して、ノートルダム清心学園の精神と行動について学びました。放課後にはお二人を囲んでいつもの"Global Cafe" が開かれ、質問のある人やもっとお聞きしたいという希望者が、中学1年生から高校3年生まで集まりました。
DSC01879.jpg少しだけスナックと飲み物をいただきながらの歓談です。もちろん基本英語で。土地の人たちの手でという支援の大切な点を学び、貧困の解決についてのなかなか鋭い質問もありました。       DSC01878.jpgシスターたちには、世界をよくするためのリーダーになる女性にとの励ましをいただき、将来の進路の参考にもなりました。ノートルダムファミリーの世界的なつながりの中でグローバルな課題を考える、清心ならではの機会になったと思います。

投稿者:sr_miyake

2019年5月24日

直前に長い連休と聖ジュリーの日、そして中間テスト、準備が大変だったと思いますが、青空のもと体育祭を開催できました。DSC01844.jpgDSC01843.jpgところが、昼休憩前にはオキシダント情報がレベルⅠ、12:10にはレベルがⅡにあがり、プログラムのいくつかをカットせざるを得ませんでした。午後はクラス対抗リレーと、恒例の高3ダンスだけになりました。DSC01862.jpg昨年末から創作し準備したダンスです。これだけはカットできません。期待通り、見事に清心での最後の体育祭を締めくくってくれました。明日からは、それぞれの進路に向けて、全力疾走になることでしょう。閉会式では、全校でエールを送りました。DSC01866.jpg

投稿者:sr_miyake