校長の学園日誌

学園や生徒たちの生の姿を日記のように紹介しています。
日々の何気ない生徒たちの様子や頑張る姿、学園の毎日を感じていただけたら幸いです。

最近の記事

過去の記事

キャンドルサービス

2022.04.15

4月14日(木)、高校新入生オリエンテーションの一環として、キャンドルサービスを行いました。

 このキャンドルサービスは本来、新入生宿泊研修で行われていたものです。しかし、コロナ禍の現在は宿泊研修を取りやめているため、キャンドルサービスは記念館で実施しました。

 最初の一つのともしびが、生徒から生徒に受け継がれ、やがて一年生全員に広がります。

キャンドル1.jpg

 その光景は、聖ジュリー・ビリアートのともした一つの愛の光が、ヨーロッパからアメリカへ、そして日本へと次々と受け継がれながら広がり、やがて岡山まで届いた様子を表しています。

 ともしびを受け継ぎながら、生徒たちは繰り返し誓います。

 「暗いと不平を言うよりも、すすんで光となって輝こう!」

キャンドル3.jpg

 生徒から生徒へと受け継がれるともしびを見ながら、私は考えました。

 では、聖ジュリー自身は誰からこの光を受け取ったのでしょうか? もちろん、初めにこの光を聖ジュリーに授けたのは主イエス・キリストです。聖書は次のように述べています。

「ことば(キリスト)の内に命があった。命は人間を照らす光であった。光は暗闇の中で輝いている。暗闇は光を理解しなかった。」(ヨハネの福音書1章4~5節)

投稿者:matsuzawa