校長の学園日誌

学園や生徒たちの生の姿を日記のように紹介しています。
日々の何気ない生徒たちの様子や頑張る姿、学園の毎日を感じていただけたら幸いです。

最近の記事

過去の記事

ある日の昼下がり

2022.04.22

小鳥と石碑2.JPG

 清心中高校の庭には小鳥がよく来ます。特によく見かけるのがセグロセキレイです(少しピントが緩くてすみません)。

 人が近づいても、あまり逃げず、懸命にエサ(昆虫等)を探しています。

 学年始めのミサでの服部神父のお話「空の鳥を見よ」を思い出しました。服部神父様は獣医としての経験もあり、「小鳥は代謝が早いが、体を軽くするために栄養を多く蓄えることはできない。だからいつも必死でエサを探している。神様は小鳥を養っておられるが、小鳥も一生懸命努力している。」という興味深いお話をされました。

野外のバイオリン.JPG

 校長室の窓の外からは素敵なバイオリンの音色が聞こえます。見ると木陰ではオーケストラ部の部員がバイオリンの練習。面談等で練習場所がなく、やむなく芝生の上で練習だそうです。

 オーケストラ部は来月4日に定期演奏会を開催します。練習も待ったなしですね。

タケノコ掘り.JPG

 清心中高校の丘の南側斜面では何やら歓声が......。

 高校1年生がLHRでタケノコ掘りに勤しんでいました。見事な竹やぶには沢山のタケノコが顔を出しています。

 この三人も大きなタケノコに挑戦です。

タケノコ収穫.JPG

 収穫したタケノコ

 この後、このタケノコはどうなるのかな?

投稿者:matsuzawa